朝に爽快感漂うリラックスできる曲・BGM5選

2020.03.06

おはようございます音楽好きの皆様。朝から良い気分で起きるためには、良い音楽。リラックスできるアコースティックチルアウトミュージックが流れる部屋で目を覚まして、ゆったりとしたジャズミュージックを聴きながらコーヒーを飲む。そんなモーニングタイムが誰しも憧れる理想型ではないでしょうか。今回は、朝の気怠い目覚めを爽快な目覚めに変えてしまうBGMを5つ紹介。

静かな朝に聞きたいリラックスできるナンバー

July - Noah Cyrus

まずは、Noah Cyrus(ノア・サイラス)のJuly。知る人ぞ知る有名ソング。毎日目まぐるしい日々を送る現代人にとって今一番必要なのは安定なのかもしれません。どこか心の中で、変化が怖くて安定を求めている自分はいないでしょうか。この曲は、上記の内容をテーマとした曲です。アコースティックギターの音色と、優しい歌声は忙しい朝の時間をリラックスタイムへと変えてくれるでしょう。

Lover - Taylor Swift

2019年にリリースされたシングルに収録されているTaylor SwiftのLover。静かな朝に聞きたいナンバーです。ヴァイオリンの前奏に始まり、徐々に楽器が増え、ドラム、ギター、ベース、ピアノ、が追加されていく。徐々に重かったまぶたは開き、良い朝を過ごせること間違いなしでしょう。甘美でピュアなテーマで作られたこのラブソングは、ストーリーを掘り下げることで、よりリラックスした時間を過ごせること間違いありません。

Heartbeat - SALIR

次に紹介するのはSALIRのHeartbeat。優しい歌声とアコースティックギターの心地よい音色で始まるこの曲はゆったりとしたテンポで朝の目覚めを促す。まだまだ有名ではないものの、耳元で囁かれているかのような歌声は、静かな朝にぴったりなナンバーになっています。

朝から気持ちにスイッチをいれるナンバー

Best Part Of Me - Ed Sheeran

Ed sheeranの楽曲の中でもモーニングソングにぴったりなのがこのBest Part Of Me。近年世界的に大人気のエドが最も得意としているアコースティックソング。自分にとって一番魅力的なのは恋人であるあなたがそばにいることであると歌う同曲。そのピュアでありながらも終わりに向けて強くも感じる歌声がまた一日頑張ろうと背中を押してくれます。

Wolf - Big Thief

まだ眠たい目を擦る朝からインディーフォークの世界へ誘うBig ThiefのWolf。自然の中にいるかのように感じさせる繊細な同曲は、フォークミュージックの影響を色こく残したナンバーとなっています。

Writer / Kira Kobayashi

よく聞く音楽ジャンルはEDM。Alan WalkerのIntroの和音は衝撃をうけました。趣味はスケボー。