Funk Band

2019/04/12

ジェームス・ブラウンが生み出したファンク

 Funk(ファンク)という言葉は、元々はスラングからきており、「匂い」「体臭」のようなニュアンスを指す、かなり感覚的なフレーズであり、日本語に正確に訳すのは難しい表現である。

 1960年代にJames Brown(ジェーム・ブラウン)と彼のバンドのメンバーが中心となって作り上げられたファンクは、リズム楽器によるインターロックグルーヴを色の長いコードに絡めて奏でられている音楽である。

これは1拍目を強調した16ビートのリズムとフレーズの反復を多様した曲構成であり、一度聴くと耳から離れない力強いパワーをサウンドから瞬時に感じとれる。

 1970年代前半になると、ジェームス・ブラウンによって生み出されたファンク・ミュージックがスライ・ストーンによってアメリカ中に広められ、それが優れたテクニックをもつ数多くのバンドの活躍によって黄金時代を迎えた。

 アース・ウィンドウ&ファイアー、クール&ザ・ギャング、ウォー、グラハム・セントラルステーション、ファンカデリック・・・

 これだけ多くのヴォーカル&インストゥルメンタル・グループが活躍したのはこの時期に限る。それは1970年代前半という特殊な時代だからこそ花開いた音楽であり、ブラック・ミュージックにとって一つの頂点を示すものであった。

 その証拠に、その後1980年代以降に訪れるヒップ・ホップ・ブームにおけるサンプリングのネタとして最も多く使用されているのは、問答無用でこの時期のファンク・ミュージックであるからだ。

一体なぜ、究極のファンク・サウンドがこの時期に黄金期を迎えたのであろうか?

ジェームズ・ブラウンとスライ・ストーン


 1960年代に繰り広げられた人種解放運動の結果、アフロ・アフリカンの人々は公民権だけでなく多くの権利を獲得し、アファーマティブ・アクションによって職場も確保。政界にも黒人の議員が数多く進出すると同時に、かつてマルコムXやキング牧師のようなポジションでのみ公に発言できた人種問題についての告発も、この時期は以前よりも自由に述べる事ができるようになっていった。

 しかし、初めからこの潮流を受けてファンクミュージックが注目を浴びた訳ではなかった。

 ハイテク・ファンクの原点であると同時に、その頂点でもある存在。それがJBことジェームス・ブラウンであることに異を唱える者はいないだろう。彼のファンク・ミュージックは、あまりに黒く、ポップ・ミュージックの世界では容易に受け入れ難いものであった。

その流れは1970年代初期も同様に続き、多くのバンドの曲がヒット・チャート、それもポップ・チャートを駆け上がってゆく中、JBのナンバーは相変わらずR&Bチャートというフィールドのみでしか登場することができなかった。(1985年に「リビング・イン・アメリカ」という愛国ソングにて、ようやく彼は全米規模で認知されることとなる)

 人種問題を声高に叫ぶことが法的に自由になったとはいえ、それは社会的、経済的に自分が不利な立場に追い込まれることに結びついてしまった。「自由」は勝ちとった言えるものの、そこには新たな落とし穴が存在していたのだ。

 そんな状況の中、JBが生み出したファンク・ミュージックを黒人だけでなく白人たち、そしてポップ・チャートにまで広めた救世主は、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのリーダー、スライ・ストーンである。

 彼が具体的にファンクの歴史において成し遂げたことは、彼でなければできなかったことばかりであり、サンフランシスコの黒人向けラジオ局で人気DJとして活躍していた彼はヒッピー・ムーブメントの聖地で、ロックの最先端とソウルの融合を目指していた。

 人種融和の時代となる1970年代を先取りした彼は、黒人と白人、そして女性をメンバーとする画期的なバンドを立ち上げた。

 バンド名はファミリー・ストーン。このバンドのスタイル自体がすでに時代の先を行っていたが、同時にそれは音楽のスタイルにそのまま生かされることに繋がり、自由なメンバー構成から生まれたロックとソウルの壁を取り払った自由な音楽を提供した。

 それはJBが生み出した徹底した管理と訓練による究極のエンターテイメントとしてのファンク・ミュージックとは、ある意味対極に位置していたのかもしれない。

 しかし、JBが築き上げた完璧なテクニックにまさるとも劣らない観客を躍らせずにはおかない熱い情熱がそこにはしっかりと存在していた。

 スライ&ザ・ファミリー・ストーンの演奏はテクニックを超越した時代の空気満載のエネルギーの塊として、白人、黒人、女性、ロックファン、ソウルファン、そして国籍も超えてファンク・ミュージックを広めることに成功したのだ。

Share
シェアする
Writer
MYHOOD
好きなモノを通じ『街』を知る事が出来るメディア 現在MYHOODは好きなモノを"音楽"にフォーカスして活動しています オンラインで音楽の事を知って、聴いてもらい 実際に音楽が流れているBarやClubに足を運ぶ オンラインとオフラインを繋ぐ その為の情報発信をしていきます
- Related -

ZAPP @池袋

池袋駅西側の「西一番街中央通り」
そこに昭和60年創業のソウルバー"ZAPP"はそびえたつ。
1階入り口から地下に入ってみると、ソウルやファンクを中心とした、上質な音楽が広がる空間が現れる。

外観 -Access-

店先には躍動感あふれるZAPPの文字が。
コントラストの効いた分かりやすい看板は、来客をお店に招くのに探す手間をかけさせないだろう。
また、地下までの階段にはRoger Troutmanのポスターが飾られていて、彼が率いていた有名なファンクバンドZAPPが店名になっていることが一目で感じ取れる。

空間 -レコードで音楽を聴きピースフルに-

落ち着いた雰囲気の店内では70種類以上のカクテルに加え、充実したフードも楽しむ事ができる。
美味しいお酒とご飯に極上のソウル・ファンク ミュージック。
贅沢な時の過ごし方をここでは堪能できること間違いなしだ。


音楽 -ソウル、ファンク-

ZAPPを彩る音楽はソウル、ファンクを中心とし、時折R&B、ヒップホップなどが顔を見せ、レコードならではの臨場感あるサウンドは店内のグルーヴを作り出している。
また、リクエストも気軽にできるので、自分のお気に入りの音楽を店内に響きわたらす心地よさを体感してみてはいかがだろうか。

Klique - I Can't Shake This Feeling

Dynasty - Love In The Fast Lane

Tavares - Loveline

情報 -Infomation-

料金
2,000~2,999円/人(Charge有り)

住所
東京都豊島区西池袋1-34-4 共栄ビル B1F
JR池袋駅西口 徒歩4分

TEL
03-3982-9980

営業時間
月-土  19:00ー04:00
日   19:00ー01:00

喫煙可能

※上記は記事作成時点での情報です

- Related -

Motown Soul

 モータウン・ソウルが生まれるまで

 モータウン創設者のBerry Gordy, Jr.(ベリー・ゴーディー・ジュニア)が音楽業界に足を踏み入れるきっかけとなったのは、自ら経営していたジャズ系のレコード店“3-D Record Mart”だった。

 しかし、店はうまく軌道に乗らず、2年後の1955年には店を閉める事となり、生活のためにフォードの自動車工場で働く道を歩む。

音楽を諦めきれなかったゴーディーは、空き時間を利用しては曲を作り、あらゆるコンテスト、音楽出版社、歌手へと自身の作品を送り続けた。 最初に彼に転機が訪れたのは、Jackie Wilson(ジャッキー・ウィルソン)が1957年にヒットを飛ばした“Reet Petite”だった。

 その後も数作ヒットを飛ばし続け、今度は自作をプロデュースする所まで至る。第一弾としてMark XからFive Stars(ファイブ・スターズ)の“Ooh Shucks”をリリース、続いて自ら発掘したWilliam "Smokey" Robinson(スモーキー・ロビンソン)率いMiracles(ミラクルズ)の“Got A Job”、Eddie Holland(エディ・ホーランド)、Brian Holland(ブライアン・ホーランド)等のリリースを手掛け、後にモータウンで素晴らしい活躍をすることになるこの3人の音楽家との出合いは彼の人生に大きな 影響を与えた。

ゴーディーは作品へのコントロールを完全掌握するため、1959年に自らのレーベルTamla(タムラ)を設立した。レーベル名をDebbie Reynoldsの映画のタイトル“Tammy”にしたかったみたいだが、既に商標は取られており、Tamlaに落ち着いたとの事。

 最初のリリースはMarv Johnson(マーヴ・ジョンソン)の“Come To Me”、そして同年にリリースした“You Got What It Takes”がポップチャートのトップ10入りを果たした。

この流れから生み出されたレコードたちは「モータウン・ソウル」と呼ばれ、一つのソウル・ミュージックサウンドの源流とされている。

 モータウンが成し遂げた偉業

 ポピュラー音楽の歴史において、「モータウン・レーベル」ほど、数多くの革新を成し遂げた企業はないと言えるだろう。ポピュラー音楽の進化を、あらゆる面で押し進めた「突然変異的」企業、それがモータウンなのだ。

 小さなファミリー企業から、わずか十年でメジャーのレコード会社と肩を並べるまでの企業に成長した、インディー・レーベル成功物語の先駆けとなったモータウン。 革新的な方法は、それまで、黒人層を対象として制作、販売が行われてきたR&Bを、白人までをもその購買層として視野に入れ、ポップ・チャートに次々と黒人音楽を送り込んだ。

 黒人が経営する企業として、アメリカで最大の成功を成し遂げただけでなく、白人経営陣の採用などによりいち早く社内における人種の壁を破壊し、発祥の地である中東部の街デトロイトを離れず、ニューヨーク、ロス・アンジェルス以外の街からでも、レコード会社として成功できることを証明した。

 何よりも起業戦略として、アーティストを徹底的に教育し、モータウンのイメージ、スタイルを築き上げるというその後の音楽産業におけるプロモーション活動の基本を示した先駆者モータウン。 彼の音楽への愛と決して諦めない心は後の音楽産業の発展に大きく繋がったと言えるだろう。

 

- Related -

Bebop

ビバップとは何なのか

 

 ビバップは、現在のモダン・ジャズの幕開けといえるジャズの演奏スタイルであり、
その誕生は、1930年代末から1940年代初頭にかけてすでに存在していた。

 その頃はジャズの表の顔は「スウィング」であった。大人数でジャズの高度なテクニックを駆使して大衆に「わかりやすい音楽」としてポピュラー・ミュージック、ダンス・ミュージックとして確立されていた。

 この時点で一部の黒人ミュージシャンたちのジャズは「わかりやすい」だけではないものを求めていた。

 1938年にオープンした、ハーレムのレストランクラブ『ミントンズ・プレイハウス』には、金になるステージでの、コマーシャライズされた「わかりやすいジャズ」
の仕事を終えたミュージシャンたちがぞくぞく集まってくるようになった。

 1940年頃には、様々な地から、刺激を求めたミュージシャンたちが集まってくるようになり、その場だけのメンバーで即興演奏をする「ジャム・セッション」というものが、夜な夜な催されるようになる。

 コマーシャル音楽のジャズに飽き飽きしていた黒人ミュージシャンたちは、欲求不満を発散するかのごとく、聴衆の目を気にせず自分たちの思うがままにプレイし、テクニックの極限に挑戦し、複雑な音楽を創り出す実験のような演奏が行われていった。

 このムーヴメントは次第に伝播していき、ジャム・セッションができる店が増え、ジャム・セッションが至る所で盛んに行われるようになっていく。

今では、単に「バップ(bop)」と呼ぶことも一般的になっている。

「表のジャズ」である「スウィング」が白人の手によって違った形のものになっていったのに対し、「裏のジャズ」である「ビバップ」は、こうして「もともとのジャズ」としての形を整えていく。

1940年、ニューヨークでは、「セロニアス・モンク」、「ケニー・クラーク」、「チャーリー・クリスチャン」、「ディジー・ガレスピー」、「バド・パウエル」といったミュージシャンが中心となっている。

 そこに革新的な影響を与えたのは1942年、アルト・サックス奏者の「チャーリー・パーカー」がカンザスシティから進出し、時代は一気に動きだした。この時期の最大のジャズ・ミュージシャンといえる人物であろう。

Bebopの立役者達


 チャーリー・パーカーは、現在「モダン・ジャズ」と呼ばれる本流のジャズの原型となる「ビバップ」のスタイルを、トランペット奏者のディジー・ガレスピーたちと共に確立したことで、「ビ・バップの創始者」、「モダン・ジャズの父」、あるいは「ジャズの革命児」などと呼ばれる存在となった。

テナー・サックス奏者のレスター・ヤングやギター奏者のチャーリー・クリスチャンといったソロ・プレイヤーと同様に、チャーリー・パーカーも当初はビッグバンドに所属していた。

 しかし、ダンス音楽などのコマーシャライズされた音楽として演奏されることが多かったビッグバンドでの制約が多く、決まりきった乗り切らない演奏に飽き足らなくなっていた。

 同じ思いのミュージシャンたちが、その仕事帰りにハーレムに集まり即興演奏のアドリブ・プレイに思いのたけをぶつけ合うジャム・セッションが行われるようになり、パーカーもその常連になっていた。

 パーカーは、テンポとキーに関係なく、サックスであらゆるメロディーをプレイすることができた。

 たとえば、細かくチェンジするコード進行を守りながら、次々に美しいメロディーを創造し続け、独自の天才的センスを発揮し、それまでのプレイヤーがやらなかったような音使いを用いて、パーカーは中心になってジャズの新しいスタイルを開拓してきた。

同じく、ハーレムのジャム・セッションの常連だった素晴らしいプレイヤーに、ギター奏者のチャーリー・クリスチャンがいた。

クリスチャンは、エレキ・ギターを完全なジャズのソロ楽器としての地位を築いた人物でしたが、1942年に25歳という若さでこの世を去ってしまいました。
入れ替わるようにしてカンザスシティからニューヨークにやってきたのがチャーリー・パーカーだった。
そしてパーカーは、ディジー・ガレスピーなどと共に、ハーレムのジャム・セッションの常連になった。

それまでのスウィング・スタイルと比べて、コード進行にもとづく即興演奏(インプロヴィゼーション)を行うということでは変わりないが、コード進行やメロディーは複雑になり、個人のソロ・プレイのアドリブが主体になっていた。そして、明瞭でないメロディー、不協和音といったものが多様されるように。

 リズムの面でも、シンバル・レガートという、その後のモダン・ジャズでは当たり前のジャズ独特のリズムによるビートが絶え間なく送り出されるようになり、すばやいアドリブ・フレーズに対応するリズムの流れが出来上がる。

 テンポの幅も極端に広がった。テンポはより速くリズムもより複雑になり、よりアフタービート、オフビート感の「ジャズ独特のノリ」が確立したのだ。美しいメロディーと心地よいスウィング感の、それまでのスウィング・ジャズとは一線を画したビバップは、
ジャズ界にまさに革命的な変化をもたらした。

アフリカ黒人をルーツにしたジャズが、その本質的な感情表現を取り戻した反面、気持ちよくダンスを出来るような単調なグルーではない上に、大衆が容易に聴きやすいものではなくなり、かつてない不愉快な感情表現も多く見られるようになっていく。

 しかし、黒人ジャズ・ミュージシャンたちは、それまでのあまい歌やダンス音楽やこっけいな寸劇など、聴衆にこびることをやめる事で、芸術意識にめざめ、自身たちの音楽をひたすら追求できるフィールドとしてビバップを愛し、ジャズは音楽的に進化していった。

 そして1946年頃からスウィング・バンドの解散が相次ぎ、「スウィング」が衰退してくると「ビバップ」は勢いを増し、1953年頃までのジャズの代表的なスタイルとして時代を形成していくこととなる。


Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 【意外と知らない名曲の背景】不倫の歌? Nelly 『Dilemma』リリックの意味とは。
  • 【徹底比較】Sound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いは?
About us
SNS