B-boy/Breaking

2018/10/31

B-boy/Breakingとは?

ヒップホップの4大要素の一つbboying。

 1970年代初めにニューヨーク市の黒人の若者の間で生まれたストリートダンスのスタイル。

映画作品などの影響で急速に流行したこのダンスは、メディアが分かりやすく伝えるための意図もあいまって、一般的にはヘッドスピンや逆立ちを使った派手な動きがフィーチャーされ、ブレイクダンスという呼ばれ方をされるようになった。

Bboyingのダンススタイル

 bboyingのダンススタイルはトップロック、ダウンロック(フットワークとカテゴライズされることも多い)、パワームーブ、フリーズと呼ばれる4つの要素から構成されるダンスである。

トップロックは立った状態で大きく攻撃的なステップを使って踊る。

ダウンロックではフロアに手をついて状態で繰り出される足の動きを中心とした踊り。

パワームーブは身体全体を使って大きく回転する、ヘッドスピンに代表されるような花形とも言える部分。

フリーズはその名の通り、一瞬静止した状態をFunk Musicの特徴的なアクセント部分に用いたり、逆立ちなどのトリッキーな形で止まることを主に指す。

このダンススタイルの発展の歴史において欠かすことの出来ない存在がDJ Kool hercの存在である。

Dj_Kool_Herc

DJ Kool hercはダンスフロアが一番盛り上げる瞬間が、曲の間奏部分のいわゆる「break」に当たる部分にあることを発見し、そのbreakを長い時間流し続けるために同じレコードを二枚使うことを思いついた。

Kool hercのパーティに集まってきたダンサーはこぞって新しいステップや動きを開発しあい、この空間がbboyingのスタイルを形成していった。

bboyの「b」はbreakのbでありこのブロックパーティでだれよりも目立とうと夢中になって踊っているダンサーたちを指してbboyという名前がつけられた。

Bboying≠ブレイクダンス??

ここでしばしば話題になるのがブレイクダンスという言葉だ。

bboyingとブレイクダンスは同様の意味で受け取られがちだが、ヒップホップに傾倒する人々にとってはかなりニュアンスの違うものになっている。

ブレイクダンスという言葉はbboyingがメディアによってピックアップされた際にプロモーションとしてつけられた名前であり、

影響力のあるメディアがこのブレイクダンスという言葉を使うことによってbboyingは急に呼び名を変えられて持ち上げられてしまったのである。

このことにヒップホップのオリジネーターたちは少なからず違和感を感じており、しばしばbboyingとブレイクダンスは別物なんだと語られて来た。

彼らやヒップホップに傾倒している人々がブレイクダンサーという表現を使う時は、

文化へのコミットメントよりもむしろ、個人的にちやほやされるのためにダンスを学ぶ人々を蔑視するために使用されている傾向もある。

bboy

話を戻すと、DJ Kool Hercをはじめ、Bronxを拠点とするDJはダンス・レコードをBreakbeats

として繰り返し流し、熱狂するダンスフロアを提供した。

これがやがて、創造性、技能、音楽性を競うダンスバトルを生み出した。

 これらのバトルは、bboyの周りに集まった人々のサークルの中で発生し、ギャングの抗争の代わりとして用いられていたという記述も良く見かける。

 その初期のbboyはアフリカ系アメリカ人が90%近く占めていたが、後々にプエルトリコ系アメリカ人によって主に構成された「SalSoul」や「Rockwell Association」などのクルーが現れ、メディアの影響も良い悪いに関わらず、このカルチャーを世界へと広げていくことになった。

Share
シェアする
Writer
taneda
25歳サラリーマン。
ダンスが趣味。
即興とは何かを考える内にjazzを好んで聞くようになった。
- Related -

B-boy/Breaking

B-boy/Breakingとは?

ヒップホップの4大要素の一つbboying。

 1970年代初めにニューヨーク市の黒人の若者の間で生まれたストリートダンスのスタイル。

映画作品などの影響で急速に流行したこのダンスは、メディアが分かりやすく伝えるための意図もあいまって、一般的にはヘッドスピンや逆立ちを使った派手な動きがフィーチャーされ、ブレイクダンスという呼ばれ方をされるようになった。

Bboyingのダンススタイル

 bboyingのダンススタイルはトップロック、ダウンロック(フットワークとカテゴライズされることも多い)、パワームーブ、フリーズと呼ばれる4つの要素から構成されるダンスである。

トップロックは立った状態で大きく攻撃的なステップを使って踊る。

ダウンロックではフロアに手をついて状態で繰り出される足の動きを中心とした踊り。

パワームーブは身体全体を使って大きく回転する、ヘッドスピンに代表されるような花形とも言える部分。

フリーズはその名の通り、一瞬静止した状態をFunk Musicの特徴的なアクセント部分に用いたり、逆立ちなどのトリッキーな形で止まることを主に指す。

このダンススタイルの発展の歴史において欠かすことの出来ない存在がDJ Kool hercの存在である。

Dj_Kool_Herc

DJ Kool hercはダンスフロアが一番盛り上げる瞬間が、曲の間奏部分のいわゆる「break」に当たる部分にあることを発見し、そのbreakを長い時間流し続けるために同じレコードを二枚使うことを思いついた。

Kool hercのパーティに集まってきたダンサーはこぞって新しいステップや動きを開発しあい、この空間がbboyingのスタイルを形成していった。

bboyの「b」はbreakのbでありこのブロックパーティでだれよりも目立とうと夢中になって踊っているダンサーたちを指してbboyという名前がつけられた。

Bboying≠ブレイクダンス??

ここでしばしば話題になるのがブレイクダンスという言葉だ。

bboyingとブレイクダンスは同様の意味で受け取られがちだが、ヒップホップに傾倒する人々にとってはかなりニュアンスの違うものになっている。

ブレイクダンスという言葉はbboyingがメディアによってピックアップされた際にプロモーションとしてつけられた名前であり、

影響力のあるメディアがこのブレイクダンスという言葉を使うことによってbboyingは急に呼び名を変えられて持ち上げられてしまったのである。

このことにヒップホップのオリジネーターたちは少なからず違和感を感じており、しばしばbboyingとブレイクダンスは別物なんだと語られて来た。

彼らやヒップホップに傾倒している人々がブレイクダンサーという表現を使う時は、

文化へのコミットメントよりもむしろ、個人的にちやほやされるのためにダンスを学ぶ人々を蔑視するために使用されている傾向もある。

bboy

話を戻すと、DJ Kool Hercをはじめ、Bronxを拠点とするDJはダンス・レコードをBreakbeats

として繰り返し流し、熱狂するダンスフロアを提供した。

これがやがて、創造性、技能、音楽性を競うダンスバトルを生み出した。

 これらのバトルは、bboyの周りに集まった人々のサークルの中で発生し、ギャングの抗争の代わりとして用いられていたという記述も良く見かける。

 その初期のbboyはアフリカ系アメリカ人が90%近く占めていたが、後々にプエルトリコ系アメリカ人によって主に構成された「SalSoul」や「Rockwell Association」などのクルーが現れ、メディアの影響も良い悪いに関わらず、このカルチャーを世界へと広げていくことになった。

- Related -

Logic ”人は見た目で判断しちゃいけない”そのスキルと響くリリックの意味、、、

全米アルバムチャートの初登場1位。有名若手ラッパーLogicの強いメッセージ性

 昨年、3週連続で1位に君臨していたケンドリック・ラマーの『DAMN.』を押しのけ、全米アルバムチャートの初登場1位を獲得し、誰もが認めるトップラッパーになったLogic(ロジック)。

 ラッパーとしては珍しい細身で色が白くメガネ、というナードな出で立ちのLogicはコカイン中毒の黒人の父親と、家庭内で人種差別用語を平然と使う白人の母親の間に産まれた。

 産まれながらに自分の居場所の獲得が困難であったLogicが紡ぐメッセージはやがて人々の感情を強く揺さぶり、その虜にしていく。

有名ラッパーになるチャンスを掴んだ1枚のアルバム

 1990年生まれ、28歳のLogicのラッパーとしてのキャリアはそもそも順調そのものだった。

 2013年にはヒップホップの専門誌、XXLが今後注目すべき若手ラッパーとして紹介する「XXL Freshmen Class」でピックアップされ、2015年には『The Incredible True Story』にてR&B/ヒップホップのチャートで1位を獲得するなど、そのスキルフルなラップは現代の注目株として常に取り上げ続けられてきた。

 そんなLogicはついに2017年にメガヒット作『Everybody』を発表する。

アメリカの自殺問題をテーマにした、メッセージ性の強いリリックでラップ

 『Everybody』の中でもとりわけ注目を集めることになった1曲が「1-800-273-8255」。

 この黒人の少年を主人公とした短編映画のようなMVはYoutubeにて3億回以上再生されており、2017年の大きな話題となった。

 「1-800-273-8255」とはアメリカの自殺防止ホットラインの電話番号をそのままタイトルにしており、そのリリックにも生きることを諦めないで欲しいというメッセージがふんだんに込められている。

”I don't wanna be alive”
”I don't wanna be alive”
”I just wanna die today”

 前半は本当の意味での他者からの理解を受けられずにこのまま息苦しいくらいなら「死にたい」という気持ちを吐き出さずにはいられない自殺志願者としてのリリック。

 中盤でその相談を受ける者の言葉として視点が変わり、大変だし苦悩もあるが生きていく価値を説く。

 最後は自殺志願者の視点に戻り、生きていたいんだ、という葛藤しながらも前向きな言葉が繰り返され、「1-800-273-8255」は幕を閉じる。

 ストレートなリリックは時に芸術的だが難解で遠回しなやり方よりも人の心を捉えるのかもしれない。

Logicが放つリリックの重みは自らの人生経験が背景にあった

 昨年のVideo Music AwardではLogicが「1-800-273-8255」を熱演。

 番号が明記されたTシャツを使ったパーフォマンスも目を引くが、是非チェックして頂きたいのが、歌い終えた後のLogicの言葉の数々。

 メディアがあまり語りたがらない、人種差別、性差別、家庭内暴力などについてのLogicとしての意見として、平等のために戦い続けるんだという意志を表明している。

 これにはLogicのこれまでの人生での経験も大きく反映されている。

 Logicは黒人と白人のハーフであり、その家庭環境は決して好ましいと言える者ではなかった。

 父親はドラッグに溺れ、兄はその父にドラッグを売りつけていたし、母親はLogicのことを黒人として捉え、差別用語を用いてLogicのことを呼び続けた。

 ラッパーとして活躍するようになってからは反対に、かつてEminemが経験したようにその見た目が白人であるから得しているのだと難癖をつけられるようになり、辟易していた。

 見た目もラッパーのステレオタイプから遠く離れており、どちらかと言えばあまり目立たないようなメガネ君。

 実際にラッパーとしてのキャリアが軌道に乗ってしまったが故に生じた慌ただしい生活とプレッシャーは彼を苦しめ続けていた。

 しかし、『Everybody』以来のLogicは一つ大きく踏み出した露だろう。

 Logicを救ったのはメガヒットではなく、自分の心からのメッセージが世界の人々にこれだけの共感を得たのだという事実。

 

 2018には新作『YSⅣ』をリリース。

 クラシックなヒップホップサウンドの色味がブラッシュアップされたような印象を受けるアルバムは2018年の目玉の一つになった。

 実はこのLogic、引退を匂わす発言をしてはいるのだが、彼の思惑とは裏腹に、「ヤング・シナトラ」の快進撃はまだまだ止まる気配を見せない。

- Related -

Old School Hip Hop

Old School Hip Hopとは?

Old School Hip Hopとはヒップホップの黎明期、初期における楽曲、アーティストを指す言葉である。

時代としてはだいたい70年代後半から84年ごろまでの期間のことを表していて、ヒップホップカルチャーの始まりであるブロックパーティーでDJがかける音楽としての性質を多分に孕んでいる。

リリックの内容もパーティーに関する内容のものが多く、社会的に混乱していた時代の中で楽しいひと時を過ごすための音楽として、ディスコやファンクからサンプリングされた楽曲がメインになっていた。

最初期においては、皆でパーティを楽しもうという雰囲気こそが音楽の目的であったため、まだラップという表現の手法自体にフォーカスは当てられていなかった。

基本的には単調な4ビートの拍子とコーラスに合わせて言葉をはさむ、というスタンスであり、パーティが終わるまで平気で何時間も即興のラップをし続けていた。

この時代こそがヒップホップのルーツと呼べる時代であり、ヒップホップを文化として形成するに至った人物達が牽引してシーンを作り上げた。

代表的なアーティスト

この時代を作り上げたのが、

Afrika Bambaataa、Sugarhill Gang、Grandmaster Flash、Spoonie Gee、Newcleus、Treacherous Three、Funky Four Plus One、Kurtis Blow、Busy Bee Starski、Lovebug Starksi、The Cold Crush Brothers、Fab Five Freddy

といったヒップホップ界のパイオニア的存在だ。

このレジェンド達がヒップホップの概念すらなかった時代から、DJとしての技術を生み出して、ラップやダンスにおけるバトルという構造をパーティの一要素として成立させ、後々の時代のヒップホップの進化の種を蒔き続けてきたのだ。

DJはどうすればパーティーやバトルが盛り上がるのかを研究し続け、ミキシングやスクラッチの技術を向上させ、

MCやダンサーはバトルの中でお互いに競い合い、時にはシャレにならない喧嘩もしながら新しい物を生み出すことに夢中になった。

この時代こそが、音楽や文化が常に自分にしかできない新しい物を追いかけ続けるヒップホップにおける根源的な哲学を形成した時代であり、そのヒップホップ精神とも呼べるマインドは現代においても受け継がれている。

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA恵比寿店
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 不倫の歌?意外と知らない名曲の背景 Nelly 『Dilemma』リリックの意味。
  • おすすめの音楽アプリSound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いを解説!
About us
SNS