元リアルギャング!?カリフォルニアを代表する大麻が大好きなラッパーと言えば?

2018.11.12

西海岸のMCであり、独自のラップフロー

1996年の今日11月12日はSnoop Dogg(スヌープドッグ)のアルバム『Doggfather』がリリースされた日です。彼はカリフォルニア、ロングビーチ出身のラッパーで、映画ストレイト・アウタ・コンプトンを見た人はご存知じゃないでしょうか?Snoop Doggは幼い時に教会で歌とピアノを始め、小学六年生の時にラップを始めています。面白い名前ですが、これは子供の時、両親が外見から彼をスヌーピーと名付けたのに由来しているそう。Dr.Dreにプロデュースされた事がデビューのきっかけになっていて、西海岸でGangsta rapが定着してきた頃から活動をしています。

彼は”ギャングには一度も入った事が無い”とコメントしていますが、the Rollin' 20 Crips gangと言うロングビーチの西部に位置するギャングだったと言われています。事実、コカイン所持で何度も刑務所に入っています。90年代から現在でも活躍する彼ですが、今日は1996年にリリースされたアルバム『Doggfather』から「Up Jump The Boogie」を取り上げています。彼の出身、西海岸のラップスタイルになっているので、東海岸との違いも感じてみてください。


Writer / hook

I love hip-hop and surrouded musics