7月14日、NOS恵比寿にてMY HOOD ~Drip Water Trunk~のパーティーを開催!

2019/06/30

メッセンジャー、ダンサー、スケーターと異なったカルチャーをミックスアップしてきたMYHOOD

初夏に開かれるパーティーの会場は”NOS 恵比寿”

普段は社会人を中心に盛り上がりを見せるNOSだが、今回はDJが入り奥のテーブルがダンスフロアとなる。

24時まではWelcome Drinkがあるので、是非日本酒で乾杯して頂きたい。

前回までのレポートは以下

2018年12月28日 MY HOOD 〜IKI-BA&Mess Crib Tokyo〜 @渋谷CIRCUS TOKYO

2019年4月13日 MY HOOD ~peace and uinty~ @南青山 IKI-BA

INFO

Date:7/14(日)

Time:22:30~

Place:NOS 恵比寿

Address:東京都渋谷区恵比寿南2-3-14 CONZE恵比寿 B1F

Entrance:2000yen

Till Midnight with Welcome Drink ” 月の桂 稼ぎ頭 “

再入場可能

DJ

GABAWASH

YANCHI.

DaBook

HAPPFAT

Guest DJ

Matsumoto Hisataaka from VINYL7

LIVE

???

Dance

Tsu-ji-/Kaku (SEVENSTARS)

MARIKO+Miss Mee

恵比寿NOS

"音楽"をおしゃれにかつラグジュアリーに楽しめるBarが恵比寿の繁華街のど真ん中、大きなビルの地下にある。カジュアルかつおしゃれに楽しめるダイニングバーNOSは、立ち飲みから個室まで様々なニーズに対応した大都会東京のホットスポットである。

NOS@恵比寿

Share
シェアする
Writer
taneda
25歳サラリーマン。
ダンスが趣味。
即興とは何かを考える内にjazzを好んで聞くようになった。
- Related -

2019年1月18日 5lack ソロ・アルバム『KESHIKI』リリース後、初のゲストライブ @原宿TRUNK HOTEL

"原宿 TRUNK HOTEL"

1月18日(金)原宿のTRUNK HOTEL にて日本が誇るスケボーブランドEvisen(エビセン)とadidasによるビックパーティーが開催された。

5lackがゲストで招かれた豪華なパーティーを写真と共に振り返る。

”Kick OFF(Evisen X adidas)”


目に飛び込んできたのはEvisenとadidasによるコラボの作品。

赤と金を基調としたコレクションの数々は彼らのデザイン性をしっかりと主張する仕上がりになっている。


日本の文化である寿司が握られ、パーティーの手助けをする為の日本酒も着々と準備が進む。

”Party”


パーティーの開始時刻8時を過ぎると、5lackを一目に見ようとフロントに人が集まる。

その光景はパーティーがどれ程までぶち上がるか想像出来るくらいに熱気が溢れていた。

DJ Timeには

や今流行りの

が流れ、色褪せない音楽達が会場を催し、ダンスフロアは人々で溢れかえった。

”ゲストライブ:5lack”

会場のボルテージが最高峰を迎える頃、5lackが11月に発売した新アルバム『KESHIKI』のイントロが流れ始めた。

そんな中、5lackの登場と共に流れたのは「D.N.S」

独特なフローとトラックで仕上がっているこの曲。。。。

会場を熱狂の渦に巻き込むのは言うまでのも無い。



次に流れ始めたのは「影道」

「Tokyo」

最新の彼の曲がふんだんにLIVEに盛り込まれるセットリストだ。

最後には「NEXT」で締めくくるという5lackらしい次を匂わせるLIVEであった。


- Related -

2018年12月28日 MY HOOD 〜IKI-BA&Mess Crib Tokyo〜 @渋谷CIRCUS TOKYO

"渋谷 CIRCUS TOKYO"

2018年12月28日、メッセンジャーの”Mess Crib Tokyo"と南青山の屋台村"IKI-BA"による大忘年会「MY HOOD」が渋谷Circus Tokyoにて行われた。

ストリートカルチャーとコミュニティ・スペースが生み出したピースフルで暖かい空間は、平成最後の金曜日にふさわしい夜であった。

”Lounge”

ラウンジスペースには、早い時間から多くの人が集まり、DJの流す心地良い音楽に耳を傾けつつも、久々の再会や、近況を語り合う光景が散見された。

フードにはPon's curryが参加。

暖かいご飯とスパイスの効いたソウルフードは大盛況、一晩遊び明かすエネルギーを会場に提供していた。

1階と地下を結ぶ踊り場では、物販に福井県で今話題のストリートブランド「LOCO HAUNT HOUSE」が入り、スタイリッシュかつ独特なデザインで経由点を彩った。

”Floor”

地下の空間でまず目に飛び込んできたのは、イベントの空気感を象徴するライブアート。

ラウンジとは一転し、クラブで堪能できる重低音に体を揺らし

ゲストライブや、仲間の出演を今か今かと待ち詫びる。


”Party”

再度1階に上がると、人で溢れかえっており、至る所で乾杯の声が。

時計の針が0時を指すころには、各々の遊びスイッチをONに切り替え、

平成最後の大忘年会のボルテージは上がっていく。


ディスコが会場に響き渡り、それぞれのコミュニティの境界線がゆがみ始める。

ほどよい酔いも合わさり、新しい繋がりが次から次へと増えていく。

それぞれのグルーヴが共鳴し合う様子は、まるで1つの大きな波となり、会場全体を包み込んでいた。

”Live”


様々なジャンルのパフォーマーが次々に登場し、それぞれ独自のスタイルで観客を盛り上げる。

そこで共通していたのは、それぞれの仲間がステージの最前列で見守る姿。

まさに”My Hood"を感じさせる仲間意識がしっかりと見受けられた。

パフォーマー自身も全力で楽しんでいる様子が伝わり、地元や仲間へのリスペクトを強くぶつける気迫がCircus全体に伝播していく。

その力は次のステージを飾るアーティストにも影響を与え、最高のバイブスを届ける好循環が生まれていく。

民族音楽やビートボックスなど普段あまり目にしないパフォーマンスは、まるで子供のように見入らせた。

”HOOD”

今回、肌で感じた事は、それぞれの仲間で遊びに来た様々な集団が、お酒、音楽、カルチャーを通して次第に繋がり合い、1つの大きなコミュニティを形成していった事である。

それは本来のコミュニティの在り方でもありながら、今の時代には、逆に新鮮に感じ取れた。

”Last”

外も明るくなり始めた頃、未だ会場には、氷が解けたグラスと余韻に酔いしれ、その場を離れられずにいる人々がちらほらと見かけられた。

今回 盛り上げの立役者となったのは、小さな巨人"クライナー"。

人々の指の隙間から密かに覗いては、その場を盛り上げ、至る所で存在感を示していた。

それぞれのコミュニティが1つとなり、

全く新しい一夜限りの大きなコミュニティを築きあげた「MY HOOD」。

そしてまた、いつものHOODで街に消えていく。

Photo by Yuta Sasaki (HIDDEN CHAMPION)



「Mess Crib Tokyo(メスクリブ トーキョー)」

メッセンジャー達のコミュニティーは、世界中に彼ら独自のネットワークを持つ“離れた部族”のようなマインドを持つ。
この Mess Crib Tokyo も、そのネットワークを相互的に発信する情報基地となるべく、2015年春に Courier オフィス内でメッセンジャー達自身が運営する小さな隠れ家的ギャラリーとしてスタート。

「IKI-BA(粋場)」

南青山にある、ひときわユニークな屋台村・COMMUNE 2nd。面白い人やカルチャーが集まるこの食の空間に、その思想そのままに営業するお店「IKI-BA イキバ」はある。元は原宿の路地裏で知る人ぞ知る”粋”な場所だったこのお店が、大通りに面した今見せる新たな魅力。
行き場のない若者が一息つける、粋な場所 イキバ


「professor calm」

今回「MY HOOD」のロゴデザインを提供してくれたのは、福岡を拠点に自身の感性を点画で魅せるアーティスト professor calm。

「物質を構成しているものは粒子であり、そこからインスピレーションを受けている。」

という彼の作品は、温かみの中に卓越したセンスを感じ取れ、一度目にしたら忘れられない存在感を世界に放つ。

パーティのスペシャリスト” ZEN-LA-ROCK
”日の丸を掲げるレジェンド・ビート・ボクサー” 櫻井 響 
”異物的世界観で魅了する5人組バンド” NINJAS
”三者三様の個性が光る、今話題のラップクルー” MGF 
- Related -

2018年11月26日 Oddisee 来日初公演 @代官山UNIT

"代官山 UNIT"

代官山 Unit

11月26日、代官山UNITにてワシントンD.C.レペゼンのOddiseeが初来日公演を行った。

DJが流す曲は

ソウルやファンクなどを中心に、時たまJ Dilaの弟であるIllaJ

が流れたりと、DJタイムからもOddiseeのライブだと伝わってくる。

音楽と会場の融合 "Olivier St Louis(オリヴィア・セント・ルイス)"

まず登場したのが彼。Oddisee率いるGood CompnyのバンドメンバーであるOlivier St Louis、会場に登場すると、まずはDJにシャウトを送る。そこからギターのチューニングを行い、会場を温める準備に入った。

ジャジーな曲やファンクな曲も乗りこなしていたOlivier St Louisだが、時たま会場を巻き込みながらライブをする光景はコミカルで、ライブではなくパーティーのようであった。

ジャズラップという音楽スタイル "Oddisee(オディッシー)"

会場も程よく温まり、いよいよOddiseeの出番である。Olivier St Louisが「It's my time」と締めくくり、DJも登場する。

先ほど、バンドが生んでいたライブの感触とはガラッと雰囲気が変わり、ディープな世界になっていく。

それを演出していたグループがGood Compnyと呼ばれるOddisee率いるバンドメンバーのイントロだ。

クールに登場し、持ち前の切れ味鋭いラップで観客を圧倒するOddisee。

パンクバンドのように飛び跳ねながらリズムを取り、観客と徐々に一体化していく彼はいとも簡単にライブを自分のものにしていった。

途中にはライブメンバーがビートボックスで参加し、トラップミュージックも披露。彼ら全員がいる事で、ジャンルに囚われないライブを演出する。

会場は熱気に包まれながら、最後の曲は自身のラップで締め括った。

Oddiseeがファンクやソウルから学びを得て、ヒップホップという音楽に入り込んだ背景がこのライブにはあったように感じる。

影響を受けたのはJungle BrothersやA Tribe Called Questと語るので、彼らも聴いてみてはいかがだろうか。

Oddisee "ジャズ・ラップの先駆者達に影響を受け育ったラッパー"

世界で初めてハウス音楽を利用したヒップホップのクルー知ってますか?

ジャズラップの先駆者として知られる90年代のヒップホップクルーとは?

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 不倫の歌?意外と知らない名曲の背景 Nelly 『Dilemma』リリックの意味。
  • おすすめの音楽アプリSound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いを解説!
About us
SNS