J ・DillaとNujabesの音楽性を継承する豪州の鬼才ビートメーカー/Ta-ku

2019/10/03

もはや説明不要で世界中のヘッズ、アーティストの両方から絶大な人気を誇るプロデューサーのJ ・DillaとNujabes

今回はそんなトラックメーカー界レジェンド両方のセンスを引き継ぐオーストラリア出身のTa-ku(ター・クー)を紹介する。

彼は現行ビートシーンを牽引するビートメーカー/プロデューサーで、フライングロータス主宰のブレインフィーダー系の流れも汲みつつ、

90sヒップホップや往年のソウルサンプリングにエレクトロまで、多彩な音色を奏でる卓越したビートセンスを持っており、

多数のリミックスやミックステープでのブレイクからBoiler Roomへの出演も果たしている。

また、そのセンスは音楽だけに収まらず、フォトグラファーやクリエイティブディレクターとしての側面も持つ非常に才能溢れるアーティストだ。

(アイキャッチ画像:Twitterより)

メジャーデビュー作となったJ ・Dillaへのトリビュート

Ta-kuサウンドの特徴は何と言っても恍惚とも言えるほど煌びやかなビートだ。

洗練されたソウルサンプリング主体のビートに映画のサントラを感じさせるようなダイナミックで重厚なグルーヴを乗せている為、単なるヒップホップ系ビートメーカーにとどまらない、まさに’’ビートだけで聴ける’’アーティストである。

2013年にドロップされた「50 days・for・Dilla」と題されたアルバムはアナログ盤が即完売、入手困難になりビート界で大きな注目を集めた名盤になった。

実はこのアルバム、J ・Dillaへの敬愛を込めて、50日間毎日1つずつビートを作っていくというBandcampでの企画を「Vo.1」「Vol.2」の2枚に分けてまとめたアルバムなのだ。

J ・Dillaのジャストから若干ズレているように聞こえる独特なビートプログラミングを踏襲しつつ、

極上のメロディーと煌びやかなリフを散りばめたビートはハイ・クオリティで、トリビュートであるにも関わらずJ ・Dillaを受け継ぐ名作として高く評価されている。

珠玉のビート揃いの「Vol.1」で、筆者が特にオススメなのは11曲目と「Day 11」と16曲目「Day 16」。

前者はヒップホップビートというよりはクラシック音楽を硬質な感触のビートで大胆にアレンジしたかのような映画的トラックで、例えるならドラマティックなオーケストラ音楽を聴いているような曲だ。

サンプリング元は「Johnny Harris - Wichita Lineman」

1970年のポップインストの作品にソウルエッセンスとストリート感を混ぜ込むトラックメイキングは見事としか言いようがない。

後者は元ネタのサビフックとバックトラックをほぼ丸々ダイレクトサンプルしたお洒落なループトラックに仕上がっている。

サンプル元は「Uncle James-New York City」

1973年のアーバンソウルをほぼ現代風にリメイクしたと言って良いほどのダイレクトサンプルではあるが、癖になる「Listen to me〜」のフックループと耳触りが良く上品な印象のバックトラックを、心地良いBPMのグルーヴで仕上げており、何度もリピートしたくなる。

J・ディラの言わずと知れた名盤「Donuts」は、1 枚のアルバムを通しての一貫したストーリー性がある作品であったのに対し、本作は1曲1曲ドラマティックな展開の印象があるのが特徴だが、捨て曲なしでひたすらに気持ち良いアルバムに仕上がっている。

Nujabesに捧げる25トラックのトリビュート

日本人として注目したいのが、彼が日本に誇るトラックメーカーのNujabesへもトリビュートアルバムを捧げていることだ。

Nujabesといえば日本が誇るレジェンドプロデューサーで、2010年に急逝した後も高く評価され、普段ヒップホップに馴染みがない人にも人気があるトラックメーカーだ。

プロテニス選手の錦織圭さんもファンを公言しており、コンピアルバムをリリースしているほどだ。

所謂「ゴリゴリ系ヒップホップ」とは対極の流麗華麗なヌジャベスのトラックは日本人のみならず世界中の音楽リスナーを虜にしてきた。

Ta-kuもそんなヌジャベスに影響を受けた1人であり、2015年に公式リリースした「25 Nights For Nujabes」は太いベースラインは残しつつジャジーメロウなインスト集に仕上がっている。

この作品で筆者のイチオシは10曲目「Night 10」と24曲目「Night 24」

前者はTa-ku節全開のループトラックで、心地良いグルーヴのループだけと思いきや、曲の後半ではビートをうねらせたり、本作品がNujabesをリスペクトしたピアノ基調の理路整然とした曲が多い中、遊び心もありつつポジティブな気分にさせてくれる1曲として目立っている。

後者は元ネタの暗めのピアノベースにそのままドラムベースの打ち込みを追加した鬱なトラックで、Nujabesというよりはレディオヘッド(Radiohead)を聴かされているような感覚になる。

鬱な感じとメロウな感触の中間が心地良く感じる人には最高にチルアウト出来る1曲ではないだろうか。

どの曲もNujabesuを連想させる流麗かつメロウなメロディに様々な表情のドラムベースを乗せており、まさにTa-kuのオールマイティなビートセンスを感じる。

2018年には2曲のボーナストラックを追加し、完全版として再リリースされているので要チェックだ。

【まとめ】

アメリカ西海岸から発信され始めた次世代のビートが世界中でシェアされ、そこからまた新たなビートシーンが生まれている。故Nujabesもその1人であり、彼が蒔いた種もまた世界各地で火種が生まれている。

Ta-kuはまさにその火種のループが生んだジャンルレスかつ非凡なビートメーカーであり、世界へと活躍の場を拡げているパイオニアだ。

普段ヒップホップやソウルというジャンルを聴かない人でも彼のビートには心揺れ、単なるチル系とも違うソウルフルで煌びやかな世界観にどっぷりハマるはずだ。

王道のヒップホップからエレクトロ、メロウ系まで網羅するオールマイティなTa-kuのビートセンスを是非チェックして欲しい。

Share
シェアする
Writer
joey
関西在住。元々はロック/ドラムンベース等ヘヴィミュージックで育つも90'sヒップホップに出会い、そのサンプリングからジャズ、ファンク、ソウルビート全般の虜に。経験したライブは邦楽洋楽ジャンル問わず100組以上。日々ジャンルレスなビート探しが生き甲斐。
- Related -

世界で評価され続ける日本のジャズヒップホップ”Nujabes-Luv(sic)”シリーズ - 後編

日本人トラックメイカーNujabesの代表的な作品、「Luv(sic)」シリーズ。前回はNujabes逝去前の3作を紹介しました。今回はNujabesが旅立った後の4~6作目を紹介。

2010年 Nujabesの逝去。

2010年2月26日深夜、東京都港区で起きた交通事故により搬送、搬送先の病院で亡くなった。当時36歳という若さだったこともあり、世界中の多くのファン・アーティストから追悼のメッセージが送られました。

”粉雪舞う一月

ハート温まる二月

いつもは人の太鼓でマーチはしないし

エイプリルフールに踊らされないけど

最良の人が六月の会で歌う

ジュリアス、アウグストゥスのような強い意志

ねえ、僕たちだけなんだ

新しい学期、九月の始まりに

想う、まだ覚えているのかって”

19歳の男の子を追悼するLuv(sic)Part5

Luv(sic) Part5は2012年にリリースされた。若干19歳にして喉の癌により他界したビートボクサー、ジェフ・レザレクシオンの追悼のために制作されたバージョン。Shing02とNujabesの間で次のようなやり取りがあったそうな

p>

死と追悼をテーマにしたLuv(sic.) Part5。シリーズの中でもトラックが暗いイメージを与えるバージョンだが、リリックからは思い出を振り返り死を乗り越えようとする意志を感じる。

”ひとつの木が世紀の終わりまで生きようと

突然、誰かに摘まれてしまっても

命は芸術であり、全員が信じれる奇跡

あなたは美しく生きたんだと伝えたい”

http://www.e22.com/shing02/lyrics/lx_lv5_j.htmより

最終章 Grand Finale と Part6

六部作の完結編が2013年にリリースされたLuv(sic) Grand Finale とPart6 。そう、完結作は2つのバージョンがリリースされたのだ。Nujabesの携帯から見つかったトラックによるものが“Grand Finale”で、宇山寛人によるRemixが“Part6”とされている。

p>

Nujabesへ宛てたとも取れる生と死、再生について綴られたリリック。「6の後には7と8」という表現にもシリーズのファンには感慨深い一曲に仕上がっている。

6の後には7と8

真珠のゲートの暗証番号

天国は待ってくれるって言う

君は運命だと

劇のフィナーレ、友のために

天使が幕を下ろすのが見える

この地形へ

ワインは葡萄のスピリット

始めた事を終わらせよう、テープを切る

僕たちのレコードは回り続ける

http://www.e22.com/shing02/lyrics/lx_lv6_j.htmより

Part6以降も語り継がれる叙情詩

NujabesとShing02によるLuv(sic)シリーズはGrand Finale/Part6にて完結しているが、その後も数々のアーティスト・関係者によってリミックスが発表されている。いかにNujabesとその音楽が世界的に愛されているかが分かる動きだ。2018年2月にもNujabesの追悼イベントが行われ、愛され受け継がれていくLuv(sic)シリーズ。Shing02が歌った「6の後には7と8」は確かに実現している事を深く思う。

2回にわたって紹介したLuv(sic)シリーズ。楽曲リリースの背景やリリックの意味を知るとさらに味わい深いものになったのではないだろうか。Nujabesが残した暖かな曲の数々を聴きながら、お気に入りのLuv(sic)シリーズ、リミックスシリーズを探してみてください。

こちらもCheck!
Bebop
ピアノの音を堪能する音楽8選
- Related -

世界で評価され続ける日本のジャズヒップホップ”~Nujabes-Luv(sic)” 前篇~

惜しまれつつこの世を去った日本人トラックメイカーNujabes。

彼の代表的な曲のひとつに「Luv(sic)」シリーズがある。日本はもちろん世界で愛され続けるジャズヒップホップの名曲、Luv(sic)シリーズの歩みを今回紹介しようと思う。

日本の伝説的トラックメイカー Nujabes

Luv(sic.)シリーズは日本のトラックメイカーNujabesの作品。本名の瀬場 淳(せば・じゅん)を逆さから読んだNujabesを活動名としていた。1995年〜2010年にかけて東京・渋谷を拠点に活動。トラック制作や多くのMCとのコラボレーションで楽曲を発表。細部まで拘り抜いた神秘的な曲が人気となり、パリコレクションでのコムデギャルソンの楽曲担当、「サムライチャンプルー」への楽曲提供など幅広い活動を行うなか、2010年交通事故により逝去した。

そのNujabesの作品の中でもひときわ異彩を放ったのが、MCであるShing02との六部作「Luv(sic.)」シリーズ。

音楽の女神へ宛てた手紙。Luv(sic)

Luv(sic)シリーズはNujabesのトラックにShing02がリリックを乗せて綴る六部からなる叙情詩。「出会い」と「別れ」を経てたどり着いた「再生」をテーマにしていると明かされている。オリジナルシリーズの中でリリースされた楽曲は以下の6曲。

1. Luv(sic)

2. Luv(sic) Part 2

3. Luv(sic) Part 3

4. Luv(sic) Part 4

5. Luv(sic) Part 5

6. Luv(sic) Grand Finale

2015年12月には六部作とリミックスを集めたLuv(sic) Hexalogy (CD)が発売された。

どこかもの悲しさのある1作目 Luv(sic.)

1作目となるLuv(sic)がリリースされたのは2001年。トラックもShing02によるラップもどこかもの悲しさを感じさせる1曲。歌詞のなかでは明示はされていないが、生と死、再生について歌われているような内容になっている。

”感覚を失った場所に生気を吹きこみ、すべての疑いの雲を吹き飛ばす

安全な拠り所と呼べる新しい地を探そう

今、それは遠くに感じても、時は近い

二人の想いが飛び立ち、大気を抜けたとき

純粋な音の波は、半永久に旅する

そして、そこで必ず君に会えるだろう!”

http://www.e22.com/shing02/lyrics/lx_lv_j.htmより

911直後にリリックが綴られたLuv(sic) Part2

Luv(sic) Part2 は2002年に初めてCDに収録された。Shing02がInstagramで「リリックの原稿は911直後に書いた」と明かしていて、歌詞の内容からも争いに関する表現が見て取れるだろう。

”僕が何を考えているかというと

沈みかけた船から、子供たちを救う方法

だから僕は歌う、決まり文句の口パクでなく

戦車やミサイル、銃を持った不良政治家共に対抗する

人類の家族の中では、色々な立場があるけど

ひとつになることの力を理解する時がようやく来た

すべての法則は太陽の下で等しい、そうありますように!”

http://www.e22.com/shing02/lyrics/lx_lv2_j.htmより

音楽についてLuv(sic) Part3

2014年にリリースされたLuv(sic) Part3 はヒップホップらしいビートは少し抑えれていて、リリックは音楽について触れられている。

”ぜんぶ、レジに返せば良い

また、缶カラから始めよう

小さく光る破片を集めよう

彗星のように来て去っていく瞬間を”

http://www.e22.com/shing02/lyrics/lx_lv3_j.htmより

まとめ

直接的な表現ではなくどこか叙情的に生と死、再生について書かれたLuv(sic)。Shing02の視点から切り取られたLuv(sic)の世界は、生きるものへの賛美と、いつか命が終わることへのもの悲しさを合わせ持っているようにも感じる。前半ではNujabesの逝去前までの3部作を紹介したが、後半では六部作の4~6を紹介する。後半編を是非お待ち頂きたい。

こちらもCheck!
Bebop
Masego、新アルバムリリース後初となる来日公演!@代官山 UNIT
- Related -

世界一の音楽都市メルボルンを代表するベテランDj Mr Lob。

日本から飛行機で約12時間、南半球に位置する資源豊富な国オーストラリア。

そんな自然に恵まれた大陸の南東に位置するのが世界1の音楽都市と呼ばれるビクトリア州にある都市メルボルン。

アートと音楽に溢れたまさに世界中のカルチャーが凝縮したアーティスティックな日常は、数年前から世界中のアーティストや観光客を魅了し、ワーキングホリデーや観光で多くの人が訪れ、多文化が合流しカルチャーの進化を現に体感できる夢のような日常を送ることが出来る。

The colourful street art of Hosier Lane, Melbourne. Hosier Lane is a cobbled lane way and a city landmark, mainly due to its sophisticated urban art.

Visaが取りやすいこともあり、日本からも労働・学生Visa、観光で訪れる人は年々増し、バリスタの資格や音楽、芸術の感性を肥やすのに最適の地として注目を集めている。

Ben Clemment | February 2015

少し路地に入ればついさっき描かれたであろう新鮮なストリート・アート、またメイン通りには日ごとに入れ替わるストリート・パフォーマンスが目に飛び込んでくる。

ナイトクラブやフェスも充実しており、まさに人生を楽しむために生きている人たちが集結している都市と言えるだろう。

そこで今回、メルボルンの数々のパーティーを長年支えてきたパーティーのスペシャリストと言えるベテランDJの1人でもあるDj Mr Lob(ディージェイ ミスター ロブ)という人物を紹介したい。

Mixcloudや自身のラジオ番組で定期的に自身のMixを配信し、ここ数年、世界中の多くのファンから指示されているDJ。

主にVinyl(レコード)でfunk、soul、jazz、 hip hop、Latinをエレクトリックにブレンドして届ける彼のMixとファンキー且つソウルフルなプレイは、聴く者・見る者の5感を一瞬でジャックしてしまうスペシャリストだ。

” DJ Mr.Lob とは、、”

1999年にDJとして本格的にスタートした彼は、Fistful of Funk, Strange Behaviour, Car Boot Funk など数多のナイト・クラブでキャリアを積み重ね、現場のグルーヴを瞬時に読み取り、確実にぶち上げるスタイルで メルボルンはもちろん、スペイン、タイなどのビッグフェスからのオファーは後を絶たない。

また、現在世界中のDJの腕の見せ場として主流となっているストリーミング・サービスMixcloudで、
2015年の【Mixcloud Best Eclectic worldwide category】で17位、

2017年、ファンク・ソウル・ジャズ部門で最もよく聴かれた配信で5位の快挙。

今や彼の配信を1,5万人ものフォロワーが待ちわびる、Mixcloud側もイチオシする大御所DJである。

そんな彼の楽曲の中から今回オススメのMixをいくつか紹介したい。

”Mixcloud オススメ DJ MIX”

1つ目は主に7インチ・レコードのみで構成されているファンキーMix。

今すぐ彼のプレイを現場で体感したくなること間違いないだろう。

2つ目はレゲエ調から緩やかに始まるフレンチ・ヒップホップMix。

日曜の午後や爽快なドライブに持って来いの爽やかで心地良い仕上がりのMixである。

3つ目は同じくMixcloudで長年リスナーを楽しませるレゲエ・ヒップホップDJのGeneral'PとのコラボMix。

こちらは二人のHiphopグルーヴが見事にかけあった人気のMixである。

3つめは、2017年にメルボルンのWonderland Barでの6時間Setを収録したというSoulMix。

彼曰く、夕方から始まるイベントにはソウルから始めるのが最適だという。

全くセットリストを考えず、その時の雰囲気に合う音楽を提供する彼の腕前が感じれる一貫して気持ちの良いMixである。

4つ目は、数多あるJazzについての世の見解に彼なりのアンサーを提示している『What Is Jazz』シリーズ。

このMixには彼のお気に入りのジャズを詰め込んだだけというメッセージを付け加えて配信しており、自身が感じたものがJazzなんだという彼のJazzへの答えが見受けられる最高のJazzMixである。

最後は、世のジャジー愛好家に届けたいと彼が言うDope Jazzy Hiphop MIX。

落ちるように深く乗りたいヘッズや愛煙家は是非チェックして頂きたい黒さ際立つクールな仕上がりをみせている。

音楽とアートの街メルボルン。

そんなメルボルンのパーティーバイブスを長年上げ続けるベテランDj Mr Lob。

毎週金曜日はGogo Bar、土曜日はSPQR PizzeriaでレギュラーDJとして観客のお酒を勧める彼のプレイは、メルボルンに訪れた際にでも是非一度生で体感して頂きたい。

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 【意外と知らない名曲の背景】不倫の歌? Nelly 『Dilemma』リリックの意味とは。
  • 【徹底比較】Sound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いは?
About us
SNS