Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?

2018/11/16

"ホームレスから一躍、有名人気アーティストへ"

anderson paak

現在LAの最前線で活躍するミュージシャン兼レコードプロデューサーであるAnderson Paak(本名Brandon Paak Anderson)は、1986年カリフォルニア、オックスナードでコリアン・アメリカンの母と・アフリカン・アメリカンの父の間に産まれる。ミドルネームのPaakは韓国の苗字=朴(パク)からきている。

家庭環境は複雑で、当時まだ7歳の頃、父親の家庭内暴力によって血まみれで倒れている母の前を、警察に連行され消え失せていく父の残像が未だに残っているという辛い思い出がある。

そんな彼の唯一の癒しとなるのは音楽だった。

10代の頃から音楽に没頭しており、音楽教師という職に就く。

そこで出会った韓国人の生徒と結婚。暖かい家庭を築きあげる。

しかし、転職したマリファナ農園での仕事を急遽失う事になり、妻と息子を連れてホームレス生活を送ることに、、

運気が回ってきたのは2011年、周りの支えもあって、音楽受注の仕事をしながら自身のデビューアルバムの製作を開始できるようになり、音楽キャリアをとことん積み出す。

2012年、ブリージー・ラヴジョイ名義で発表したミックステープ『O.B.E. Vol. 1』で初めて彼の名前が世に出る。

翌年のAnderson Paak名義で発表したEP「Cover Art」では、白人のフォーク、ロック等のクラシックな楽曲をジャズ、ソウル、R&B、ヒップホップに変換するという逆転の発想が功を成し、徐々に注目を集め出す。

そして2015年、ドクター・ドレが約15年ぶりにアルバムをリリースすると話題になっていたアルバム「Compton」に彼が参加したことにより、Anderson Paakの名前が世界に浸透する。

2016年に9th wonderやScHoolboyQなどを招き作り上げたセカンドアルバム「Malibu」は、称賛の嵐を呼び、グラミー賞を獲得する傑作となり、今の音楽シーンを牽引する一流アーティストの存在へと導いた。

豪華ゲストを迎えた待望のニューアルバム、『Oxnard』(オックスナード)

anderson paak

このアルバムの発表は数か月前からSNSなどで、かなり話題となっている。

それもそのはず。ゲスト陣が豪華すぎる、、

Dr. Dre、Kadhja Bonet、Snoop Dogg、Pusha T、J. ColeQ-Tip

BJ the Chicago Kid、Kendrick Lamar、、

90s好きならチェックせざるを得ないアルバムだ。

そんな待望のアルバム『Oxnard』から先日、MV(ミュージック・ビデオ)も公表されたKendrick Lamar参加の『Tints』を今回紹介したい。

現在のヒップホップシーンで不動の人気を保つKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)とのフューチャリングは今作で3回目。

前2作は、Dr.Dreのアルバム「Compton」から『Deep water』、サウンドトラックでもあった「Black Panther」から『Bloody Waters』と相性抜群の二人である。

今回リリースされた『Tints』は、MV共に2018年のアワードを確実に狙いに来ている力の入りようが見受けられる。

トラックは、夜の雰囲気を漂わせつつも、アップテンポでファンキーな仕上がりとなっており、西海岸のドライブにはもってこいの曲調だ。

そして、今話題となっているのがこの『Tints』のMV。

まず一度、目を通して頂きたい。

映画のネタバレサイトを見たくなるような誘発的ストーリーに加え、クオリティの高い映像の仕上がりは圧巻と言わざるをえない、、、

"アンダーソン・パークのシングル『Tints』(ティンツ)から読み解く現代社会"

anderson paak

〈Tint〉という単語について、

着色、陰影、サングラス…などの意味合いがあり、Window Tintingは、スモークがかった窓を意味するなど、"なにかを隠す"というニュアンスが込められているこの言葉。

では、『Tints』というこの曲には一体どういったメッセージが暗示されているのだろうか。

まず初めに、MVから読み解いていきたい。

MVの冒頭に出てくる

"Believe NONE of what you hear and only HALF of what you see"

という文。

この言葉は、アメリカの詩人作家であるEdgar Allan(エドガー・アラン・ポー)が1845年に残した言葉で、

"聞いたことは全て信じるな、見たものは半分信じろ"

というアメリカのことわざである。

anderson paak

続く、下着姿の女性が飲み物を取りながら、

"I really wants to live in an unmasked world"

"隠し事なしの世界に住みたい"

と、不安げに男性に語るシーン。

そして、『Tints』のイントロと共に男がイメージする世界が始まっていく。

anderson paak

PaakとLamarの二人は、その世界の中で、あらゆる境遇における役を見事に演じきっている。

ここでの登場人物が持つ共通点は、

"他人には見られたくない【裏の顔】を持っている"

という事。

ここで注目してもらいたいのが、どの場面においても、その人の【裏の顔】が始まる瞬間には、それを隠す為の”なにかしら"が存在しており、このMVではその部分にフォーカスをあてているという事が分かる。

ドア、窓、車、画面、カーテン、壁など…物理的に一目を避けれるもの。

つまり"なにかしら"とは、言い換えるなら"自分のプライバシーを守る盾"であることが分かる。

anderson paak

また、曲中に幾度も出てくるPaakのコーラスのフレーズ

"I need Tints"

"私にはTintsが必用だ"

歌詞全体の流れから考えても、ここでの"Tints"の存在は、悲観的というより、楽観的に捉えているようだ。

その意味で、”Tints”というものは本来の自分を解放させてくれる役割を担っているもの、

つまり"Tints"とは、自分を守る盾でもあり、ありのままの自分を出すのに必要な存在という風にまとめることが出来る。

anderson paak

”Tints”で隠された【裏の顔】で本性を剥き出しにし、【表の顔】で自身を抑制しているという矛盾した相互の関係性は、私たちが共存する現代社会での〈生き辛さ〉そのものを表しているのではないだろうか。

世界的に有名になったアーティストAnderson Paak とKendrick Lamarという二人の人間も直面している、世間のイメージによって作られた自分と本当の自分との葛藤、、、

その上で、

”〈Tints=隠し事〉というものは私たちの社会では、あって当たり前の存在"

と、明るく導いた彼らなりの考えを、今回『Tints』という曲を通して、同じ社会で葛藤している私たちに向けて伝えようとしているのではないだろうか。

"生き辛いこの世の中だけど、今日はドライブでもして全部忘れようぜ!"

といった彼らの粋のかかった、クールな開き直りソングとも言えるだろう。

2018年のアワードの予感漂う、最高傑作ではないだろうか。

anderson paak

ちなみに、動画の2:45あたりには今週発売のアルバム「Oxnard」においてエグゼクティブ・プロデューサーを任されいるDr.Dreとその妻が映っている。豪華客人を招いたAnderson Paakの「Oxnard」も是非チェックして頂きたい。

Share
シェアする
Writer
g.g
We are One.,Peace.
- Related -

生音ヒップホップのレジェンドThe Rootsのラッパーが送るソロ作品。あのエミネムをも凌ぐフリースタイル力とは如何に、、

生音ヒップホップのレジェンドThe RootsのMCとして

 

 生音ヒップホップのレジェンドとして独自の地位を獲得しているThe Roots(ザ・ルーツ)のMCを務めるのがBlack Thought(ブラック・ソート)。

 2018年現在47歳にもなる大ベテラン、Black Thoughtがここに来て発表したソロ名義の作品が『Streams of Thought Vol.1』(発表時は46歳)。

 The Rootsとしての最新作として『End Game』なる作品の発表がまだかまだかと噂になる中でのソロ作品の発表だったが、2018年を代表するヒップホッププロジェクトの一つになった。

 

アーティスト:Black Thoughtとして初のソロ作品『Streams of Thought』

 上で紹介している「Thank You」は初ソロ作『Streams of Thought Vol.1』からの1曲。

 Jay-Zなど数々のトップアーティストのプロデュースを務める9th Wonder(ナインス・ワンダー)が率いるプロデューサー集団The Soul Council(ザ・ソウルカウンシル)とBlack Thoughtの共同製作に当たる本作品。

 「Thank You」の1曲においては9th Wonderではなく、The Soul CouncilのKhrysisがプロデュースしているのだが、そのサンプリングも特徴的だ。

 その元ネタがD'Angeloが2014年に14年越しに発表した『Black Messiah』から「The Charade」。

ソウルやジャズに加えアフリカのニュアンスを含んだD'Angeloの音楽をサンプリング

  

 D'Angelo-『Voodoo』での独自のスタイルと言える、ソウルミュージックにジャズ的で、アフリカへのルーツバック的なニュアンスを含んだ、深みのあり過ぎるスタイルに更に、ロックの味付けを加えて久々に発表されたのが『Black Messiah』。

 一言では語りきれないD'Angeloの作品をサンプリングネタとして使っても、音負けしないBlack Thoughtのリリックセンスはさすがの一言。ベテランだからこその巧みな技術が光る。

 D'AngeloとThe Rootsは2000前後のブラックミュージックシーンをトップとして共に駆け抜けた旧知の仲でもあるし、Black Thoughtにとってこの D'Angelo由来の複雑なサウンドを乗りこなすことは何でもないことなのかも知れない。


エミネムをも凌ぐ!?話題を呼んだBlack Thoughtのフリースタイルラップ

 Black Thoughtのソロ作品を大きく自身で後押しすることになったのがこの前年、2017年にラジオ番組「Hot 97」で披露した10分間に及ぶ圧巻のフリースタイルだった。

 

 Mobb Deepの「The Learning」に乗せてのこの10分間のフリースタイルは大絶賛を受けた。

 生音バンドでのスタイルでのThe Rootsでの活動はそのバンドサウンドに注目が集まりがちであり、ドラマーのQuestloveの存在感も相まって、ヒップホップのMCという評価の中でBlack Thoughtは話題としてピックアップされづらい部分があった。

 しかしこうしていざピックアップされる形でフリースタイルをしてみれば、これだけのことやってのけてしまうのだから、多くヒップホップファンにBlack Thoughtの実力を再認識させることになった。

 最近、Eminemが自身で11分間のフリースタイルをアップロードしたことが話題になったが、このEminemの動画にもBlack Thoughtとどっちが素晴らしいかを比較するコメントが散見され、このBlack Thoughtのフリースタイルのインパクトがいかに強かったのかが伺える。

エミネムが映画の公開に併せて、11分間に及ぶ圧巻のラップフリースタイルを披露。


 重厚なビートとラップが詰まったアルバム『Streams of Thought』は三部作

 『Streams of  Thought』は最初の発表の時点でVol.1がタイトルに付けられていて、全3部作になることが発表されている。

 直近の2018年11月26日に『Streams of Thought Vol.2』がリリース。Vol.1から約半年空けてのハイペースの発表となった。

 重厚なビートにリリカルなBlack Thoughtのラップがバッチリ決まった曲がズラリと並ぶ。

 47歳にして、このハイペースな活動にThe Rootsの新展開も期待できる。Black ThoughtとThe Rootsのこれからに要注目だ。

- Related -

Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?

"ホームレスから一躍、有名人気アーティストへ"

anderson paak

現在LAの最前線で活躍するミュージシャン兼レコードプロデューサーであるAnderson Paak(本名Brandon Paak Anderson)は、1986年カリフォルニア、オックスナードでコリアン・アメリカンの母と・アフリカン・アメリカンの父の間に産まれる。ミドルネームのPaakは韓国の苗字=朴(パク)からきている。

家庭環境は複雑で、当時まだ7歳の頃、父親の家庭内暴力によって血まみれで倒れている母の前を、警察に連行され消え失せていく父の残像が未だに残っているという辛い思い出がある。

そんな彼の唯一の癒しとなるのは音楽だった。

10代の頃から音楽に没頭しており、音楽教師という職に就く。

そこで出会った韓国人の生徒と結婚。暖かい家庭を築きあげる。

しかし、転職したマリファナ農園での仕事を急遽失う事になり、妻と息子を連れてホームレス生活を送ることに、、

運気が回ってきたのは2011年、周りの支えもあって、音楽受注の仕事をしながら自身のデビューアルバムの製作を開始できるようになり、音楽キャリアをとことん積み出す。

2012年、ブリージー・ラヴジョイ名義で発表したミックステープ『O.B.E. Vol. 1』で初めて彼の名前が世に出る。

翌年のAnderson Paak名義で発表したEP「Cover Art」では、白人のフォーク、ロック等のクラシックな楽曲をジャズ、ソウル、R&B、ヒップホップに変換するという逆転の発想が功を成し、徐々に注目を集め出す。

そして2015年、ドクター・ドレが約15年ぶりにアルバムをリリースすると話題になっていたアルバム「Compton」に彼が参加したことにより、Anderson Paakの名前が世界に浸透する。

2016年に9th wonderやScHoolboyQなどを招き作り上げたセカンドアルバム「Malibu」は、称賛の嵐を呼び、グラミー賞を獲得する傑作となり、今の音楽シーンを牽引する一流アーティストの存在へと導いた。

豪華ゲストを迎えた待望のニューアルバム、『Oxnard』(オックスナード)

anderson paak

このアルバムの発表は数か月前からSNSなどで、かなり話題となっている。

それもそのはず。ゲスト陣が豪華すぎる、、

Dr. Dre、Kadhja Bonet、Snoop Dogg、Pusha T、J. ColeQ-Tip

BJ the Chicago Kid、Kendrick Lamar、、

90s好きならチェックせざるを得ないアルバムだ。

そんな待望のアルバム『Oxnard』から先日、MV(ミュージック・ビデオ)も公表されたKendrick Lamar参加の『Tints』を今回紹介したい。

現在のヒップホップシーンで不動の人気を保つKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)とのフューチャリングは今作で3回目。

前2作は、Dr.Dreのアルバム「Compton」から『Deep water』、サウンドトラックでもあった「Black Panther」から『Bloody Waters』と相性抜群の二人である。

今回リリースされた『Tints』は、MV共に2018年のアワードを確実に狙いに来ている力の入りようが見受けられる。

トラックは、夜の雰囲気を漂わせつつも、アップテンポでファンキーな仕上がりとなっており、西海岸のドライブにはもってこいの曲調だ。

そして、今話題となっているのがこの『Tints』のMV。

まず一度、目を通して頂きたい。

映画のネタバレサイトを見たくなるような誘発的ストーリーに加え、クオリティの高い映像の仕上がりは圧巻と言わざるをえない、、、

"アンダーソン・パークのシングル『Tints』(ティンツ)から読み解く現代社会"

anderson paak

〈Tint〉という単語について、

着色、陰影、サングラス…などの意味合いがあり、Window Tintingは、スモークがかった窓を意味するなど、"なにかを隠す"というニュアンスが込められているこの言葉。

では、『Tints』というこの曲には一体どういったメッセージが暗示されているのだろうか。

まず初めに、MVから読み解いていきたい。

MVの冒頭に出てくる

"Believe NONE of what you hear and only HALF of what you see"

という文。

この言葉は、アメリカの詩人作家であるEdgar Allan(エドガー・アラン・ポー)が1845年に残した言葉で、

"聞いたことは全て信じるな、見たものは半分信じろ"

というアメリカのことわざである。

anderson paak

続く、下着姿の女性が飲み物を取りながら、

"I really wants to live in an unmasked world"

"隠し事なしの世界に住みたい"

と、不安げに男性に語るシーン。

そして、『Tints』のイントロと共に男がイメージする世界が始まっていく。

anderson paak

PaakとLamarの二人は、その世界の中で、あらゆる境遇における役を見事に演じきっている。

ここでの登場人物が持つ共通点は、

"他人には見られたくない【裏の顔】を持っている"

という事。

ここで注目してもらいたいのが、どの場面においても、その人の【裏の顔】が始まる瞬間には、それを隠す為の”なにかしら"が存在しており、このMVではその部分にフォーカスをあてているという事が分かる。

ドア、窓、車、画面、カーテン、壁など…物理的に一目を避けれるもの。

つまり"なにかしら"とは、言い換えるなら"自分のプライバシーを守る盾"であることが分かる。

anderson paak

また、曲中に幾度も出てくるPaakのコーラスのフレーズ

"I need Tints"

"私にはTintsが必用だ"

歌詞全体の流れから考えても、ここでの"Tints"の存在は、悲観的というより、楽観的に捉えているようだ。

その意味で、”Tints”というものは本来の自分を解放させてくれる役割を担っているもの、

つまり"Tints"とは、自分を守る盾でもあり、ありのままの自分を出すのに必要な存在という風にまとめることが出来る。

anderson paak

”Tints”で隠された【裏の顔】で本性を剥き出しにし、【表の顔】で自身を抑制しているという矛盾した相互の関係性は、私たちが共存する現代社会での〈生き辛さ〉そのものを表しているのではないだろうか。

世界的に有名になったアーティストAnderson Paak とKendrick Lamarという二人の人間も直面している、世間のイメージによって作られた自分と本当の自分との葛藤、、、

その上で、

”〈Tints=隠し事〉というものは私たちの社会では、あって当たり前の存在"

と、明るく導いた彼らなりの考えを、今回『Tints』という曲を通して、同じ社会で葛藤している私たちに向けて伝えようとしているのではないだろうか。

"生き辛いこの世の中だけど、今日はドライブでもして全部忘れようぜ!"

といった彼らの粋のかかった、クールな開き直りソングとも言えるだろう。

2018年のアワードの予感漂う、最高傑作ではないだろうか。

anderson paak

ちなみに、動画の2:45あたりには今週発売のアルバム「Oxnard」においてエグゼクティブ・プロデューサーを任されいるDr.Dreとその妻が映っている。豪華客人を招いたAnderson Paakの「Oxnard」も是非チェックして頂きたい。

- Related -

9th Wonder「God's Stepson」のサンプリング音楽特集

Nasの名作「God's Son」を自分流にアレンジ

9th Wonder(ナインス・ワンダー)といえば、Nasのアルバム「God's Son」(2002)を趣味程度にRemixした「God's Stepson」(2003)というアルバムをインターネット上にあげたところ、思いのほか反響を呼び、一躍有名になったこで知られていますね。

そんな彼の「God's Stepson」で使われているサンプリングネタを曲ごとに紹介していきたいと思います。

60年代~70年代にかけて活躍したアメリカ、ニューオリンズのFunkバンドThe Metersの『You're a Friend of Mine』(1975)

2.『The Cross』

70年代後半~90年代前半に活躍したアメリカのSoulシンガー・女優のPhyllis Hymanの『Beautiful Man of Mine』(1977)

3.『Made You Look』

60年代後半~70年代前半に活躍したアメリカのポップミュージックボーカルグループThe 5th Dimensionの『Broken Wing Bird』(1968)

70年代に活躍したアメリカのロックバンドSugarloafの『Things Gonna Change Some』(1970)

4.『Last Real Nigga Alive』

アメリカのFunk、JazzドラマーのDoug Hammondの『Moves』(1975)

5.『Hey Nas』

70年代に活躍したアメリカの女性シンガーRoberta Flackの『I'd Like To Be Baby To You』(1977)

6.『I Can』

60年代から70年代に活躍したアメリカのシンガーソングライター・ギターリストのCurtis Mayfieldの『Break It Down』(1977)

NasのI Canについてはこちら、、

http://myhood.jp/nas-for-children-message-song/

7.『Book of Rhymes』

50年代後半~60年代にかけて活躍したアメリカのソウル・ゴスペル・R&BグループThe Impressionsの『You'll Always Be Mine』(1970)上記でとりあげたCurtis Mayfieldはこのグループ出身。

8.『Thugz Mansion』

60年代~80年代前半に活躍したアメリカのシンガーソングライターMarvin Gayeの『It's Madness』(1985)

9.『Mastermind』

ブラジルのボサノバ・ファンク・ジャズミュージシャンSérgio Mendesの『Scarborough Fair』(1968)

10.『Warrior Song』

9th Wonder自身のビート『Flow For Dayz(Instrumental)』

11.『Revolutionary Warfare』

70年代に活躍したアメリカのR&BグループThe O'Jaysの『Let Me Make Love To You』(1975)

12.『Ether』

Gil Scott Heronの名曲『The Bottle』をカヴァーしたことで有名なアメリカのファンク・ソウルバンドBrother to Brotherの『Hey what's that you say』

13.『Second Childhood (Bonus Track)』

70年代前半に活躍したアメリカのR&BグループThe Modulationsの『Those Were the Best Days of My Life』(1975)

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 不倫の歌?意外と知らない名曲の背景 Nelly 『Dilemma』リリックの意味。
  • おすすめの音楽アプリSound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いを解説!
About us
SNS