今もなお愛されるレアグルーブ。人間発電所の元ネタとなった「I’ll Stil Love You」。

2020.05.04

今もなお愛されるレアグルーブ。

人間発電所の元ネタとなった「I’ll Stil Love You」。


皆さんは、Buddha Brandの人間発電所のサンプル元である曲をご存知だろうか。この曲はデトロイトに拠点を置くゴスペルソウルグループ”King James Version”が1974年にリリースしたアルバム”First Time We Met”に収録されている「I’ll still Love You」である。Japanese HIP-HOPにおけるBuddha Brandの影響力伝々は言うまでも無いが、あまりソウルミュージックサンプル元を普段調べていない人も一度聞いた事はあるのでは無いだろうか。今回は、この「I’ll Still Love You」をサンプル元に使った曲を紹介していこう。

加藤ミリヤ 夜空


日本を代表するR&Bシンガー加藤ミリヤが2004年にリリースしたデビューシングル”Never let go”に収録されている”夜空”である。Dev Largeが別名義H. Konで作曲に携わったこの曲だが、トラックは丸々”人間発電所”である。人間発電所のトラックに、当時高校1年生であった加藤ミリヤの期待と不安が入り混じった赤裸々な歌詞が乗せられている。加藤ミリヤといえば、「ディアロンリーガール 」や「X.O.X.O.」などその他の曲でも様々な曲でサンプリングを行なっている。J-POPシーンでヒップホップ的なアプローチを大衆的なものに押し上げてきたのは、デビューシングルで共作したDev Largeが自然と後押ししたものだったのだろうか。

Terri Walker  Caught Up


2003年にDef Jam傘下にあるDef Soul UKから『Untitled』でデビューしたイギリスの女性ソウル・シンガーTerri Walker。2014年に、イギリスのトラックメイカーJoe Buddhaプロデュースの元発売された「Untitled to Entitled」に収録されている一曲である。曲中では、人間発電所と同じ早回しをしたトラックに、Terri Walkerのネオソウル的な歌唱がとても斬新である。

Buddha Brand 人間発電所


今では、日本語ラップの中でも最重要曲として語られる”人間発電所”。この曲に初期衝動をうけてヒップホップにハマった人も少なくは無いだろう。そして、King James Versionの作り出したこの曲がレアグルーブとして評価され、”First Time We Met”のオリジナル盤は超高額で今も流通されている。誰も知らない曲を探し出し再評価されると言う流れを決定的にしたのも、人間発電所の功績であろう。

Writer / EZ

soul ミュージックが好きなEZです。 好きなアーティストはLUNCH TIME SPEAXとさだまさしです。