ジャズバード@表参道

2019/07/25

日々、生演奏を届ける"ジャズバード"は表参道の交差点徒歩2分という好立地にある。お客様の会話を邪魔しない、耳障りでない演奏を届けているお店では、会話のしやすい居心地の良さを感じた。ジャズの演奏が後押ししているのは言うまでもない。

外観 -Access-

"ジャズバード"が位置するのは表参道交差点から2分ほど歩いた所。

屋台村Commune2ndを超え、右に通りを入るとオレンジ色の看板が見える。



空間 -シックさの中にある落ち着き-

赤と黒が基調になっている店内はカッコ良く、ジャズバーを彩っている。

外からは見えない階段奥に空間があり、そこにライブセットが準備されている。

ライブセット奥の壁色はオーナーが拘りを持ちオレンジ色にしたと言う。

格好良さの中にどこか落ち着きを感じる優しさがにじみ出ていた。







音楽 -ジャズ-

平日夜は毎晩、バンドの生演奏があり、ジャンルでは1950,60年代のジャズが流れる。

バンドを選ぶときのモットーは"お酒に合う事"だと言う。

演奏鑑賞が目的のライブハウスではなくシチュエーションとしては飲食店である事。

お客様の会話を邪魔しない、耳障りでない演奏を届けているのだとか。

是非、友達、恋人と会話を楽しみながら、生演奏に注目して欲しい。

生演奏については公式HPをチェック。

情報 -Information-

800円〜/人(Charge有り)

住所

東京都港区南青山3丁目13−1 小林ビルB1

TEL

03-5474-2702

営業時間

18:30~翌2:00

定休日 : 不定休

喫煙可能

※上記は記事作成時点での情報です

Share
シェアする
Writer
taneda
25歳サラリーマン。
ダンスが趣味。
即興とは何かを考える内にjazzを好んで聞くようになった。
Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 【意外と知らない名曲の背景】不倫の歌? Nelly 『Dilemma』リリックの意味とは。
  • 【徹底比較】Sound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いは?
About us
SNS