DIORのCM曲を歌うオーストラリア出身の歌手”Sia”を知っていますか?

2020.11.03

テレビのCMでよく見かけるクリスチャンクリスチャン・ディオールの香水ブランド「ミス・ディオール」のCM。このCMで使用されている曲を歌っているのは、”Sia”という女性アーティストです。今回は、謎多きアーティスト”Sia”とDIORついてご紹介します。

DIORのCM「Chandelier」

DIORのCMと聞いて連想するのは、やはりこの映像ではないでしょうか。このCMでは、2014年に放った大ヒット「Chandelier」(シャンデリア)が使用されています。この曲を歌っているのはオーストラリア出身の女性シンガーソングライターの"Sia”です。


女優のナタリー・ポートマンが橋の上から海へ飛び込んだり、ピンクのオープンカーでビーチに「love」となぞったりするシーンが印象的でしたね。このCMでナタリー・ポートマン がこうつぶやきます。「AND YOU, WHAT WOULD YOU DO FOR LOVE?」(そして、あなたは愛のために何をするの?)この言葉を踏まえて、先ほどの映像を見ると、“愛を得るためには何かを犠牲にしなければならない”というメッセージが伝わります。物事のビターな面に注目しているように思えます。“美しいものは誰でも簡単に手に入るわけではない”と。このDIORのコンセプトに、”Sia”の「Chandelier」は見事にマッチしています。

DIORのCM歌手”Sia” の隠された素顔とその過去に迫る


特有の高揚感溢れるエモーショナルなメロディーと、ハスキー・ヴォイスで、世界的社会現象を巻き起こす"Sia"。そんな輝かしい姿の一方で、ビターな過去もあるそう。かつて”Sia”はアルコール、ドラッグ中毒に苦しんでいたのだとか。その上とてもシャイで、少し前までは目元がすっぽり隠れるほどのカツラを付けて活動していました。テレビの生番組で姿を見せないまま出演したこともあるんだとか。

DIORと”Sia” との絶妙なマッチ

”Sia” の曲は土屋太鳳の出演でも話題になりました。


DIORと「Chandelier」のタッグの深みはこれに留まりません。”Sia” の明るさと暗さを持つように、相反する気持ちに引き裂かれそうになりながらも、「Chandelier」 は壮大な世界観と美しいメロディラインが反発しあっています。言葉と音楽が反発しあうことで二面性が生まれると、楽曲はどんどん研ぎ澄まされていきます。CM中のナタリー・ポートマンの見せる喜びとも悲しみともとれる表情にぴったりです。エレガントであるためには困難を受け入れなければならないという、ブランドならではの思いがうかがえます。これが「Chandelier」が、ただのヒット曲を超えて偉大な名曲である理由です。

いかがだったでしょうか?

関連記事はこちら

Writer / Kira Kobayashi

よく聞く音楽ジャンルはEDM。Alan WalkerのIntroの和音は衝撃をうけました。趣味はスケボー。