2020年02月29日 “My Hood x So Good Doggs”@日本橋K5「B」

2020年02月29日、NYで愛される"Brooklyn Brewery"の世界初フラッグシップ店「B」にて、「MY HOOD ×So Good Doggs」を開催した。 令和初となる閏年のこの日、一つとなった熱気に会場はロックされていく。

2020.03.11

様々なカルチャーをミックスアップしてきたパーティ「MY HOOD」

vol.4となった今回は、ローカル &ハンドメイドを軸に持つ東京発LAベースのコンセプトブランド"So Good Island"とのコラボイベント。

2月29日、NYで愛される"Brooklyn Brewery"の世界初フラッグシップ店「B」にて、「MY HOOD ×So Good Doggs」を開催した。

様々なテイストの"Brooklyn Brewery"が楽しめる「B」にて、寒さを吹き飛ばす盛り上がりを魅せたイベントをもう一度振り返ろう。



Space

Brooklyn Brewery世界初のフラッグシップ店となる「B」は、2020年2月にオープンしたばかり。

LAベースのコンセプトブランド"So Good Island"が店内前方にてブースを開き、ハンドメイドで行うシールを用いたこの世で唯一無二のオリジナルトートバッグ作成は来場者の心を掴んでいた。

その横ではMYHOODの物販もあり、ビールと音楽とファッション、それぞれを求めてやってきた来場者が一つになれる交流が多く見られた。



Open

オープンはオフィス街のサラリーマンやOLが仕事を終え帰宅し始める18時。

広々とした長方形の店内では、DJブース前にてダンスするもの、店内中央にて談笑する人々、端のソファ席にてゆっくりと佇む人など、各々のペースに合わせた楽しみ方でパーティ会場は暖かい空間になっていた。



Party

そして、これらの異種交配に必要不可欠だったのがやはり音楽である。

今回のDJ陣はジャンルや年齢に囚われないキャラクターを魅せつけ、独自のスタイルが光っていた。

序盤はDisco SARAとHAPPFATが、DISCOやhip-hop、Latinなど、肩の力を抜きつつも、心地のいいグルーブで会場を温めていく。

シャイに身構えてたお客さんも身体が温まってきたのか、ぞろぞろとDJブース前に出向き始める。

後半は、Manaha、Shin Holmes、GABAWASHが、HOUSEや90's hip-hopを中心としたノリの効いた曲でフロアを揺らしていった。



Live

最後は、rib hiat motelがLIVEの生演奏を披露。

重厚なベースラインとファンキーで力のあるドラミングは観客を自然とノらせる。

巧みなカッティングにソウルフルなボーカルは、センセーショナルで脳裏に焼きつくパフォーマンスであった。

最後は、イングランドを代表するロックバンド”oasis"の代表曲「Don't Look Back in Anger」を熱唱。

来場者全員が合唱し、会場が一つになった所で幕を閉じた。



エモーショナルでピースフルなイベントとなったvol.4。

次回のイベントでは、どんな物語が生まれるのだろうか。

vol.5に乞うご期待。


Photo

by publicdevice



by Hikaru Morita



Writer / MY HOOD

MusicTripMedia