カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.3”Graduation”

2018/12/21

Kanye West - Homecoming

 カニエ・ウェストはラッパーとして決して実力派ではないにせよ、世界的に影響力を持つ逸材であることは間違いない。

 これまでもカニエ・ウェストのディスコグラフィーからこれまでの彼の活動を振り返って来た。

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.1 "The College Dropout"

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.2 "Late Regisration"


 今回は2007年リリースの3rdアルバム『Graduation』でのカニエ・ウェストの試みをピックアップしていく。

同日リリース:カニエ・ウェスト VS 50cent!?グラミー賞を受賞する事になったアルバムはどちら?

 前作から丸2年間を開けての3作目となった『Graduation』は50centの『Curtis』と同日リリースということで、全米がカニエ・ウェスト VS 50centのセールス対決という構図を固唾を飲んで見守っていた。

 アルバム発表に当たって先行のシングル「Stronger」が大ヒットしていたことや、元々リスナー層の幅の広さを強みにしていたこともあり大方の予想はカニエ・ウェストの方が良く売れるだろうというものであった。

 結果としてセールス面では下馬評通りカニエ・ウェストが大きく水を空けて勝利?する形となり、『Graduation』は翌年のグラミー賞にて最優秀アルバム賞を受賞する。

「Stronger」エレクトロ・ハウス音楽の雄"ダフトパンク"をサンプリングして大ウケ

 『Graduation』からの先行シングルで、大ヒットした1曲が「Stronger」。

 エレクトロ・ハウス音楽の雄、ダフトパンクの「Harder,Better,Faster,Storonger」をサンプリングしたこの曲は大きく話題を呼んだ。

 原曲がしっかりわかる形での大胆なサンプリング手法自体はカニエ・ウェストらしいのだが、これまでの彼にはここまではっきりとしたエレクトロサウンドへの傾向はなかっただけに、このシングルは大きく予想を外した作風だった。

 

 今でも親日家と知られるカニエ・ウェストだが、この当時は特に日本からインスピレーションを受けていたことがMVの撮影地や微妙に間違ったカタカナからも見て取れる。

 アルバムのカバーアートを担当したのも日本のポップアーティストである村上隆。

 1、2作目から一風変わったジャケットとなったため賛否はあったが、元々美術系の大学に通いアートに傾倒していたカニエがここに来てより大胆なデザインをチョイスし、音楽的にもよりアーティスティックなアプローチを取り出したことが伺える。

カニエ・ウェストがアルバム『Graduation』で見せた新しいヒップホップのスタイル

 カニエ・ウェストがその1、2作目のアルバムにおいて残した功績は、当時のヒップホップシーンにおける元ネタの匂いを消したサウンドメイクが主流となっていたところに大胆なサンプリングの気持ち良さを再認識させ、古き良きヒップホップのあり方を新しい形で提示し直したことにある。

 そういう意味でカニエ・ウェストは新しい流行を自身の手で生み出してシーンに発信していったと言える。

 もちろん『Graduation』においても前作までの流れを組むカニエ・ウェストらしい音作りもあるのだが、ほとんどの楽曲が極限までクリアにサウンドメイクされていて、クラシックなソウルサウンドの引用における良い意味での”ザラつき”は姿を消している。

 当時の現行ポップサウンドの潮流をカニエ・ウェストは楽曲に取り入れることを厭わなかったのだ。

 ハードコアなヒップホップを愛するラッパーはその時代時代における流行りの音楽をどちらかと言えば斜に構えて1歩距離をおいて見ることが多い。

 それはやはり自分のスタイルを確立しているが故の信念があるからであり勿論一つの正解だし、アイデンティティを貫いている様というのはクールに映る。

 しかしカニエ・ウェストは流行のサウンドやポップス的なアプローチをむしろ進んで取り入れたがる。

 彼の凄いところの一つが、流行に乗っかっているのだと後ろ指を差されることを気にせずに、自分自身が良いと感じたものに対しては積極的に採用する圧倒的な吸収力とその勇気にある。

カニエ・ウェストはこの『Graduation』以降しばらくの間は発表したアルバムについてのインタビューを断り、楽曲についてあれこれ答えない時期を過ごすことになる。

 その思い切りの良さは時に格好の批判対象となるため、実生活や他業種での活動のことはまだしも、音楽的なことについてあまり深く語らないことは彼のクリエイティビティにおいては好判断だったと感じられる。

 


Share
シェアする
Writer
taneda
25歳サラリーマン。
ダンスが趣味。
即興とは何かを考える内にjazzを好んで聞くようになった。
- Related -

カニエ・ウェストの歩みと作り出した歴史Part.5”My Beautiful Dark Twisted Fantasy”

Kanye West - Dark Fantasy

 Kanye West(カニエ・ウェスト)はスキャンダルに塗れ、その自己顕示欲が裏目に出るがあまり、かなり不安定な精神状態に追い込まれる事も一度や二度ではない。

 これまでもカニエ・ウェストのディスコグラフィーから彼の音楽面での彼の功績を辿ってきたが、5枚目のアルバム『My Beautiful Dark Twisted』はその中でも大きな意味を持つ重要なアルバムになった。

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.1 "The College Dropout"

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.2 "Late Regisration"

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.3”Graduation”

カニエ・ウェストの歩みと作り出した歴史Part.4 ”808s & Heartbreak”

 カニエ・ウェストのやらかしと苦悩

 2008年の『808s & Heartbreak』から『My Beautiful Dark Twisted』に至るまで間はカニエ・ウェストのナルシズムや極度の二面性といったようなキャラクターの部分が今まで以上に大きく世間に”バレた”時期でもあった。

 その悪い意味でタダ者じゃない人間性を象徴する事件が2009年のMTVビデオ・ミュージック・アワードの受賞式。

 最優秀女性アーティスト・ビデオ賞を受賞したテイラー・スウィフトのスピーチ中に泥酔した状態で乱入。ビヨンセが受賞すべきだという旨の言葉を放ち会場を騒然とさせた。


Kanyewest5

 翌日に、注目のバラエティ番組の初回放送のゲストとしてカニエは登場し、その場でVMAの件について謝罪したため騒動は一時的に落ち着いたが、放送直後は極悪人扱いの大バッシングを受けていた。

 この騒動の後にカニエ・ウェストは一度、表舞台を去りハワイ、ホノルルでの隠居生活を過ごす事になる。

 しかし、この世間からの冷ややかな視線から逃げるようにして向かったホノルルでカニエ・ウェストはとんでもない魔作『My Beautiful Dark Twisted』を生み出す。

豪華な客演を迎え制作された『My Beautiful Dark Twisted』

 世間から大バッシングを受けつつも、カニエ・ウェストの音楽的才能は特に同業者であれば誰もが認めるところであり、ホノルルのスタジオには壮々たる面々が集まっていた。

 DrakeJay-ZMadlibQ-tipRZANicki Minaj、、、当サイトでも過去に取り上げたスーパースター達を集めて彼の5作目のアルバムは製作された。

 この「Monster」にもRick Ross、Jay-Z、Nicki Minajが登場する。

 この布陣を扱ってただのコラボレーション作品とするのではなく、それぞれが醸し出すどこか狂気的な雰囲気を1曲にまとめあげてしまっている。

 新旧織り混ざった絶妙なトラックメイクと共にプロデューサーとしての才覚が爆発している1曲だ。

アートとして誇大されたカニエのアイデンティティ

 自業自得でもあるのだが、やはり世間からのカニエに対するバッシングやしつこくスキャンダルを狙うカメラマン達は彼を苦しめた。

 しかし、その苦悩すら自分の中で正当化させアートに昇華させてしまう異常なまでのメンタリティがカニエ・ウェストにはある。

 

 アルバム収録曲の「Runaway」のMVはなんと34分にも及ぶ超大作。アルバム中の他の収録曲も登場するショートフィルムになっている。

 「Runaway」では”ダメな自分”というという目線を持ったカニエ・ウェストが失意の中で哀しげに歌っている。

 しかしショートフィルム全体を通じてみれば、登場するフェニックスにカニエ自身の存在を重ねていて、その得意なアイデンティティを自己肯定しているような解釈を促しているようにも感じられる。

 もう一つのシングルカット曲「POWER」では批判されようが、自分の尊厳と表現意欲の元、何ものにも左右されず力を使い果たすのだという強い意志を感じさせる。

 キング・クリムゾンの「21st century schizoid man」をサンプリングしたこの1曲においてカニエ・ウェストはもはやダークヒーローのような様相を呈する。

 結果このアルバムはカニエ・ウェストのキャリアの中でもとりわけ大絶賛を受ける超名作として取り上げられる事になる。

 辛口メディアとして知られるピッチフォークから10点満点の最高評価を受け、翌年のグラミー賞受賞。

 カニエ・ウェストは潜伏期間を経た後、『My Beautiful Dark Twisted』でまた更に別次元の手腕を発揮したのだ。

- Related -

カニエ・ウェストの歩みと作り出した歴史Part.4 ”808s & Heartbreak”

 Kanye West(カニエ・ウェスト)という存在はとにかく世間を騒がさずにはいられない。

 時には明らかな過ちとしか考えられないような発言で強烈なバッシングを受ける。

 最近は特にそのキャラクターが音楽性と切り離して考えることが難しくなってしまうほど強大になってしまった・・・。

 そんなカニエ・ウェストのディスコグラフィーを振り返り、彼のこれまで功績をもう一度振り返ることを試みる。

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.1 "The College Dropout"

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.2 "Late Regisration"

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.3”Graduation”


今回はカニエ・ウェストにとって大きな転機となり、ファンを驚かせた2008年の4thアルバム、『808s & Heartbreak』を振り返って行く。

カニエ・ウェスト、ラップやめるってよ。

 とにかく4thアルバム『808s & Heartbreak』の発表はカニエ・ウェストのファンを大きく驚かせた。

 もちろんこれまでも新作発表の度に、期待を常に上回るようにして新しい取り組みを行い続けていた。

 しかし、このアルバムにおいての思い切りは一味違う。

 ついにカニエ・ウェストはこのアルバムにおいてはラップをしなかったのだ。

 アルバム全編において、当時の流行の一つであったオートチューンを使用した歌声を悲しげに響かせており、歌詞はすべてメロディに乗せられている。

 もはや完全にヒップホップの領域から逸脱してしまった本作は賛否両論ありつつも、結局はUSチャート1位の土壌を譲ることなく、しっかりヒットさせてしまった。

  かなり思い切った舵の切り方を見せた『808s & Heartbreak』だが、今までの発表作を無視した完全なるR&Bアーティストへの転生というわけではない。

 オートチューンを使用した歌モノとしてのアイディア自体は3rdアルバム『Graduation』の「Good Life」から広がりを見せていったものだ。

オートチューンサウンドを巧みにコントロールするスキル

 オートチューンサウンドの雄、T-Painとのコラボレーションがカニエの興味をこの機械的なヴォーカルの魅力に強く惹きつけ、実際にT-Painにはオートチューンの扱いに関して相談していたのだと言う。

 アルバム全体を通じたエレクトロ・ポップ的なサウンド感覚も前作のダフトパンクをサンプリングしてバカウケした「Stronger」のことを考えれば、温かみがあり穏やかな電子音作りというのもカニエ・ウェストにとってはお安い御用といったところか。

 『808s & Heartbreak』からの先行シングル「Love Lockdown」。

 この曲には比較的単純なエレクトロビートの中にアフリカン・リズムを取り入れており、このあたりの感性はやはりカニエ・ウェストらしい味付けを感じられるし、メロディアスポップながらにこだわりを感じるサウンドメイクだ。

アルバム『808s & Heartbreak』製作の背景とカニエ・ウェストの思いとは?

 表題、『808s & Heartbreak』が指す”808”とは、リズムマシンの老舗であるローランド社の”名機”と名高い「TR-808」のことである。

 1980年に発売された「TR-808」は伝説的なリズムマシン、と言うかリズムマシンとしてルーツ的存在。

 それまでの電子パーカッションはプリセットされたリズムパターンを選択するという単純な用途だったが、この「TR-808」ではリズムそのものをプログラミングすることが可能になった点で革新的な機材であった。

 『808s & Heartbreak』発表の2008年時点においてはもちろん既に古い機材になってはいたのだが、あえてこの伝説の名機を持ち出した少し古臭いサウンドが悲しげな作風にバッチリとマッチしている。

 

 そしてアルバム全編を通じた、悲しげなオートチューンで加工された歌声と”Heartbreak”。

 このアルバムは母親の死と婚約者との破局を乗り越えて発表された作品であり、その不安定な感情のままに製作されたのだ。

 婚約者との破局の後、ハワイでわずか2週間で製作されたこのアルバムにラップが用いられなかったのは何よりも、カニエ・ウェストが悲しみの感情を楽曲にするに当たって、メロディをつける方が当時の感情をありのままに表現できるという一心からなのだ。

 伝えたい思い、表現が第一で、ジャンルやスタイルに捉われないカニエのアーティストとしてのアプローチはその大胆さを踏まえた上でも天才の所業というに十分たるものだった。

 何よりも、ここで示したカニエ・ウェストのサウンドアプローチが後のDrakeA$APのスタイルの流行を生み出していくことになった点においてもカニエにとってだけでなくシーン全体の重要なターニングポイントとなった作品だと言える。

- Related -

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.3”Graduation”

Kanye West - Homecoming

 カニエ・ウェストはラッパーとして決して実力派ではないにせよ、世界的に影響力を持つ逸材であることは間違いない。

 これまでもカニエ・ウェストのディスコグラフィーからこれまでの彼の活動を振り返って来た。

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.1 "The College Dropout"

カニエ・ウェストの歩み,作り出した歴史をアルバムと共に振り返る。Part.2 "Late Regisration"


 今回は2007年リリースの3rdアルバム『Graduation』でのカニエ・ウェストの試みをピックアップしていく。

同日リリース:カニエ・ウェスト VS 50cent!?グラミー賞を受賞する事になったアルバムはどちら?

 前作から丸2年間を開けての3作目となった『Graduation』は50centの『Curtis』と同日リリースということで、全米がカニエ・ウェスト VS 50centのセールス対決という構図を固唾を飲んで見守っていた。

 アルバム発表に当たって先行のシングル「Stronger」が大ヒットしていたことや、元々リスナー層の幅の広さを強みにしていたこともあり大方の予想はカニエ・ウェストの方が良く売れるだろうというものであった。

 結果としてセールス面では下馬評通りカニエ・ウェストが大きく水を空けて勝利?する形となり、『Graduation』は翌年のグラミー賞にて最優秀アルバム賞を受賞する。

「Stronger」エレクトロ・ハウス音楽の雄"ダフトパンク"をサンプリングして大ウケ

 『Graduation』からの先行シングルで、大ヒットした1曲が「Stronger」。

 エレクトロ・ハウス音楽の雄、ダフトパンクの「Harder,Better,Faster,Storonger」をサンプリングしたこの曲は大きく話題を呼んだ。

 原曲がしっかりわかる形での大胆なサンプリング手法自体はカニエ・ウェストらしいのだが、これまでの彼にはここまではっきりとしたエレクトロサウンドへの傾向はなかっただけに、このシングルは大きく予想を外した作風だった。

 

 今でも親日家と知られるカニエ・ウェストだが、この当時は特に日本からインスピレーションを受けていたことがMVの撮影地や微妙に間違ったカタカナからも見て取れる。

 アルバムのカバーアートを担当したのも日本のポップアーティストである村上隆。

 1、2作目から一風変わったジャケットとなったため賛否はあったが、元々美術系の大学に通いアートに傾倒していたカニエがここに来てより大胆なデザインをチョイスし、音楽的にもよりアーティスティックなアプローチを取り出したことが伺える。

カニエ・ウェストがアルバム『Graduation』で見せた新しいヒップホップのスタイル

 カニエ・ウェストがその1、2作目のアルバムにおいて残した功績は、当時のヒップホップシーンにおける元ネタの匂いを消したサウンドメイクが主流となっていたところに大胆なサンプリングの気持ち良さを再認識させ、古き良きヒップホップのあり方を新しい形で提示し直したことにある。

 そういう意味でカニエ・ウェストは新しい流行を自身の手で生み出してシーンに発信していったと言える。

 もちろん『Graduation』においても前作までの流れを組むカニエ・ウェストらしい音作りもあるのだが、ほとんどの楽曲が極限までクリアにサウンドメイクされていて、クラシックなソウルサウンドの引用における良い意味での”ザラつき”は姿を消している。

 当時の現行ポップサウンドの潮流をカニエ・ウェストは楽曲に取り入れることを厭わなかったのだ。

 ハードコアなヒップホップを愛するラッパーはその時代時代における流行りの音楽をどちらかと言えば斜に構えて1歩距離をおいて見ることが多い。

 それはやはり自分のスタイルを確立しているが故の信念があるからであり勿論一つの正解だし、アイデンティティを貫いている様というのはクールに映る。

 しかしカニエ・ウェストは流行のサウンドやポップス的なアプローチをむしろ進んで取り入れたがる。

 彼の凄いところの一つが、流行に乗っかっているのだと後ろ指を差されることを気にせずに、自分自身が良いと感じたものに対しては積極的に採用する圧倒的な吸収力とその勇気にある。

カニエ・ウェストはこの『Graduation』以降しばらくの間は発表したアルバムについてのインタビューを断り、楽曲についてあれこれ答えない時期を過ごすことになる。

 その思い切りの良さは時に格好の批判対象となるため、実生活や他業種での活動のことはまだしも、音楽的なことについてあまり深く語らないことは彼のクリエイティビティにおいては好判断だったと感じられる。

 


Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 不倫の歌?意外と知らない名曲の背景 Nelly 『Dilemma』リリックの意味。
  • おすすめの音楽アプリSound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いを解説!
About us
SNS