Nasが語るヒップホップとは?進化と共に繰り返される論争

2018/12/19

Nas『Hip Hop Is Dead』に込められた意味

2006年の12月19日はNasのアルバム『Hip Hop Is Dead』がリリースされた日です。

Nasに関しての詳細はこちらの記事を。

http://myhood.jp/east-coast-legendary-lyricist-nas/

ヒップホップは死んでいるという痛烈なアルバム名ですが、これは当時のヒップホップシーンに対するNasの見解が込められています。

このアルバムが出されたのが2006年、活躍していたラッパーは50 Cent、Jay-ZEminemと数える事が出来るくらいで、90年代と比べると2000年代はシーン全体の低迷が見られました。

この危機を察知したNasは当時を生きるラッパーたちを鼓舞する目的で、このアルバムを出します。

特にヒップホップのサブジャンル トラップを歌うラッパーに対してのディス

ラッパーといっても、アメリカには地域によって様々なスタイルがありますが、Nasは特に南部のスタイル、今でいうトラップミュージックに対して言及をしています。

本日取り上げているシングル「Hip Hop Is Dead」の歌詞で

"Everybody sound the same, commercialize the game.Reminiscing when it wasn't all business.It forgot where it started."

とラップをしています。

Nasがデビューした当時はドラッグの蔓延や黒人差別が深刻で、その事実を世間に伝えるためにラップという手段を使用していました。

お金を生むための商業的なヒップホップでは無く、ヒップホップというモノが始まった時の思いを呼び起こしたかったのです。

南部のラッパーと激しいビーフは行われる事はありませんでしたし、当時の南部シーンを作っていたYoung Jeezyとも”ヒップホップは変わっていっている”という意見で落ち着いています。

今でも”ヒップホップとは何か?”という論争はしばしば繰り広げられますが、正解は無く、それぞれが思うヒップホップがヒップホップなんだと思います。

あなたにとって、ヒップホップとは、、?

Share
シェアする
Writer
MYHOOD
好きなモノを通じ『街』を知る事が出来るメディア 現在MYHOODは好きなモノを"音楽"にフォーカスして活動しています オンラインで音楽の事を知って、聴いてもらい 実際に音楽が流れているBarやClubに足を運ぶ オンラインとオフラインを繋ぐ その為の情報発信をしていきます
- Related -

スクラッチ・アサシン”ことDJ K-DELIGHT。

40年という若い歴史で、近代の新カルチャーとして確立したヒップホップ。

そのヒップホップを構成する四大要素、Graffiti(グラフィティ)、DJ(ディージェイ)、B-BOYING(ビーボーイング)、MC(エムシー)。

その各々の魅力に触発され、ルーツを掘り下げ、研究を重ね、正解のない自分なりの答えを追い求め続けるヒップホップの旅が始まっていく。

”ヒップホップとは一体何か。”

各々が導きだしたヒップホップの定義を再確認するため、また今日もスキルを磨く。

そこで今回は、約20年以上もブレイク・ビーツを愛し、研究に研究を重ね続けた”スクラッチ・アサシン”ことUKの良質ブレイク・ビーツDJ ”K-DELIGHT(ケー・ディライト)”を紹介したい。


彼と言えば、その洗礼されたスクラッチ・アンサンブル。

ここぞといタイミングで擦りを入れる彼の楽曲の数々は、まさにDopeの一言だ。

"K-DELIGHTとは、、"

イングランドはマンチェスターに拠点を置くThe Jeep Beat Collectiveの初期メンバーでもあった彼。

The Jeep Beat Collectiveと言えば、スクラッチをアートとして世界に再定義させた集団として有名であり、彼らのアルバム『The Technics Chainsaw Massacre』はアメリカのCMJカレッジ・ラジオ・チャートで1位を獲得している。

また、ヒップホップ・カルチャーに於ける最重要組織”Zulu Nation”のメンバーでもある。

彼のキャリアの始まりは、同郷のターンテーブリストDJ YODAとのUKツアーからだ。

各会場でフロア・ジャックを連発し、多くのヘッズの心を掴んだ彼の名は次第に広まり、

2005年にUKで最も成功したグラフィティ・アーティストTemperとのライブ・ミックス・セッション動画は世界的に大きな反響を呼んだ。

同年に参加したDMCツアーで世界的に注目を浴びだした彼は、
Jazzy Jeff、Rahzel、Wu Tang Clan、Biz Markie、Cold Crush、Souls of Mischief、Cash Money 等のビッグ・ネーム アーティストのサポートDJを行い、現在の地位を確立した。

"スクラッチ"

Jazzy JeffやCash Moneyに大きな影響を受けていると語る彼だが、その極限にまで磨かれたスキルフルなターンテーブル・テクニックに無駄はない。

ヒップホップはもちろん、ブレイクス、ソウル、レゲェ、ファンク、エレクトロまで、巧みに扱いこなす彼の音楽幅と選曲は圧巻の一言。

こちらのDef Jam Sessionでの彼のスクラッチと熟練の手さばきは是非一度ご覧頂きたい。

"DJ KENTARO"

ここ日本に置いても根強いファンを持つ彼だが、日本が誇るDJ KENTAROとのコラボは大きな話題を呼んだ。

DJ KENTAROと言えば、2002年のDMC ワールド・チャンピオンで日本を世界に知らしめた重要人物としてご存知の方は多いと思う。

2006年にリリースされた『The Real Things』では、K-DELIGHTが手掛ける未来的ファンクの硬派なビートにVoodoo Guru、Evil ED、そしてDJ KENTAROと豪華客人を招いたB-BOYを真から揺すぶる最高傑作となっている。

"最後に"

世界的に一般常識となった”DJ”、”スクラッチ”という言葉。

今では様々な場所にDJブースが設置されており、目にする機会も多くなってきたのではないだろうか。

その甚だしいパフォーマンスの裏には音楽への愛はもちろん、日ごろの練習と研究など、多くの時間が費やされているのだ。

今後DJのパフォーマンスを観る際には是非、そういった目線でも見ていただきたいと思う。

こちらの記事もCheck!
グラミー賞を持つ、スペインのDJ/プロデューサー"COOKIN'SOUL"
世界一の音楽都市メルボルンを代表するベテランDj Mr Lob。
国境を取っ払うスロヴァキアのMixcloud DJ、”Adam Kvasnica”
- Related -

Big L "俺とお前を比べるのはまるでベンツとシボレーを比べるような事だ"

M.V.P。もっとも価値のあるリリックという意味のシングル曲

1995年の今日1月1日はBig L(ビッグ・エル)のシングル「M.V.P.」がリリースされた日です。

Lは下の記事でも紹介しましたが、ラップに特徴があり、リリックに感性が溢れます。

http://myhood.jp/horror-core-big-l/

今日リリースされた「M.V.P.」は”Most Valuable Poet(最も価値のある詩)”の略になります。

ラッパーは自信を持っている事が多いですが、堂々と曲にして自分を表しているのはHip Hopの根源だと思います。

1バース目で"L's a clever threat, a lyricist who never sweat"というリリックがありますが、Lはいつでも冷静沈着、頭が良いリリシストだと謳っています。

その後のリリックでは”俺とお前を比べるのはまるでベンツとシボレーを比べるような事だ”と言い、自分がいかに優れているかというものを説明しています。

そんな自信溢れるLですが、サビの部分である”If rap was a game I'll be M.V.P. The most valuable poet on the M.I.C(もしラップがゲームなら、俺はMVPだ。)"はあのレジェンドの引用をしています。

ここのリリックはスポーツのMVP(Most Valuable Player)とマイクを持った時のMVP(Most Valuable Poet)を掛けているので、ラッパーの中で自分がベストである事をラップしたかったのでしょう。

彼の中でも、もしかしたらBig Daddy Kaneは憧れで、影響を受けているからこそ、引用をして来たのだと思います。

Lも今や彼らと変わらぬレジェンドで、Nasも”彼と戦うとなれば、冗談ではないけど、戦える気がしない”と語っています。

そんな彼の曲「M.V.P.」独特なラップスタイルにも注目して聴いてください。

- Related -

ブルックリンで育ちながらドラッグとは無縁のラッパー。彼が音楽と出会ったきっかけは?

Talib Kwelの相方であり、90年代後半のシーンを支えたラッパー

2006年の今日、12月29日はMos Def(モズ・デフ)のアルバム『True Magic』がリリースされた日です。

彼はニューヨーク、ブルックリン出身のラッパーで、親友にはA Tribe Called QuestQ-TipやMuhammadがいます。

音楽をやる前は芝居に熱中していて、ロサンゼルスに映画の撮影にも行っていました。

コカインが蔓延する1990年代のニューヨークで、ギャングの暴力や、社会の貧困 を見てきた彼は、芝居に集中する事で、そういったものと離れていたと言います。

彼が芝居をしていたのはBroadwayよりも規模が小さいステージで、この境遇はNicki Minajと同じです。

最も影響力のある人物にも選ばれた事がある女性ラッパーって?

Mos Defが音楽に関わり始めるのは弟と妹とグループを結成した1994年です。しかしこのグループは2004年にアルバムを1枚出すのみで、彼はソロ活動をメインに行うことになります。

ソロ活動を始めた当時はDe La Soulと仕事をしていて、Talib KwelとBlack Starというグループを結成したのが契約のキッカケです。

ファーストアルバムは1998年にリリースされ、収録曲の「Definition」はビルボードチャートにも登場。

この曲は、The Notourious B.I.G.2pacという当時のリーダー的存在を失っていたシーンの穴埋めをするというコンセプトで作られました。

ジャズヒップホップの代表格として

グループとしての活動を続けながらもソロで活動をし、カニエ・ウエストやボブ・マーリーの息子であるStephen Marleyとも仕事をしてきました。

彼が製作する楽曲はJazzyなものが多く、親友であるA Tribe Called Questや初期に仕事をしていたDe La Soulに影響を受けているかもしれませんね。

今日は『True Magic』から「Undeniable」を紹介。

この曲中にもBiggieというリリックが出てくるので、同じブルックリン出身のラッパーとしてリスペクトしているのだと思います。

普段聴いているヒップホップとは少し毛色が違うと思うので、是非聴いてみてください。

Ranking
  • BAR Noir@恵比寿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • BAR SOUL SONIC BOOGIE@恵比寿
  • NOS@恵比寿
  • SOUL SISTERS @恵比寿
  • 【エミネムのの凄さ】2018年「Majesty」で新記録を打ち立てた "ラップ・ゴッド "
  • 9th Wonder「God's Stepson」のサンプリング音楽特集
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • A$AP ROCKYが苦しい生活から見出した独自の考え方とは?
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • B-boy/Breaking
  • Gangsta Rap
  • Golden Age Hip Hop
  • Graffiti Writing
  • MC/Rap
  • ラッパー2pacもサンプリングしたJoe Sampleの名曲"In All My Wildest dreams"知ってますか?
  • 音楽好きは知っておいて欲しい!3月9日は”レコード針の日”
  • 80年代から西海岸を支えて来たギャングスタラッパー
  • A$AP Mob ”90's ヒップホップ へのタイムマシーン”
  • スヌープ・ドックや2Pacともビーフを交わした東海岸をレペゼンするラップグループとは?
About us
SNS