DJing/Scratching

2018.10.31

DJingとは?

元来DJには様々な意味、役割が含まれている。

ラジオDJは音楽を紹介、解説しながら曲をかけて番組の司会進行を務める役割があるし、

クラブDJはフロアが盛り上がるような曲を途切れなく流して、クラブ全体の空気感が冷めないように、時には盛り上げるために声を出してパフォーマンスする。

広く、浅く言葉として切り取るのであれば、ターンテーブルやミキサーなど特定の機材を使用し空間にマッチした音楽をスムーズに提供し続ける存在。と言ったところだろうか。

DJは機材の進化に伴って要求されるスキルやそれぞれに与えられる役割も時代と共に大きく変化している。

アナログレコードしかなかった時代にはできなかったことが現在はラップトップ一つで簡単にできてしまったり、技術の進化の影響がモロに出るカルチャーのため、その存在は一義的には定義し難い。

カルチャーの立役者となった3人の重要人物

ここではヒップホップの4大要素としてのDJとして、3人の伝説的な存在を中心にヒップホップにおけるDJの役割のルーツを辿る。


Kool Herc(クール・ハーク)

DJ Kool Herc

Hip Hopの父と呼ばれる存在でもあるKool herc。彼がそう呼ばれる理由は、同じレコードを二枚使い、2台のターンテーブルを使用して曲の一番盛り上がる間奏部分(breakbeats)を流し続ける、という

ヒップホップの根幹的な手法を始めた第一人者だからだ。

当時DJという存在がいなかった訳ではなく、ディスコではすでにDJが流行の音楽をレコードを回していた。

Kool Hercは流行の音楽というよりは少し古いファンクやソウルのレコードを持ち出して、ブロックパーティでダンサーを踊らせていた。

そこで出来上がったのがブレイクビーツを長く保つための、レコードの二枚使いという発想であり、

ここから既に認知されている名曲をさらにパーティを盛り上げるための曲として全く新しいものに作り変えてしまう、ヒップホップの音楽的な構成の種が蒔かれていったのである。


Afrika Bambaataa(アフリカ・バンバータ)

Afrika Bambaataa

Afrika Bambaataaはカルチャーを「ヒップホップ」と定義し、まさにこの内容におけるヒップホップの4大要素を定めた人物である。

元々ギャングの頭であった彼は、Kool HercのDJプレイに影響を受け、自身の主催するパーティでDJとしてプレイした。

彼の功績は多岐に渡るが、それまではぼやっとしか認識されていなかった、DJの音楽やダンス、アート、詩をひとつのカルチャーとしてまとめ上げ、アメリカ全土、さらには世界中にヒップホップの輪を広げていった存在である。

その行動原理にはギャングの抗争、縄張り争いを不毛なものとし、どうにか文化的な活動にそのエネルギーを転換できないか、という思いがあった。

現代に至るまでのヒップホップにおける平和主義的な哲学の祖として最重要人物であると言える。


Grandmaster Flash(グランドマスター・フラッシュ)

DJ Grandmaster Flash

Grandmaster Flashは現在DJの技術として欠かせないスクラッチを広めた重要人物だ。

スクラッチはレコードを擦るように前後させて同じ部分を反復再生させてリズムを刻む技術であり、ターンテーブルを一種のリズムを生み出す楽器として扱うことを始めたという意味でDJの技術の発展の原点とも言える。

彼がヒップホップにおけるBig3として語られる由縁はKool Hercが生み出したレコードの2枚使いによる、楽曲のループ技術をより洗練されたものに昇華させ、広めていったことである。

ターンテーブル選びにおいてはレコードプレイヤーが最大速度に達する速度が速い機材を徹底的に追い求め、

フロアでかかっている曲とは別に次にかける音楽を準備するためにヘッドフォンで音楽を確認するための機材を自作で作るほどであった。

この機能は後に、「CUE」という機能としてDJシステムに当たり前のように搭載される機能となった。

この新しいものを生み出すために追求を重ねる姿勢こそがヒップホップの根幹的な哲学であり、彼がヒップホップに与えた影響は音楽的な要素のみに留まらない。

Writer / MY HOOD

MusicTripMedia