ニュージャージー出身のラッパーRussが六本木1OAK Tokyoにて来日LIVE

2022.11.17

まずは4ヶ月間にリリースされたCold Wind Blows Freestyle を。
この曲の制作に関するエピソードはわからないが、曲名の通りフリースタイルで作成されていたとしたら相当にヤバい。
後でも紹介するがRussは音楽制作において秀でた才能を持っていると言わざるを得ない人物だ。


What is Russ?

Russはニュージャージの出身で、幼い頃はノースカロライナとケンタッキーで育ち、最終的にはアトランタで生活をした。
よくある話だが、最初は父親の影響で、ギターをはじめ音楽制作のきっかけを得ることになった。
彼がラップを始めたのはなんと7歳の頃で、ビート自体も自身の制作であるというのが彼のオリジナリティを爆発させている所以なのだが、ビートは14歳から制作をしている。
初めてのレコーディングは18歳の時ということで、若かりし頃から音楽制作に大きな時間を費やしてるのだ。
膨大な楽曲を制作した彼だが、当初はうまくいかず、SoundCloudにて毎週音源をアップし始め、注目を浴び始める。
そのキッカケとなったのが下の2曲だ。


その後は(故)Miles Davis やAerosmithも所属するコロムビア・レコードと契約をかわし、ビルボードチャートの上位に名を連ね始める。

自身がビート・リリックの両方を制作していること、現時点で相当な成功を収めていることから、彼のリリックは自身に満ち溢れている。
また、エモーショナルなリリックも彼の特徴にあり、心揺さぶられる表現でファンの心をつかんでいる。

Russ - 3:15 (Breathe)


Russ - Yes Sir 

Russ - Are You Entertained (Feat. Ed Sheeran)

 

What is 1OAK Tokyo?

ワンオークはニューヨークやロサンゼルス、ドバイ、上海など、ワールドワイドに展開する世界的に有名なクラブだ。
それもあって、先日のブルーノ・マーズ日本ツアーの時には、アフターパーティーが実施されたり、セレブなアーティスト達が、来日LIVEを行う、ラグジュアリークラブとして知られている。
ぜひこの機会に覗いてみてはいかがだろうか。


Writer / hook

I love hip-hop and surrouded musics