Swing Jazz

2019/04/13

大恐慌の時代から生まれだした希望

 1930年に突然アメリカを襲った大恐慌は、アメリカ経済を壊滅状態にした。アメリカ合衆国の1933年の国民所得は、いっきに1929年時点の半分に落ち込み、失業者の数も1300万人を超え、全労働力人口の4分の1に達していた。

 それでも、F・D・ルーズベルト大統領が進めたニューディール政策などが効果をあげたこともあり、再びアメリカ経済は上昇の兆しを見せ始めていた。この年1935年は、アメリカ経済がどん底を脱し、再び世界経済の牽引役として歩み始めた年でもあった。

 アメリカ中が大不況に襲われ、多くの人が職を失っていたこの時代に、それでも音楽は街で流れ続けていた。時代が暗いからこそ、人々は楽しいダンス・ミュージックを求めていたのだ。

 その隆盛の期間こそ短かったが、アメリカを象徴するポップミュージックとしてこの時代に人々を癒した音楽こそがSwing(スウィング)であった。

スウィングの立役者達

 優れたアレンジャーの一人フレッチャー・ヘンダーソンをアレンジャーに起用し、スウィング・ジャズ黄金時代をスタートさせたのが、ベニー・グッドマンだ。1935年8月21日に彼がロサンゼルスのハリウッドで行ったコンサートは、それまでまったく受けなかったスウィング・ジャズが初めて熱狂的に受け入れられた記念すべきライブだったと言われている。

 そしてこの後のコンサートは、ラジオで全米に生放送され、一躍彼のバンドは若者たちのアイドル的存在となった。

 5,6人編成のバンドでスウィングできたことを、15人以上のメンバーでも可能にしたのは優れたアレンジャーによる編曲であった。そのおかげで、楽譜どうりに演奏することでスウィングできるようになったのだ。

 和声など音楽理論を深く理解し、楽器の編成や特徴を把握していて、なおかつ「スウィング」を理解しているアレンジャーがこの時代に大きく貢献した。

 1937年に行われたニューヨーク、パラマウント劇場でのコンサートには2万9千人の観客が押し寄せ、熱狂する若者たちが通路などで踊り出し、警官隊が動員されることに。その盛り上がりは、後のエルヴィス・ブームやビートルズ・ブームに匹敵するものとなった。この時、彼らはこの世代の若者たちのヒーローであった。

 1930年代の大恐慌では、1930~32年は確かに国全体が悲惨な状況に陥っていたが、1933年以降は、逆にレコード売り上げはプラスに転じていた。スウィング・ジャズが生み出すダンス音楽は、そんな上向きの大衆心理を象徴する時代の音楽だった。

 ただし、この時代が多くの国民が経済的に苦しかったこともあり、レコードの売り上げよりもラジオ番組でのライブ演奏がそれぞれのバンドにとって大切な収入源となっていた。

 この時代に各地域でデューク・エリントン楽団やグレン・ミラー楽団といった時代を象徴するビッグバンドがツアーを行い、スィング・ジャズの黄金期と呼ばれる時代を作りだした。

 しかし、大編成を必要とする演奏スタイルはその時代背景上、永くは続かなかった。

スウィングの終わり

 1930年代に黄金時代を迎えていたスウィング・ジャズだが、その終わりは意外に早く訪れた。1940年代に入り第二次世界大戦が本格化し始めると、スウィング時代に活躍したバンドが次々に解散して行きました。それにはいくつかの原因があった。

 この頃アメリカは第二次世界大戦に本格参戦。太平洋とヨーロッパ、両地域に兵士を送り出すことになり、多くのジャズメンたちも戦場へと向かい編成に大きな影響を与えてしまった。

 さらに戦争の影響によって、ガソリンやタイヤが不足。当然、バンドが移動するために必要な交通手段にも影響が出てくる。ツアーにかかる予算が急騰し、大人数での移動は困難になり、必然的に人数が少なくなってしまったのだ。

 その上ナイトクラブやダンス・ホールには、戦時中、20%もの遊興税がかかることになる。客の数自体が減っていただけに、店側がバンドに支払う出演料が払えなくなるのも当然の事であった。

 戦争という時代背景とは別に、多くの楽器が電気楽器へと進化。それによって音量が一気に増し、少ない人数のバンドでもかつてのオーケストラに匹敵する音量で演奏できるようになった。ダンスバンドとしてステージに上がる際、より少ない人数で十分になり、人件費も安くあがる。

 バンドの変化と同時にジャズがダンス音楽からより複雑で芸術性の高い音楽へと変化していったのが1940年代から1950年代でした。

 ダンス音楽としてのジャズから鑑賞する音楽へ。時代が求める姿へとJazzは移ろいでいく。

Share
シェアする
Writer
MYHOOD
好きなモノを通じ『街』を知る事が出来るメディア 現在MYHOODは好きなモノを"音楽"にフォーカスして活動しています オンラインで音楽の事を知って、聴いてもらい 実際に音楽が流れているBarやClubに足を運ぶ オンラインとオフラインを繋ぐ その為の情報発信をしていきます
- Related -

Worksong/Spirituals

ジャズの発祥、伝統音楽からの派生

 18世紀、アフリカから多くの黒人が奴隷としてアメリカでの生活を行うようになった。

 アフリカにおいて伝統的な宗教行事には独自のリズムを伴う音楽を用いることが代々民族性として染み付いており、アメリカにやってきた黒人達も生活を彩る為に音楽文化をこよなく愛していた。

 その中でジャズの原型に大きく関与しているものが労働讃歌としての「ワークソング」と宗教的な賛美歌としての「スピリチュアル」である。

ブルースの原型につながるワークソング

 アフリカの音楽は、一般的に社会的機能をともなっている。葬式など儀式としての音楽、狩猟の成功や民族の繁栄を祈るための音楽など。

 社会生活の重要な一部として音楽活動は行われ、西洋文化で発展した鑑賞のための音楽とは異なり、彼らにとって労働歌は生活の一部として、重要な役割を果してきた。

 正確に当時の労働においてどのような歌が歌われていたのか、というところは定かではないものの、一部1960年代の記録が録音として残っている。

 刑務所で労働に服している黒人達が歌った労働歌には、その痕跡が残されていると考えられる。

  労働歌の主な機能は、労働に規則的なリズムを与えて、一定のペースをつくること、また、歌うことによって、労働の辛さや退屈さを緩和することだ。奴隷の雇い主は、奴隷が歌を歌うことによって、より効率的に仕事をこなすことを知り、歌うことを奨励したという。

 

 実際斧を振り下ろす音が入っている。パーカッション楽器のように聞こえるが、これは労働が生み出す音であり、音楽的意図をもったものではない。むしろ、この労働のリズムに合わせて歌が歌われているのだ。

 20世紀初頭、黒人の鉄道工夫たちが歌った鉄道の歌も、同じような構造をもつ労働歌だった。ハンマーを振り下ろす動作に伴う歌として、これらの歌はハンマーソングとも呼ばれている。

 歌詞は、ハンマーを振り下ろす労働に関するものもあるが、労働と全く関係ない歌詞を持つものも少なくない。 気を紛らわすには、何か別の内容を歌ったほうがよいのだろう。その中で特に多いのは、女性、恋愛、セックスなどだ。

 ラグタイムの元と考えられるスピリチュアル

 スピリチュアルとは黒人文化における、賛美歌であり、いわゆる「黒人霊歌」のことである。

 祖先とのコミュニケーションの手法として黒人文化に深く根付いていたものであり、アフリカ系の黒人をルーツとする重要な音楽的遺産である。

 彼らは奴隷制度という極めて苛酷な組織にしばられ、母国語や文化から隔離され、外国の文明と言語に強制的に順応させられる中で、キリスト教文化と混じり合い、独自の発展を遂げていった。

 黒人霊歌の多くはそれぞれの共同生活帯としてのコミュニティ単位で作成されたものだったが、一方では、グループのプレッシャーや反動によって影響された、才能に恵まれた個人の創作したものもあった。

 多くの黒人霊歌はちがう場所でちがうグループによって歌われてきたため様々なバリエーションが生まれることになった。

 それでも多岐に渡るバリエーションが何世代にもわたって口づてに伝承されてきたということを考慮に入れると、その相違はおどろくほど少ない。

 これらの黒人霊歌の和声づけは、特色のあるブルー・ノーツ、カデンツァ、一つの音符から次の音符への滑走音(スライド)、スウィングするリズムあるいは生き生きとした手を叩くリズムなどを伴って、アメリカが生んだ最もユニークで最もオリジナルな音楽を造り上げてきた。

 また、今日まで生きつづけている、さまざまな音楽形式のルーツでもあり、特にJazzのスタイルに密接に関わるラグタイムの直系の源流と呼べる。

こちらもCheck!
Swing Jazz
- Related -

渋谷SWING@渋谷

渋谷センター街を抜け神山町は奥渋谷に"渋谷SWING"は位置する。
自身も音楽活動を行っている店主が提供するこだわりの空間と音楽は必見。
まさに正統派のジャズ喫茶だ。

外観 -Access-

渋谷Swingがあるのはヴィラメトロポリスの4F。
写真の右側から入り、エレベーターで4Fまで行くと右奥にお店は見えてくる。

空間 -陽当たりが良い心地良さ-

店内は陽当たりが良く、心地の良い空間に仕上がっている。
ほとんど手作りだというこのお店、嫌味がなく爽やかに一直線な情熱で作り上げられている。
また上記の写真から分かる通り、スピーカーには力を入れており、リアルなサウンドを堪能出来る。

音楽 -ジャズ-

”ザ・ジャズ喫茶”と言い表すことが出来るこちらのお店では、ジャズ音楽を存分に楽しむことが出来る。
店主がBloodest Saxophoneというグループで音楽活動をされている事もあり、流れる音楽にも店主ならではのこだわりを感じ取れる。
店内では不定期だが、ライブも行なわれている様なので、そちらも是非足を運んで頂きたい。

Oscar Peterson - C Jam Blues

Lester Young - Countless Blues

Herbie Hancock - Maiden Voyage 

情報 -Infomation-

料金
〜1,000円/人

住所
東京都渋谷区神山町16-4 ヴィラメトロポリス 4B

TEL

03-5790-9544

営業時間
月-水・金・土 11:00〜23:00
日       11:00〜20:00

喫煙可能

臨時休業・短縮営業等あるので、下記の公式HPもご確認下さい。

https://www.shibuya-swing.com/%E5%96%B6%E6%A5%AD%E6%97%A5-%E8%87%A8%E6%99%82%E4%BC%91%E6%A5%AD%E6%97%A5-%E5%9C%B0%E5%9B%B3/

※上記は記事作成時点での情報です

- Related -

Bar Full House@池袋

池袋西口、繁華街からすこし離れた場所にひっそりと佇む"Bar Full House"
落ち着いた大人の空間には円形カウンターがよく似合う。
店主との距離が程よく近いため、通常トーンで会話に華を咲かせることできるだろう。

外観 -Access-

パレスガーデンミラノの地下1F部分に位置するこのお店。
少し分かりづらいが、車が並んでいる駐車場に入れば左手に入口が見えてくる。

空間 -丸テーブルが特徴の大人の落ち着き-

このお店の特徴と言えば、なんといってもコンパクトにまとまった円形カウンター。
お客様とは等距離にありたい という店主の気持ちがお店のあちこちから感じとれる。
初めて足を運ぶ方も気軽にバーカウンターに座りたくなってしまう、カジュアルなお店である。

音楽 -ジャズ、日本歌謡曲 etc-

このお店の音源は主にレコード。
ジャズを流す事が多いお店だが、お客様のリクエストによっては日本歌謡曲も頻繁に流れるのだとか。
往年の日本の音楽が好きには堪らないお店と言えよう。

Bill Evans - Sunday at the Village Vanguard 

Red Garland - A Garland of Red 

Miles Davis - Bitches Brew

情報 -Infomation-

料金
3,000〜3,999円/人(サービス料10%)

住所
東京都豊島区池袋2-63-6 パレスガーデンミラノ B1F

TEL

03-3987-3809

営業時間
月-土 18:30〜02:00
日   18:30〜24:00

喫煙可能

※上記は記事作成時点での情報です

Ranking
  • BAR Noir@恵比寿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • BAR SOUL SONIC BOOGIE@恵比寿
  • NOS@恵比寿
  • SOUL SISTERS @恵比寿
  • 【エミネムのの凄さ】2018年「Majesty」で新記録を打ち立てた "ラップ・ゴッド "
  • 9th Wonder「God's Stepson」のサンプリング音楽特集
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • A$AP ROCKYが苦しい生活から見出した独自の考え方とは?
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • B-boy/Breaking
  • DJing/Scratching
  • Gangsta Rap
  • Golden Age Hip Hop
  • Graffiti Writing
  • 2018年11月26日 Oddisee 来日初公演 @代官山UNIT
  • ラッパー2pacもサンプリングしたJoe Sampleの名曲"In All My Wildest dreams"知ってますか?
  • 80年代から西海岸を支えて来たギャングスタラッパー
  • A$AP Mob ”90's ヒップホップ へのタイムマシーン”
  • スヌープ・ドックや2Pacともビーフを交わした東海岸をレペゼンするラップグループとは?
About us
SNS