US3 ”ロンドン発のド直球JazzサンプリングHip Hop”

2018/12/24

US3 - Tukka Yoot's Riddim

 

 Jazzの音源をトラックに活用したラップミュージックはハードコアで打ち込みの強いビートとはまた一風変わった独特の聴き心地を生み出す。

 本場アメリカのラッパーやグループで言えばA Tribe Cold QuestのQ-tipや、GangstarのGuruといったアーティストがJazzyなサウンドメイクに定評がある。

 今回はアメリカから離れ、イギリスのロンドンを中心に活動するラップグループ、US3(アススリー)をご紹介。

 ロンドンが拠点のUS3もまたJazz Rapの先駆者と呼べる存在の一つだ。

 JazzサウンドをサンプリングしたHip Hopに王道というか、これぞJazzy Hip Hopだ!という明確なポイントはそもそも存在しないはずだが、US3のトラックは一聴してJazz Rapのど真ん中、と感じさせるような聴き心地が大きな魅力だ。

Blue Note Recordからの全曲サンプリング使用OKのバックアップ

 US3の楽曲の特徴としてはフレーズごと大胆に切り取ったJazz音源のサンプリングを行なっているものが、多いためJazzの成分がかなり多めにトラックに残っているところ。

 そのアプローチはどちらかと言えば、Jazzサウンドの上にラップを味付けとして乗せたような構成のため、Hip Hopリスナー以外でもとっつきやすく、良い意味で聴き流しやすいところが魅力。

 彼らのJazzy Hip Hopがド直球であることの秘訣が、Jazzレーベルの大本営、Blue Note Recordから全曲のサンプリング使用の許諾を得ていることにある。 

 US3としての活動当初、 サンプリングの許可を取ることなく楽曲製作していたところ、Blu Note側から連絡が入り、その際に直球にサンプリングして良いか尋ねたのがきっかけだったとうもの。

 その裏付けあってこそのサンプリングがJazzとHip Hopの融合への挑戦を加速させた。

Blue Note Recordイチのヒット曲にもなった「Cantaloop」

 そんなUS3を代表する1曲が「Cantaloop」。

 

 日本のテレビCMにも採用されたこの1曲は大ヒットしたファーストアルバム『Hand on the Torch』に収録されている。

 「Cantaloop」のサンプリング元がハービー・ハンコックの「Cantaloupe Island」。

 US3のメンバーがロンドンのジャズ・フェスティバルでハービー・ハンコックやパット・メセニーといった豪華演奏陣が「Cantaloupe Island」をファンキーにプレイしている様を見たのがきっかけだったとされている。

 こちらが元ネタの「Cantaloupe Island」。

 元々のサウンド感がかなり色濃く残っていることが1聴してわかる。

 ハービー・ハンコックの作品でも代表曲とい呼べる1曲のため、どこかで一度は耳にしたことがあるはず。

 これだけ、はっきりとしたJazzサンプリングにはUS3というグループ名にも込められたメッセージが入れ込まれている。

 彼らがUS3という言葉に込めた3つの要素というものが、一つはJazzを現代に伝えて行きたいというもの、2つ目にHip Hopという若い音楽を取り入れ、新しいものを作り出していくこと、3つ目が若いJazzのミュージシャンをフックアップしていくことである。

 90年代前半にブレイクしたUS3だが、その後もかなりコンスタントにアルバムを発表し続けた息の長いグループだ。

 アルバム全曲通しても聴き疲れしない、心地良いサウンドはどのアルバムにも共通している。

Share
シェアする
Writer
taneda
25歳サラリーマン。
ダンスが趣味。
即興とは何かを考える内にjazzを好んで聞くようになった。
- Related -

スクラッチ・アサシン”ことDJ K-DELIGHT。

40年という若い歴史で、近代の新カルチャーとして確立したヒップホップ。

そのヒップホップを構成する四大要素、Graffiti(グラフィティ)、DJ(ディージェイ)、B-BOYING(ビーボーイング)、MC(エムシー)。

その各々の魅力に触発され、ルーツを掘り下げ、研究を重ね、正解のない自分なりの答えを追い求め続けるヒップホップの旅が始まっていく。

”ヒップホップとは一体何か。”

各々が導きだしたヒップホップの定義を再確認するため、また今日もスキルを磨く。

そこで今回は、約20年以上もブレイク・ビーツを愛し、研究に研究を重ね続けた”スクラッチ・アサシン”ことUKの良質ブレイク・ビーツDJ ”K-DELIGHT(ケー・ディライト)”を紹介したい。


彼と言えば、その洗礼されたスクラッチ・アンサンブル。

ここぞといタイミングで擦りを入れる彼の楽曲の数々は、まさにDopeの一言だ。

"K-DELIGHTとは、、"

イングランドはマンチェスターに拠点を置くThe Jeep Beat Collectiveの初期メンバーでもあった彼。

The Jeep Beat Collectiveと言えば、スクラッチをアートとして世界に再定義させた集団として有名であり、彼らのアルバム『The Technics Chainsaw Massacre』はアメリカのCMJカレッジ・ラジオ・チャートで1位を獲得している。

また、ヒップホップ・カルチャーに於ける最重要組織”Zulu Nation”のメンバーでもある。

彼のキャリアの始まりは、同郷のターンテーブリストDJ YODAとのUKツアーからだ。

各会場でフロア・ジャックを連発し、多くのヘッズの心を掴んだ彼の名は次第に広まり、

2005年にUKで最も成功したグラフィティ・アーティストTemperとのライブ・ミックス・セッション動画は世界的に大きな反響を呼んだ。

同年に参加したDMCツアーで世界的に注目を浴びだした彼は、
Jazzy Jeff、Rahzel、Wu Tang Clan、Biz Markie、Cold Crush、Souls of Mischief、Cash Money 等のビッグ・ネーム アーティストのサポートDJを行い、現在の地位を確立した。

"スクラッチ"

Jazzy JeffやCash Moneyに大きな影響を受けていると語る彼だが、その極限にまで磨かれたスキルフルなターンテーブル・テクニックに無駄はない。

ヒップホップはもちろん、ブレイクス、ソウル、レゲェ、ファンク、エレクトロまで、巧みに扱いこなす彼の音楽幅と選曲は圧巻の一言。

こちらのDef Jam Sessionでの彼のスクラッチと熟練の手さばきは是非一度ご覧頂きたい。

"DJ KENTARO"

ここ日本に置いても根強いファンを持つ彼だが、日本が誇るDJ KENTAROとのコラボは大きな話題を呼んだ。

DJ KENTAROと言えば、2002年のDMC ワールド・チャンピオンで日本を世界に知らしめた重要人物としてご存知の方は多いと思う。

2006年にリリースされた『The Real Things』では、K-DELIGHTが手掛ける未来的ファンクの硬派なビートにVoodoo Guru、Evil ED、そしてDJ KENTAROと豪華客人を招いたB-BOYを真から揺すぶる最高傑作となっている。

"最後に"

世界的に一般常識となった”DJ”、”スクラッチ”という言葉。

今では様々な場所にDJブースが設置されており、目にする機会も多くなってきたのではないだろうか。

その甚だしいパフォーマンスの裏には音楽への愛はもちろん、日ごろの練習と研究など、多くの時間が費やされているのだ。

今後DJのパフォーマンスを観る際には是非、そういった目線でも見ていただきたいと思う。

- Related -

US3 ”ロンドン発のド直球JazzサンプリングHip Hop”

US3 - Tukka Yoot's Riddim

 

 Jazzの音源をトラックに活用したラップミュージックはハードコアで打ち込みの強いビートとはまた一風変わった独特の聴き心地を生み出す。

 本場アメリカのラッパーやグループで言えばA Tribe Cold QuestのQ-tipや、GangstarのGuruといったアーティストがJazzyなサウンドメイクに定評がある。

 今回はアメリカから離れ、イギリスのロンドンを中心に活動するラップグループ、US3(アススリー)をご紹介。

 ロンドンが拠点のUS3もまたJazz Rapの先駆者と呼べる存在の一つだ。

 JazzサウンドをサンプリングしたHip Hopに王道というか、これぞJazzy Hip Hopだ!という明確なポイントはそもそも存在しないはずだが、US3のトラックは一聴してJazz Rapのど真ん中、と感じさせるような聴き心地が大きな魅力だ。

Blue Note Recordからの全曲サンプリング使用OKのバックアップ

 US3の楽曲の特徴としてはフレーズごと大胆に切り取ったJazz音源のサンプリングを行なっているものが、多いためJazzの成分がかなり多めにトラックに残っているところ。

 そのアプローチはどちらかと言えば、Jazzサウンドの上にラップを味付けとして乗せたような構成のため、Hip Hopリスナー以外でもとっつきやすく、良い意味で聴き流しやすいところが魅力。

 彼らのJazzy Hip Hopがド直球であることの秘訣が、Jazzレーベルの大本営、Blue Note Recordから全曲のサンプリング使用の許諾を得ていることにある。 

 US3としての活動当初、 サンプリングの許可を取ることなく楽曲製作していたところ、Blu Note側から連絡が入り、その際に直球にサンプリングして良いか尋ねたのがきっかけだったとうもの。

 その裏付けあってこそのサンプリングがJazzとHip Hopの融合への挑戦を加速させた。

Blue Note Recordイチのヒット曲にもなった「Cantaloop」

 そんなUS3を代表する1曲が「Cantaloop」。

 

 日本のテレビCMにも採用されたこの1曲は大ヒットしたファーストアルバム『Hand on the Torch』に収録されている。

 「Cantaloop」のサンプリング元がハービー・ハンコックの「Cantaloupe Island」。

 US3のメンバーがロンドンのジャズ・フェスティバルでハービー・ハンコックやパット・メセニーといった豪華演奏陣が「Cantaloupe Island」をファンキーにプレイしている様を見たのがきっかけだったとされている。

 こちらが元ネタの「Cantaloupe Island」。

 元々のサウンド感がかなり色濃く残っていることが1聴してわかる。

 ハービー・ハンコックの作品でも代表曲とい呼べる1曲のため、どこかで一度は耳にしたことがあるはず。

 これだけ、はっきりとしたJazzサンプリングにはUS3というグループ名にも込められたメッセージが入れ込まれている。

 彼らがUS3という言葉に込めた3つの要素というものが、一つはJazzを現代に伝えて行きたいというもの、2つ目にHip Hopという若い音楽を取り入れ、新しいものを作り出していくこと、3つ目が若いJazzのミュージシャンをフックアップしていくことである。

 90年代前半にブレイクしたUS3だが、その後もかなりコンスタントにアルバムを発表し続けた息の長いグループだ。

 アルバム全曲通しても聴き疲れしない、心地良いサウンドはどのアルバムにも共通している。

- Related -

ギャングスタラッパーに惚れた "お騒がせセレブアーティスト"

ブリトニー・スピアーズのデビューアルバムとこれまでの功績

日本での愛称ブリちゃんこと、アメリカのPOP歌手Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ)。

16歳でリリースしたデビューシングル「...Baby One More Time」(1998)は全世界で915万をも売り上げ、世界19カ国でプラチナ・ディスクを受賞。

また、同名のデビューアルバムは、全世界で3000万枚のセールスを記録し、こちらも35ヶ国でプラチナ・ディスクを獲得。

過去5回のグラミー賞を受賞し、若かれし頃から成功に成功を重ねた、キャリア抜群のアメリカを代表するトップ・シンガーである。

Britney Spears

ママでありながらセレブリティ溢れる生活でゴシップも

現在2児の母である彼女だが、

度々、男関係でのスキャンダルで世間を騒がす

”お騒がせセレブ”としても超有名である。

そこで今回は、数多ある彼女の"お騒がせ"の中から、

2011年にリリースしたMV「Criminal」を紹介したい。

過激すぎる描写が多いMVとして、今も尚人々の記憶に残る「Criminal」。

その理由は、MV中の過激な性描写。

当時交際中であった新しい彼氏の登場に加え、その彼との全裸でのSEXシーンの描写が賛否両論はあったが、ひとまずこちらの作品をご覧頂きたい、、

しかしこの作品、確かに過激ではあるものの、ストーリーとしてはとても面白く、

彼女のリリックがうまく再現されているように思う。

まるで1本の短編映画を見終わった感覚だ。

"犯罪者の彼に恋をしてしまい、自分も犯罪者になっていく"

という内容は、あの60年代後半のアメリカ映画「俺たちに明日はない」を思い出させる。

Britney Spears

原題「Bonnie and Clyde」のこの映画は、30年代にアメリカで実際に存在したBonnieとClydeという男女2人組の強盗の話をモチーフにした有名な映画である。

"悪い男に恋をしてしまったが、恋をしてしまったのだから、、"

そんな想いを綴った彼女の歌詞(和訳)は、こちらから↓

当時、本物のギャングスタだったSnoopDoggのファンでもある彼女。

ところで、今回紹介した「Criminal」にSnoop、Mann、lyazがフューチャリングした「Criminal(S.I.R.Remix)」はご存知だろうか。

クールなギャングスタ・ラップに彼女のセクシーボイスが上手く調和したこの一曲も是非チェックして頂きたい。

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 不倫の歌?意外と知らない名曲の背景 Nelly 『Dilemma』リリックの意味。
  • おすすめの音楽アプリSound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いを解説!
About us
SNS