【ジャズ×アニメ】あの人気アニメのテーマ曲にもジャズが!?

2018.12.05

日本はおろか世界中で人気となり市場が拡大するアニメ市場。子供向けだったアニメーション作品が近年では「君の名は」の大ヒットなど、大人も楽しめる作品としてファンを増やしつつあります。今回はそんなアニメのテーマ曲・オープニング・エンディング曲の中で、JAZZが使用されている作品を集めてみました。

ビッグバンドジャズで華やかな演出

ジャズ×アニメと言えば「ルパン三世」のテーマ曲でしょう。日本人なら皆が知っている曲ですね。

イントロを聴くだけでルパンと分かりますよね。1977年のテレビアニメ放送後、シリーズや劇場版によってオープニング曲のアレンジも変わっています。コアなファンは聴き比べてみてはいかがでしょうか?「ルパン三世」オープニング映像


Cowboy Bebopオープニング


こちらもジャズ×アニメとして有名な曲。アニメを知らない方でもテレビでも使われることが多い曲なので、耳にしたことがあるのではないでしょうか。アニメの内容や劇中歌が大人向け過ぎることから、音楽とDVDの販売で利益を拡大する計画がされたそうです。恐るべしアニメ業界。ゆったりジャズテイストのアニメ劇中歌。アニメで使用されるジャズはビッグバンドジャズだけではありません。アニメが持つ雰囲気に合わせて、ゆったりとしたジャズやボサノバ調のジャズも使用されます。

リストランテ・パラディーゾオープニング曲 - 「マリーゴールド」


フジテレビにて2009年に放送されたアニメ、リストランテ・パラディーゾのオープニング曲です。従業員が全員老紳士というローマの不思議なリストランテを舞台に、従業員や客の群像劇を描いた作品。日本人アーティスト、Orange Pekoeのジャズテイストの曲がよくマッチしています。雰囲気重視。落ち着いたテーマのジャズ曲も。アニメにはテーマが戦争や戦いといったものも多く、作中の雰囲気に合わせたオープニング・エンディング曲が使用されます。明るいだけじゃないジャズ曲を見ていきましょう。

サムライチャンプルーエンディング曲 - 四季の歌


江戸時代の日本を舞台としたアニメシリーズ。江戸時代という設定にも関わらず現代文化がミックスされた世界観で新鮮味のある作品です。この作品の監督がヒップホップカルチャーを好きで、アニメ全編を通じてヒップホップ音楽やブレイクダンスの要素が登場しています。エンディング曲はブラックミュージックであるジャズ。MINMIが歌っていることでも話題になりました。ジャズをテーマにしたアニメも。アニメ「坂道のアポロン」はジャズをテーマにした作品。ひょんなことからジャズドラマーと知り合った主人公を描く物語。名曲の「Moanin'」など劇中を通してジャズが登場します。


映画化されたことでも話題になっていますね。

JAZZ×アニメは想像以上にピッタリ。

いかがでしたか?アニメとJAZZの組み合わせ。思っていたよりもしっくり来る人が多かったのではないでしょうか。音楽にこだわった映像作品も多数存在しています。あなたの音楽の好みに合わせたアニメ作品を楽しんでみてください。

Writer / NACCHAN