シカゴ生まれのハウスDJが残してきた伝説的ミックステープ

2019/09/10

まずはこちらのミックスを聴いてもらいたい。

これは1998年に作成された二個目のミックステープである。

DJ Mark Farina ~シカゴ生まれのハウスDJ~

上記のミックステープは1992年からDJ Mark Farinにより継続的に作成されている。

ちなみにDJ Mark Farinahaはご存知だろうか?

彼はイリゾイ州シカゴに生まれたDJで、シカゴハウス、アシッドジャズ、ダウンテンポでの作品がよく知られている音楽家だ。

彼のハウスへの出会いは、シカゴハウス界のキープレーヤーとして知られるDerrick Carterと仲良くなった事にある。

その後ハウスに興味を持ちながらも、ディープな曲調のものやDe La Soul、ディスコまで様々なスタイルを、違うクラブで流し、客の反応を見ていた。

ハウスのスタイルを確立させていく一方、彼は今回の記事でもフォーカスしている”Mushroom Jazz”

というアシッドジャズを作り出して行く。

(https://twitter.com/djmarkfarina?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthorより)

Mushroom Jazz ~様々な要素が含まれた音楽作品~

多くのファンが彼のダウンテンポに魅了され、彼はサンフランシスコで"Mushroom Jazz club night"というイベントを開く。

これが1992年の事だ。

このイベントは毎週月曜日の夜に行われ、最初数ヶ月は100人ほどであったが、2年後には600-700人を集めていた。

時が流れるにつれ、彼は"Mushroom Jazz"というアシッドジャズの制作に自分のエナジーを注ぎ始める様になった。

そして3年後にはクラブが閉店し、イベント名と同じ名前である"Mushroom Jazz"というCDテープの作品が残されていく。

最新の作品は8であり、2016年まで定期的に配信されている。

また自身は様々な場所でツアーを行い

自分の仕事について

"私の仕事はできる限り様々な場所に、新しい音楽を持ち込み、ある意味隠されていたバイナルを世に送り届ける事だ"

と語っている。

様々な音楽要素が詰まっている彼の作品は必聴だ。

ミックステープ

Share
シェアする
Writer
hook
90'sのラップを愛しています。
それに派生してルーツであるブラックミュージックを良く聴きます。
ラップは自己の表現方法の一つだと思っています。
Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 【意外と知らない名曲の背景】不倫の歌? Nelly 『Dilemma』リリックの意味とは。
  • 【徹底比較】Sound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いは?
About us
SNS