70年代にフュージョンを切り拓いたブラジルからの刺客 ”deodato” ~前編~

2019/09/19

ブラジルからたどり着いた青年と起こす新しいジャズ革命。

今回の主人公でもあるデオダートとクリードテイラーはご存知だろうか?

1967年に出会う彼らはジャズ界に新たな旋風を巻起こすことになる。

そもそも、フュージョン、CTIとは?

フュージョンとは、1970年代に生まれたジャズの派生である。

マイルスデイビスやキャノンボールアダレイらのモードジャズ全盛期時代のアメリカンジャズだった1960年代

1950年代のモダンジャズ全盛期から活躍するマイルスデイビスは、1969年 発売の「In Silent Way」にて、ジャズにエレクトリックピアノの導入。

これが後のフュージョンと呼ばれる演奏形態に大きな影響を及ぼす。

しかしながら彼のアプローチは、普段からジャズを聞き慣れていない人たちからすれば、まだコテコテのジャズからは抜け出せていないという印象だったようだ。

元々リオ・デ・ジャネイロ出身のデオダートは、当時ブラジルの大学でエンジニアとしての勉強に励むかたわら、夜はナイトクラブでピアノ伴奏、ブラジルのポップシンガーの編曲など精力的に活動をしていた。

しかし、自国にある音楽理論の書籍や当時のブラジルのボサノヴァ中心のシーン、当時のブラジル国政による圧迫感などから、懲り懲りしたデオダートはアメリカの門を叩く事になった。

そして、このラテンやソウルのノリに目をつけたのがプロデューサーがCTI Records(Creed Taylor Incorporated)の”クリード・テイラー”である。

デオダートとクリードテイラーの出会いは1967年。

当時、CTIで製作していた”ウェス・モンゴメリー”作品でのセッションを通して以来知り合う事となる。

以降、デオダートはCTIを中心とした作品のアレンジャーとしてその才を発揮していく。

これぞ”フュージョン”!世界に初期衝動を起こしたCTI渾身の曲。

まるで、彼らの出会いへの祝砲のように全世界に旋風を巻き起こす新たな福音となったこの一曲

CTIをフュージョンジャズレーベル代表格にまで押し上げた1972年のアルバム「prelude」の一曲目「Also sprach Zarathustra」。

リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲したクラシック音楽でもある『ツァラトゥストラはかく語りき』の序奏部分をベースに、ソウル、ロック、ジャズなどのジャンルの垣根を越えて見事にアレンジ。

ボサノバやラテンと呼ばれる自然賛歌のナチュラルでユニークな音楽性が上手くマッチ.している。

音楽に対する演奏を行う上でのしがらみを取り払い、今では名プレイヤーとして語られるベーシストのロン・カーターやギターのジョン・トロペアの自由なパートソロも必聴だ。

この曲は全米第二位の異例のセールスを記録するなど、ジャズというジャンルを大衆化させた皮切りの作品となった。

後にCTIは、前回にも紹介したピアニストBob Jamesやギタリストの”ジョージ・ベンソン”らを最高峰のプレイヤーに育て上げ、70年代のジャズ界の潮流を駆け昇っていく事になる。

また、その序奏部分をループさせ、各奏者がソロパートを演奏するというのは、サンプリングを元にして作曲する現代のヒップホップと近い感覚だろう。

フュージョン版とクラシック盤を聴き比べる事で、このデオダート・アレンジの魅力を感じ取ることができるでは無いだろうか。

Share
シェアする
Writer
EZ
髪型を最近アフロにしました! だいぶナードちゃんな駆け出しB-BOYです:走る男性:
- Related -

70年代にフュージョンを切り拓いたブラジルからの刺客 ”deodato” ~前編~

ブラジルからたどり着いた青年と起こす新しいジャズ革命。

今回の主人公でもあるデオダートとクリードテイラーはご存知だろうか?

1967年に出会う彼らはジャズ界に新たな旋風を巻起こすことになる。

そもそも、フュージョン、CTIとは?

フュージョンとは、1970年代に生まれたジャズの派生である。

マイルスデイビスやキャノンボールアダレイらのモードジャズ全盛期時代のアメリカンジャズだった1960年代

1950年代のモダンジャズ全盛期から活躍するマイルスデイビスは、1969年 発売の「In Silent Way」にて、ジャズにエレクトリックピアノの導入。

これが後のフュージョンと呼ばれる演奏形態に大きな影響を及ぼす。

しかしながら彼のアプローチは、普段からジャズを聞き慣れていない人たちからすれば、まだコテコテのジャズからは抜け出せていないという印象だったようだ。

元々リオ・デ・ジャネイロ出身のデオダートは、当時ブラジルの大学でエンジニアとしての勉強に励むかたわら、夜はナイトクラブでピアノ伴奏、ブラジルのポップシンガーの編曲など精力的に活動をしていた。

しかし、自国にある音楽理論の書籍や当時のブラジルのボサノヴァ中心のシーン、当時のブラジル国政による圧迫感などから、懲り懲りしたデオダートはアメリカの門を叩く事になった。

そして、このラテンやソウルのノリに目をつけたのがプロデューサーがCTI Records(Creed Taylor Incorporated)の”クリード・テイラー”である。

デオダートとクリードテイラーの出会いは1967年。

当時、CTIで製作していた”ウェス・モンゴメリー”作品でのセッションを通して以来知り合う事となる。

以降、デオダートはCTIを中心とした作品のアレンジャーとしてその才を発揮していく。

これぞ”フュージョン”!世界に初期衝動を起こしたCTI渾身の曲。

まるで、彼らの出会いへの祝砲のように全世界に旋風を巻き起こす新たな福音となったこの一曲

CTIをフュージョンジャズレーベル代表格にまで押し上げた1972年のアルバム「prelude」の一曲目「Also sprach Zarathustra」。

リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲したクラシック音楽でもある『ツァラトゥストラはかく語りき』の序奏部分をベースに、ソウル、ロック、ジャズなどのジャンルの垣根を越えて見事にアレンジ。

ボサノバやラテンと呼ばれる自然賛歌のナチュラルでユニークな音楽性が上手くマッチ.している。

音楽に対する演奏を行う上でのしがらみを取り払い、今では名プレイヤーとして語られるベーシストのロン・カーターやギターのジョン・トロペアの自由なパートソロも必聴だ。

この曲は全米第二位の異例のセールスを記録するなど、ジャズというジャンルを大衆化させた皮切りの作品となった。

後にCTIは、前回にも紹介したピアニストBob Jamesやギタリストの”ジョージ・ベンソン”らを最高峰のプレイヤーに育て上げ、70年代のジャズ界の潮流を駆け昇っていく事になる。

また、その序奏部分をループさせ、各奏者がソロパートを演奏するというのは、サンプリングを元にして作曲する現代のヒップホップと近い感覚だろう。

フュージョン版とクラシック盤を聴き比べる事で、このデオダート・アレンジの魅力を感じ取ることができるでは無いだろうか。

- Related -

70年代にフュージョンを切り拓いたブラジルからの刺客 ”deodato” ~後編~

前編はこちらから
70年代にフュージョンを切り拓いたブラジルからの刺客 ”deodato” ~前編~

究極のグルーブ。時代を超えて熱狂させるジャズ。

この曲を聴けばdeodatoの酔い心地を体感できるのでは無いだろうか。

そして、デオダートの魅力は、ほかの奏者の演奏を邪魔せずに活かす編曲バランスや普遍的なマナーにとらわれない音楽に対しての探究心であろう。

彼の製作した中でもとりわけBPMの早いこの曲は、いまだにヒップホップのイベントで、レアグルーブ愛好家のDJが流す踊れるジャズとなっている。

難しいことは言わないのでとりあえずはこれで踊るのが先決だろう。

サンプリング元としてヒップホップへの影響

サンプル元まで調べる熱心なヒップホップファンであれば完全周知であろうこの一曲、Sun juan sunset。

NYはブロンクスを拠点として活動していたD.I.T.CのMC兼トラックメイカー”Lord finesse”の「gameplan」や商業化されきってしまった2000年代半ばのヒップホップ業界に彗星の如く現れたリリシスト”Lupe Fiasco”の「Paris,Tokyo」などのサンプリング元にも使われ、今も尚ラッパーに愛される一曲となっている。

ロードフィネスもこの曲では、過剰なまでのセックスアピール。

そして、ルーペもショーや製作に追われ多忙で張り詰めた中、会えない恋人に対して寂しい思いを綴っている。

両者のアルバムの中でも異彩を放つメロウソングとなっているが、彼らがこの曲に対して馳せる思いはとてつもない。

長年CTIで培った現場経験、そして多忙なスターへの道を一気に駆け上ったデオダートがふと見つけた癒し。

原点へと還り、リゾートで浸ったその慈愛に満ちた安堵感は、まるで繭に包まれたような感覚に陥る。

最もクールでドープな二人も、この曲を聴き、官能的に心を疼かせた記憶があったのだろう。

活躍の場を広げたフュージョンというジャンル。CTI破産後の奏者達。

1978年にCTIはアメリカにて破産を申告。その後のでオタダートはCTIを抜け、80年代以降は自アレンジャーを中心として裏手に回るが、kool&the gangやearth&the wind fireなどのファンクバンド、近年ではアイルランドの女性シンガーbijokのプロデュースを行うなど幅広いフィールドで活躍する。

デオダートもそうだが、「prelude」でもセッションしたジャズ界フルート奏者”Hubert Raws”の「Land Of Passion」やクインシージョーンズがプロデュースしたジョージ・ベンソンの「Give Me The Night」などのヒット。

彼らがCTIで培ったセンスとキャリアは、CTIが無くなってからも折り紙付きのものとなった。

フュージョンジャズ界で活躍した奏者たちが、その後のポップス界隈で活躍する事を証明した作品。それは、ジャズミュージシャン、そしてオーディエンスの新たな市民権を得た瞬間だった。

CTIを抜けてのワーナー移籍初のアルバム「Love Island」に収録のこの曲。

同アルバムにはドラムのHeavy masonやGeorge Bensonと70年代のフュージョンシーンを彩った豪華メンバーが参加している。

下記に掲載しているlive版の動画では、演奏途中にLupe Fiasco の「Paris,Tokyo」のフロウをそっくりそのままキーボードでアレンジするなど、ブラジル出身の彼らしい茶目っ気が効いている。

仕事など都会の喧騒に疲れた時、この曲にゆっくりと浸ってみてはいかがだろうか。

- Related -

70年代にフュージョンを切り拓いたブラジルからの刺客 ”deodato” ~前編~

ブラジルからたどり着いた青年と起こす新しいジャズ革命。

今回の主人公でもあるデオダートとクリードテイラーはご存知だろうか?

1967年に出会う彼らはジャズ界に新たな旋風を巻起こすことになる。

そもそも、フュージョン、CTIとは?

フュージョンとは、1970年代に生まれたジャズの派生である。

マイルスデイビスやキャノンボールアダレイらのモードジャズ全盛期時代のアメリカンジャズだった1960年代

1950年代のモダンジャズ全盛期から活躍するマイルスデイビスは、1969年 発売の「In Silent Way」にて、ジャズにエレクトリックピアノの導入。

これが後のフュージョンと呼ばれる演奏形態に大きな影響を及ぼす。

しかしながら彼のアプローチは、普段からジャズを聞き慣れていない人たちからすれば、まだコテコテのジャズからは抜け出せていないという印象だったようだ。

元々リオ・デ・ジャネイロ出身のデオダートは、当時ブラジルの大学でエンジニアとしての勉強に励むかたわら、夜はナイトクラブでピアノ伴奏、ブラジルのポップシンガーの編曲など精力的に活動をしていた。

しかし、自国にある音楽理論の書籍や当時のブラジルのボサノヴァ中心のシーン、当時のブラジル国政による圧迫感などから、懲り懲りしたデオダートはアメリカの門を叩く事になった。

そして、このラテンやソウルのノリに目をつけたのがプロデューサーがCTI Records(Creed Taylor Incorporated)の”クリード・テイラー”である。

デオダートとクリードテイラーの出会いは1967年。

当時、CTIで製作していた”ウェス・モンゴメリー”作品でのセッションを通して以来知り合う事となる。

以降、デオダートはCTIを中心とした作品のアレンジャーとしてその才を発揮していく。

これぞ”フュージョン”!世界に初期衝動を起こしたCTI渾身の曲。

まるで、彼らの出会いへの祝砲のように全世界に旋風を巻き起こす新たな福音となったこの一曲

CTIをフュージョンジャズレーベル代表格にまで押し上げた1972年のアルバム「prelude」の一曲目「Also sprach Zarathustra」。

リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲したクラシック音楽でもある『ツァラトゥストラはかく語りき』の序奏部分をベースに、ソウル、ロック、ジャズなどのジャンルの垣根を越えて見事にアレンジ。

ボサノバやラテンと呼ばれる自然賛歌のナチュラルでユニークな音楽性が上手くマッチ.している。

音楽に対する演奏を行う上でのしがらみを取り払い、今では名プレイヤーとして語られるベーシストのロン・カーターやギターのジョン・トロペアの自由なパートソロも必聴だ。

この曲は全米第二位の異例のセールスを記録するなど、ジャズというジャンルを大衆化させた皮切りの作品となった。

後にCTIは、前回にも紹介したピアニストBob Jamesやギタリストの”ジョージ・ベンソン”らを最高峰のプレイヤーに育て上げ、70年代のジャズ界の潮流を駆け昇っていく事になる。

また、その序奏部分をループさせ、各奏者がソロパートを演奏するというのは、サンプリングを元にして作曲する現代のヒップホップと近い感覚だろう。

フュージョン版とクラシック盤を聴き比べる事で、このデオダート・アレンジの魅力を感じ取ることができるでは無いだろうか。

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 【意外と知らない名曲の背景】不倫の歌? Nelly 『Dilemma』リリックの意味とは。
  • 【徹底比較】Sound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いは?
About us
SNS