ジャズの格好良さってサックスにあると思うんです…

2018.10.20

今回は、サックスの魅力について語ります!新しくジャズバンドを始める方や、サックスを始めるか検討している方に、サックスの音は聴き手にどう響いているのか。どんなイメージを与えているのか。

サックスの楽器としての魅力



サックスのイメージといえば、ジャズらしい大人っぽい響き!私がジャズを聴くようになったきっかけも、サックスのあの独特な、どこか色っぽい響きに虜になってしまったからなんです。はじめはなんとなく聴いていたのですが、いつのまにか、「これサックスの音だ」ってすぐ気付くようになって。艶やかなその音は、その頃の私の耳にとても新鮮に響きました。大人への憧れも強かった時期なので...。しかもサックスは、音だけでなくそのビジュアルもかっこいいんです!


先日、Twitterであるバーのポップを見かけました。ジャズの演奏会をお知らせするポップで黒板に白いチョークで描かれていたのですが、描き込まれていたのは光沢だけ白いチョークだけで、光沢のみがアップでくっきりと描かれていて、すごくインパクトがありました。 光沢の輪郭だけでサックスを連想できるってすごい...。金楽器のもつ光沢と、特徴的なシルエット。サックスのデザイン、くるものがあります!音も見た目も良いなんて。イケボのイケメンと同じモテ要素を備えています。

サックス演奏者の魅力

サックスが実際に使われているところは、正直あまり見たことがありません...。中学高校の吹奏楽部でも、あまり見なかった気がします。そもそも、中学高校の定期演奏会や学内発表ではジャズをあまり聴けませんでした。”アンコールで用意されている一曲” みたいなイメージがのこっています。でも、大学に入ってから金楽器サークルなるものをしりました!学祭の発表でたまに見かけるようになりました。演奏している人も、サックスを持つと色っぽく見えます。サックスを吹いている時の表情とか。うつむきがちな真剣な目付きとか...。想像しただけで、ついため息が…演奏者の内なる魅力まで引き出す楽器、サックス

〜カッコ良い系〜
相棒のOP


セクシー系

Careless Whisper / George Michael


個人的にはこっちのビンテージバージョンがむしろ今風だなと、感じます。ちなみに原曲は1980年代にリリースされています。

1930年代風にアレンジしているアカウントです。おもしろいのでぜひ!演奏者の内なる魅力まで引き出す楽器、サックス

Writer / NACCHAN