秋と音楽の共通点=爽快感?この時期にオススメのおしゃれなジャズ音楽!”Third Wind”

2018/11/29

秋の夜長にみなさんこんばんは!今夜も素敵な音楽を聴いていますか?今回紹介するのは秋のすこし肌寒い夜でも、思わず駆け出したくなるような爽快な1曲。”Third Wind”です。フュージョンというジャンルで有名なこの曲。少し掘り下げて見てみましょう。

そもそもジャズ音楽の派生ジャンル:フュージョンって何?

フュージョンは1960年代の後半から現れた音楽のジャンルです。初期のことは「クロスオーバー」というジャンルで呼ばれていました。これまでのジャズを基本として、ロックやラテン音楽、黒人音楽であるR&B、電子音楽などの音楽ジャンルを融合させた音楽です。

ジャズの歴史は以下から↓↓

古いジャンルを打破し続ける 常に進化するジャズ音楽の歴史とは?

当時のジャズプレイヤー達からは「あまりにも大衆向けで、商業的」と批判の対象になったこともありましたが、聴きやすさと爽快な曲展開で多くのリスナーに親しまれているのも事実です。現代ではさらにポップな要素を追加した「スムースジャズ」というジャンルに派生しています。

ブラジル音楽の影響も!?フュージョンの名曲 ”Third Wind”

フュージョンの中でも有名な1曲がこちら。Pat Metheny Groupの"Third Wind"です。 アルバム全編を通してブラジル音楽の影響を受けていると言われており、爽やかな印象な中にバンドの技術力の高さを感じさせる1曲です。

Patrick Metheny Group(パットメセニーグループ)は、アメリカ人ジャズギタリストのPat Methenyが率いるジャズ・フュージョンバンドです。

(出展:Wikipedia

リーダーであるPat Methenyはフュージョンだけでなく、カントリーやフリージャズ、クラシックなジャズまで演奏し、多彩な表現手段の持ち主です。制作する楽曲にも如実にその多才さが表れていました。

グラミー賞を複数部門で受賞するという人気ぶり

Third Windを収録している1987年7月にリリースされたアルバム”Still Life (Talking)”をはじめ、3枚のアルバムでグラミー賞のBest Jazz Fusion Performanceを受賞しています。さらに1999年には、Best Rock Instrumental PerformanceとBest Contemporary Jazz Albumの2部門でグラミー賞を受賞するなど、多岐にわたるジャンルで人気を得ていました。

ライブの様子でもわかる通り、ギターの技術が非常に高いですね。ソロの部分では観客がどよめくほど細かい音を弾きこなしています。

いかがでしたか?

核となるクラシックジャズはもちろん、当時先進的だったフュージョンやポップの要素も積極的に取り入れたPat Metheny。技術に裏付けされた自由な表現が人気の理由となりました。Third Wind だけでなく、同アルバムのLast Train Homeも人気です。秋の心地よい季節に疾走感のある音楽を楽しんでみてはいかがですか?

Share
シェアする
Writer
NACCHAN
ミニマリストになりたいのに、ついつい無駄なモノを買ってしまう。
自分に甘く生きる29歳男。174㎝やせ型。
ゆったり・まったり・自分らしい生活と音楽を。
- Related -

仕事中に聴く音楽は?~歌詞無しbeat tune 3選~

 

音楽を好きな方は、仕事や作業の間にも音楽を聴いているのはないでしょうか。今回紹介するのは歌詞がないBeat tune。いわゆるインストゥルメンタル(インスト)と呼ばれる楽曲です。歌詞が無くても色彩豊かなBeat tuneの世界を覗いてみましょう。

音楽なのに歌詞無し、所謂インストって実際どうなの?

あまり歌詞のないBeat tuneを聴くことがない人にとっては、「歌詞がない=カラオケバージョン」と思う人もいるかもしれません。実際には歌詞ありの良さ、歌詞無しの良さがそれぞれにあります。歌詞の有無を並べて聴いてみましょう。

EVISBEATS ゆれる feat. 田我流(歌詞あり)

 

EVISBEATS - ゆれる 【INSTRUMENTAL】(歌詞なし)

 

いかがでしょうか。歌詞ありの楽曲はリリックを聴き込むことができますし、歌詞が無い楽曲は自分の感情を音楽に乗せることができるかと思います。Beat tuneの良さはリスナーの創造力で補うことができる点と、聴き流すことが容易な点にあるとも言えます。仕事に集中できる効果も期待できそうです。

オススメの音楽:歌詞なしのBeat tune

ここからはオススメのBeat tuneをご紹介していきます。トラックメイカーがこだわった楽曲の数々をお楽しみください。

Nujabes: Luv(sic) Part 2 (Instrumental)

 

JAZZ HIPHOPの中でもコアなファンが多いNujabesの一曲。本来はShing02のラップがありますが、歌詞無しでもこの世界観。圧倒されますね。

世界で評価され続ける日本のジャズヒップホップ”~Nujabes-Luv(sic)” 前篇~


Gorila - Sid [Chillhop Records]

インターネットの発展後、Youtube上では世界中のトラックメイカーの良質な音楽が公開されるようになりました。Chillhop Musicもその一つ。視聴はもちろんネットラジオのように24時間配信されているチャンネルもあります。インターネット上で音源の公開・購入も可能です。

jinsang - kona park

優しいギターの音色とシンプルなビートが心地よい一曲。曲自体の展開は大きくないのですが、聴いていて飽きませんよね。まさに作業用BGMにピッタリです。

 

SUFF DADDY - CHINATOWN CHILL

 

2018年に来日公演も行われたドイツの人気ビートメイカー、SUFF DADDYのChinatown Chill。すべての曲においてやわらかな、レイドバックな印象を与えます。2016年にリリースされたアルバムもオススメ。タワーレコードからも発売されています。

良い仕事は良い音楽から。

仕事中に聴ける歌詞なしのBeat tuneをご紹介しました。元々歌詞があった曲のインストゥルメンタル版もあれば、初めからBeat tuneとして制作された曲もあります。冒頭の「ゆれる」のように歌詞ありと無しで聴き方が変わってきます。集中できる作業用BGMを探してみてくださいね。

 

 

- Related -

音楽を流し食事の時間をより優雅に ~朝食編~

今回は心地よく目覚めた朝の時間について。お気に入りのコーヒーと朝食、そして欠かせないのが朝の雰囲気・気持ちに合う音楽ですね。

一日の始まりを美しく、心地よく、その日の良いスタートを切ることができるよう、朝食に合う音楽をご紹介します。

心地よい朝におすすめの音楽はやっぱりジャズ

朝聴くとすれば、耳ざわりの良い、おいしいコーヒーを邪魔しない音楽でしょう。

ジャンルではジャズがおすすめ。ドラムや低音が少ないジャンルのため、主張しすぎないBGM程度に流すことができます。

一言にジャズといっても、様々な種類のジャズがあるので、あなたの好みに合う雰囲気・曲調のジャズを探してみるのも良いでしょう。

ジャズならオシャレに。気持ちはまるで外国。

オシャレに食事を楽しみたい人にはフレンチジャズ。

Avalon Jazz Band - I love Paris (Cole Porter)

カバーでも人気のAvalon Jazz Band。フランス語とアコーディオンの組み合わせはまさにパリの路地裏。小さなカフェでモーニング、そんな心地よいゆったりとした気分にさせてくれます。

同じジャスの音楽でも気分を高めたい方に。

Art Blakey & the Jazz Messengers - Moon River

曲のタイトルからお気づきの方もいるかもしれませんが、そうです。「ティファニーで朝食を」でオードリーヘップバーンが歌ったムーンリバーのジャズバージョンですね。ジャズの中でもファンキーな部類に入る気分高まる一曲です。

洋楽ヒットチューン好きにはブルーノマーズのカバーを。

That's What I Like - Bruno Mars (Rat Pack Style Cover) ft. LaVance Colley & Lee Howard

最近の洋楽が好きな人、歌いたい人にオススメなのが、ジャズバージョンのカバー曲!ジャズはアクセントを付けたり、楽器の多様性からカバーしやすいジャンルとも言われています。

こちらはBruno MarsのThat's What I Like をカバーした1曲。なんとタップダンスでビートの音を作っています。ジャズらしい拍の裏取りに入る瞬間は思わず体も揺れてしまいます。

いかがでしたか?

ジャズはバンド構成やボーカルの歌い方、使っている言葉によっても表情を大きく変えるジャンルです。心地よい朝のお供に。ジャズで素敵な1日を始めませんか?

- Related -

時代を超えて愛されるジャズ音楽「In The Mood」知ってますか?

JAZZの名曲と言えばどんな曲を思い浮かべますか?

今回は日本国内でライオン、Honda、キリン、味の素、スズキなど有名企業のCM曲として使用され、時代を超えて愛される名曲グレンミラーのIn The Moodをご紹介。

まずは聴いてみて!絶対に聴いたことあります。

グレンミラーのIn The Moodと言われても、JAZZを知らない人はピンと来ないかもしれません。まずは実際の楽曲を聴いてみてください。

Glenn Miller - In The Mood

ジャズ音楽の名曲「In The Mood」のフレーズはパクり?

In The Moodという楽曲ですが、有名なフレーズは元はほかの曲だったのです。ジョー・ガーランドが作曲し、1939年にグレン・ミラー楽団の演奏によって大ヒット。後のグレン・ミラー楽団の代表曲にもなりました。

その元ネタとなったのがこちら。1930年にトランペット奏者のウィンギー・マノンが作曲した "Tar Paper Stomp"です。

確かに同じ部分もありますね。1939年以降グレン・ミラー楽団による大ヒットのあと、グレン・ミラーとそのレコード会社から、著作権について争わないという条件のもと解決金が支払われたそうです。

記憶に残りやすく明るいフレーズが人気となり、現代ではビッグバンドの代表的なレパートリーのひとつとなっています。

ジャズ音楽の中でも多くのアレンジが生まれた

人気のIn The Moodですが、多くのアレンジやカバーも誕生しました。今回はそのうちの一例をご紹介します。

まずは王道のビッグバンド、スウィングジャズの雰囲気全開の演奏。

In The Mood (Glenn Miller) - JW Swing Orchestra. Melbourne, Australia

YoutubeにUPされている中でも珍しいアコースティックギターによるアレンジ。ちゃんとベース進行もついています。多才。

In The Mood - guitar cover

次はボーカリストによるアレンジ。80sの香り漂うボーカルカバー。ハイクオリティです。

The Andrews Sisters - In The Mood - Cover by The Honeybee Trio

日本で人気のアーティスト Hilcrhymeはなんとラップでカバー。しっかりハマってます。

Hilcrhyme WARAE

最後はまさかのアレンジ。なぜやろうと思ったのか分かりませんが、ピッタリ合っています。

アンパンマンのマーチ+イン・ザ・ムード

時代を超えて愛される名曲 "In The Mood"。

いかがでしたか?

今回はIn The Moodのリリースについてと、様々なアレンジについてご紹介しました。今回紹介した以外にもさまざまなジャンル・アーティストによってカバーされています。原曲や元ネタと聞き比べてみて、違いを楽しんでみましょう。

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 不倫の歌?意外と知らない名曲の背景 Nelly 『Dilemma』リリックの意味。
  • おすすめの音楽アプリSound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いを解説!
About us
SNS