ラッパーNasのアルバム『God's Son』を勝手にリミックスし、有名になったプロデューサー知ってますか?

2018.11.06


ヒップホップを後世に受け継ぐ教育者としての資質も。


2015年の今日11月6日は9th Wonder(ナインスワンダー)のアルバム『Indie 500』がリリースされた日です。

彼はアメリカ、ノースカロライナ出身のプロデューサーで、有名になったキッカケが2002年のNasのアルバム『God's Son』です。

非公式に『God's Son』を”God's Stepson”というミックスに編集し、インターネットにアップした所、多くの賞賛を受け、プロデューサーとして名を上げる事になります。

彼によると

流行らせる為に作った訳でなく、誰も聞かないものだと思っていた。少し変わった切り口でNasを聴いてみたかっただけ

ということ。


彼の活動に影響を受けたのがJay-ZのスタジオエンジニアであるYoung Guruです。

Guruは9th Wonderにコンタクトを取り、2003年のJay-Zのアルバム『The Black Album』の一曲「Threat」をプロデュースしました。

また9th Wonderは音楽活動以外に学問の道にも進んでいます。

自分たちが使っていたレコードを用いて若者にヒップホップがどういう所から生まれたのか、またその歴史を教える事で、ヒップホップを受け継いでいくというものです。

そんな9th Wonderも制作に関与している『Indie500』というアルバムから「Every Ghetto」という曲を紹介しています。


Writer / hook

I love hip-hop and surrouded musics