独特なラップスタイルと雰囲気。そのライムはヘッズの心を虜にする。

2018.11.13

若くして銃殺された90年代のラッパー

1994年の今日11月13日はBig L(ビッグエル)の「Put It On」がリリースされた日です。彼はニューヨーク、ハーレムの出身でフリースタイルが上手いと評判でした。12才の時に、ヒップホップにハマり、地元でラップを始めます。16才の時には3人のグループを組みますが、一度も作品をリリースする事なく解散。1人の脱退の後に、彼はBig Lと呼ばれ始めます。1990年の夏に、Lord Finesseとレコードショップでセッションをした事がきっかけで親交を深め、プロとしての初仕事を行います。それが「Yes You May (Remix)」です。

マック・ミラーも彼に影響を受けていたと語るだけあって、ラップはやはり上手いですね。そんなBIG Lのファーストシングルが「Put It On」です。彼曰く”この曲は初めてのホラーコアシングルだ。ホラー映画は凄く好きでそこから影響を受けているし、俺が実際にハーレムで見てきたものは恐ろしいものだった。だからそれらすべてをライムに詰め込んだのさ”との事。1999/02/15にハーレムで何者かに殺害されてしまいましたが、今も受け継がれているアーティストの一人としてチェックしてください。


Writer / hook

I love hip-hop and surrouded musics