Old School Hip Hop

2018.11.03

Old School Hip Hopとは?

Old School Hip Hopとはヒップホップの黎明期、初期における楽曲、アーティストを指す言葉である。

時代としてはだいたい70年代後半から84年ごろまでの期間のことを表していて、ヒップホップカルチャーの始まりであるブロックパーティーでDJがかける音楽としての性質を多分に孕んでいる。

リリックの内容もパーティーに関する内容のものが多く、社会的に混乱していた時代の中で楽しいひと時を過ごすための音楽として、ディスコやファンクからサンプリングされた楽曲がメインになっていた。

最初期においては、皆でパーティを楽しもうという雰囲気こそが音楽の目的であったため、まだラップという表現の手法自体にフォーカスは当てられていなかった。

基本的には単調な4ビートの拍子とコーラスに合わせて言葉をはさむ、というスタンスであり、パーティが終わるまで平気で何時間も即興のラップをし続けていた。

この時代こそがヒップホップのルーツと呼べる時代であり、ヒップホップを文化として形成するに至った人物達が牽引してシーンを作り上げた。

代表的なアーティスト

この時代を作り上げたのが、

Afrika Bambaataa、Sugarhill Gang、Grandmaster Flash、Spoonie Gee、Newcleus、Treacherous Three、Funky Four Plus One、Kurtis Blow、Busy Bee Starski、Lovebug Starksi、The Cold Crush Brothers、Fab Five Freddy

といったヒップホップ界のパイオニア的存在だ。

このレジェンド達がヒップホップの概念すらなかった時代から、DJとしての技術を生み出して、ラップやダンスにおけるバトルという構造をパーティの一要素として成立させ、後々の時代のヒップホップの進化の種を蒔き続けてきたのだ。

DJはどうすればパーティーやバトルが盛り上がるのかを研究し続け、ミキシングやスクラッチの技術を向上させ、

MCやダンサーはバトルの中でお互いに競い合い、時にはシャレにならない喧嘩もしながら新しい物を生み出すことに夢中になった。

この時代こそが、音楽や文化が常に自分にしかできない新しい物を追いかけ続けるヒップホップにおける根源的な哲学を形成した時代であり、そのヒップホップ精神とも呼べるマインドは現代においても受け継がれている。

Writer / MY HOOD

MusicTripMedia