Philadelphia Soul

2019/04/12

フィリーソウルが生まれるまでの音楽史的背景


 1970年代に入り、アメリカにおける黒人音楽の勢力地図は少しずつ変化し始めた。1960年代後半に一大ブームを巻き起こしたスタックスは、オースティンの死や社内における白人、黒人経営陣の対立により、内部分裂を起こし急激にその勢いを失いつつあった。

 同じく1960年代に黄金時代を迎えていたモータウンもまた、その栄光に陰りが見え始めていた。スティービー・ワンダーやジャクソン5など、大物アーティストたちの移籍によって、しだいに勢いを失いつつあった上に、ワンマン社長ベリー・ゴーディーが映画界進出を目指したことによって、1972年にデトロイトからロスアンゼルスへとその本拠地を移し、いよいよその凋落は避けられない状況に落ちいる。

 そんな1970年代前半、ソウル界で一際輝きを放っていたのがフィラデルフィア発のフィリー・ソウルをブレイクさせたPIRことフィラデルフィア・インターナショナル・レコード。

 1970年代も半ばを過ぎるとディスコのブームによってソウルの黄金時代はいっきに終わりを迎えるだけに、このPIRの活躍はR&B、純粋なソウルの時代にとって最後の輝きだったといえるだろう。

 しかし、モータウンやスタックスに比べるとPIRへの評価は明らかに低く、その詳細についてもあまり知られていない。それはPIRが生み出したフィリー・ソウルの特徴がゴージャスなストリングスや美しいコーラスにあったことから「黒っぽさ」に欠けるといいう印象を与えることになったからである。

 多くの黒人音楽ファンにとって、ソウル、R&Bの「黒っぽさ」はその魅力度の現れ。それだけに、ヨーロッパ的で華麗なストリングスや美しいスタイリスティックスのファルセット・ヴォイスなどは、「黒人音楽らしいソウルっぽさ」が感じられないと思われがちだった。

 その後、ハウスの人気やダンス・ミュージックの変化、そしてサンプリングによる過去の音楽の再利用のブーム訪れる中でフィリー・ソウルが再評価されるようになったのは、そうした「黒っぽくない部分」がフィーチャーされだしたからだ。

フィリーソウルの仕掛け人達

モータウンのサウンドが、H-D-Hやスモーキー・ロビンソンらの優秀なソング・ライターたちとファンク・ブラザースを中心とするスタジオ・ミュージシャンたちの共同作業によって生み出されたように、PIRのサウンドもまた優れたソング・ライターたちと優れたスタジオ・ミュージシャンの集合体MFSB(Mother,Father,Sister,Brother)らによる共同作業が生み出したものだった。

 その中でも重要な存在になる人物達をここで紹介していく。

ギャンブル・ハフ

ケニー・ギャンブルは、1943年フィラデルフィア生まれの作詞家で当初はアーティストとしても活動していた。

 彼とコンビを組むことになるピアニスト兼アレンジャーのレオン・ハフは、1942年ニュージャージー州で生まれ。1960年代前半、二人はモータウン・サウンドのようなソウルフルかつポップなサウンドを目指し、フィラデルフィアのインデペンデント・レーベル、カメオでスタッフ・ライターとして働いていた。

 60年代後半、二人は独立してギャンブルというレーベルを設立し、イントゥルーダーズ The Intruders というヴォーカル・グループをデビューさせる。フィリー・ソウルの先駆けとなったそのグループはそこそこのヒットを飛ばしますものの、企業としてのギャンブル・レーベルは経営基盤が弱く、1968年チェスの傘下となってしまう。

 ところが、親会社となったチェスもまたすでに往時の勢いを失っており、経営が悪化、他社に買い取られてしまい、ギャンブル・レーベルは自然消滅してしまいます。しかたなく、二人は新レーベル、ネプチューンを立ち上げ、そこから、後に大スターとなるオージェイズをデビューさせる。オージェイズはすぐに「ワン・ナイト・アフェアー」「ルッキー、ルッキー」をヒットさせ、後の成功を予感させる活躍を開始するが、ネプチューンもまた資金繰りに苦労し、利益を出す前に倒産してしまう。

 しかたなく、彼らはアトランティックのアーティストたち、ウィルソン・ピケットやダスティー・スプリングフィールドなどのプロデュースを任されたり、CBSの白人女性アーティスト、ローラ・ニーロのアルバム「Gonna Take A Miracle」の制作を請け負うなど、バイト生活を余儀なくされる。しかし、それらの仕事のどれもが高い評価を受け、彼らは業界から凄腕のプロデューサーとして注目されていくことになる。
 

 ちょうどその頃、大手レーベルCBSの新社長クライブ・デイヴィスは自社のブラック・ミュージック部門を強化するための方策を練っていた。彼はギャンブル&ハフのコンビに目をつけ、二人にレーベルを興させ、その配給を行おうと考えた。

 CBSにとっては、モータウンやアトランティックに対抗できる黒人音楽の一部門を苦労無しで手に入れることができ、ギャンブル&ハフにとっては、CBSの後ろ盾を得ることでレーベルの経営についての心配をすること無しに音楽制作に集中することができるようになったのだ。

 こうして、PIR(Philadelphia International Records)がスタートを切ることになりますが、あの美しいフィリー・ソウルのスタイルを完成させるためには、もうひとり重要な人材が必要でした。それはギャンブル&ハフと同じく、かつてカメオ・レーベルでピアニストとして働いていたトム・ベルだった。

トム・ベル

1941年、フィラデルフィア生まれのトム・ベルは、子供の頃からクラシック音楽を聴いて育ち、正式な音楽教育を受けていた。フィリー・ソウルお得意の美しいオーケストレーションの生みの親と呼ばれる所以だった。


 そんなトムの才能が生み出した最初の大ヒットは1968年3人組のコーラス・グループ、デルフォニックス The Delfonics が大ヒットさせた「La La Means I Love You」。山下達郎のカバーで有名なこの曲は全米4位の大ヒットとなり、フィリー・ソウルの名を全米に知らしめるきっかけとなった。

 ケニー・ギャンブルとトム・ベルはかつてコンビを組んでアーティストとして活動していたこともある仲だったため、PIRの設立と同時にトムは作曲家兼アレンジャーとして参加。こうして、「マイティー3」と呼ばれることになるPIRの立役者三人がそろったのだ。

MFSB

 彼らが働いていたフィラデルフィアの新名所シグマ・スタジオは、ギャンブル&ハフがかつて働いていたカメオ・レーベルのエンジニアだったジョー・ターシャが1968年に設立したスタジオだった。しかし、カメオ・レーベルは同じ年に倒産してしまい、その後を引き継ぐようにPIRが使用するようになった。

 こうして、フィリー・ソウルの美しい名曲の数々のほとんどがジョー・ターシャがエンジニアを勤めるシグマ・スタジオから生まれることになる。そして、そのスタジオ専属のバンドとして活動していたのがアレンジャーのボビー・マーティン率いるMFSBだ。ストリングスやホーンのメンバーも含めると総勢30人には達していたと思われるバンドの主なミュージシャンは以下のような顔ぶれ。

 先ず、モータウンの「ファンク・ブラザース」に匹敵する中心メンバーとして、ギタリストのノーマン・ハリス、ベースのロニー・ベイカー、ドラムのアール・ヤングの3人が。この三人はB-H-Yとも呼ばれ、後にトランプスというバンドを結成し、1977年アトランティック・レーベルから「Disco Inferno」という大ヒットを飛ばす。

 さらにギタリストとしては、ボビー・イーライ、ローランド・チェンバース。ヴィブラフォン奏者のヴィンス・モンタナ。キーボード奏者ではレニー・パクラ、ロン・カーシー、デクスター・ワンセル、バニー・シグラー。コンガやボンゴなどラテン・パーカッションの担当はラリー・ワシントン。サックス&フルート奏者のジャック・フェイス、ストリングス&ホーン隊を率いるリーダーがドン・レナルド。その他、女性コーラス隊のフィラデルフィア・エンジェルスもいた。

 MFSBに所属するミュージシャンたちの特徴は、「Mother,Father,Sister,Brother」というバンド名が示しているように、男女混合であり、白人、黒人、ヒスパニック系、アジア系と民族的にも、年齢層的にも幅の広いメンバーから構成されていた。

 それはまさに70年代に訪れた人種融和を象徴するバンドだったといえる。こうして、MFSBをバックに1970年代初めから半ばにかけて次々とフィリー・ソウルの名曲が生み出されて行くことになる。

Share
シェアする
- Related -

Soul Stream@新宿

新宿3丁目に位置するソウルバー”Soul Stream
レコードによる臨場感のあるサウンドに包まれながら、美味しいお酒がここでは楽しめる。
音楽は70’s〜現行のソウルを中心に、ファンク、ディスコ、レアグルーブと、様々な音楽を深く肌で体感できるだろう。

外観 -Access-

お店が位置するのはFBビルの1階。
店先にはライトで照らされた味のある看板が出ているので、一目でお店を発見できるだろう。

空間 -女性1人でもリラックス出来る暖かさ-

お店に入るとまず目につくのは、程よく馴染んだミラーボール。
夜の太陽がディスコの雰囲気を醸し出しつつも、木目調のカウンターに落ち着きを感じる。
女性1人でもリラックスしながら、格別なお酒を堪能出来る空間である。


音楽 -ソウル-

このお店のポイントはなんといっても、店内にある7000枚のレコードだろう。

ソウルを中心に色とりどりの音楽をレコード音源で満喫できる。

もちろんリクエストも可能なので、その日のお店のグルーヴを見計らって、是非あなたの1曲織を織り交ぜてみてはいかがだろうか。

Sam Dees - Come Back Strong

The Dramatics - stranger (in my life)

Linda Lewis - For Love's Sake

情報 -Infomation-

料金
2,000~2,999円/人(Charge有り)

住所
東京都新宿区新宿3-10-9 FBビル 1F
都営新宿線新宿3丁目駅より徒歩3分

TEL
03-3356-9600

営業時間
月-木 19:00〜03:00
金-土 19:00〜05:00
日曜日・祝日 19:00〜00:00

喫煙可能

※上記は記事作成時点での情報です

- Related -

Soul Joint @新宿

新宿3丁目の末広亭界隈の飲食街にあるソウルバー"Soul Joint"。
1997年に開業したこちらのお店では、ソウルのルーツである60〜70年代の音楽を中心に、堪能することが出来る。

外観 -Access-

お店は2階に位置し、
1階のイタリアン料理のお店が目印となるだろう。

空間 -アットホームなピースフルさ-

お店の扉を開くまでの階段にはフライヤーポスターがぎっしり敷き詰められており、ソウル好きの方ならこの時点でワクワクが止まらないだろう。
お店に入ると、左手に10席ほどのカウンターが連なり、奥には6~7名が座れるボックス席が1つ。
全体的にアットホームな空間に仕上がっており、様々な用途で足を運べるのではないだろうか。



音楽 -ソウル-

SOUL JOINTでは店主が厳選したCD音源でソウルルーツを楽しむことが出来る。
もちろんリクエストも可能だが、店主の熱いソウル魂は思わず聞き入ってしまうだろう。
色あせることのないDooーWopから、Deep、Sweet、Funkまで、ソウルの真髄を聴きたいディープな方は是非覗いてみてはいかがだろうか。

Eddie Floyd - Feel My Body

O.V. Wright - Afflicted

James Carr - Love Attack

情報 -Infomation-

料金
2,000~3,999円/人(Charge有り)

住所
東京都新宿区新宿3-10-7 前田ビル 2F
都営新宿線新宿3丁目駅より徒歩3分

TEL
03-3353-5102

営業時間
月-木 19:00〜02:00
金-土 19:00〜Midnight
日曜日・祝日 定休

喫煙

※上記は記事作成時点での情報です

- Related -

BAR SOUL SONIC BOOGIE@恵比寿

恵比寿銀座商店街を抜け、小道を入ると見えてくるBar Soul Sonic Boogie。全面ガラス張りの入り口から、内装の洗練された空間が伝わってくる。そんな"恵比寿"の街にぴったりな音楽の遊び場をご紹介。

外観 -Access-

恵比寿西口から徒歩5分。恵比寿銀座商店街をぬけ、小道に入ってすぐ左手にガラス張りのBar Soul Sonic Boogieの外観が見えてくる。

空間 -きらびやかかつ品のある空間-

店内はミラーボールが回転しており、一見派手にも見えるが、落ち着きも兼ね備えた上品な演出がお店全体を通して垣間見える。
その品を助長するのが、店内で流れる音楽。後でも触れるが空間づくりの一環として音楽に重きを置いているであろうことが感じ取れる空間となっている。
常連の方から初めての方までカジュアルに楽しめるBarとしておすすめのお店である。

bar 恵比寿

音楽 -80sソウル-

時折DJが店内の音楽を流し、お酒と共にお客の気分を高める。その名の通り、ソウルを中心に店内の音楽を彩り、特に70年代から80年代のソウルがメインで流れている点は、ソウル好きにはたまらないBarと言えるだろう。

店内で流れていた音楽

Billy Paul - Me And Mrs.Jones

Dancing In The Street - Martha and the Vandellas

情報 -Infomation-

料金
3,000円/人(Charge有り)

住所
東京都渋谷区恵比寿南2-2-8

TEL
03-3719-9717

営業時間
月-木 19:00〜05:00 
金・土 19:00〜08:00
日 19:00〜02:00   

喫煙可能

※上記は記事作成時点での情報です

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA恵比寿店
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 不倫の歌?意外と知らない名曲の背景 Nelly 『Dilemma』リリックの意味。
  • おすすめの音楽アプリSound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いを解説!
About us
SNS