【Billboard(ビルボード)とは?】音楽番組でよく聞くけどその意味知ってますか?

2018.11.15

ニュースなどで「ビルボード1位獲得」と曲を宣伝していることを一度は見かけたり耳にしたりしたことがあるのではないでしょうか。ではいったい「ビルボード」というものはどのようなものなのでしょうか。

「ビルボード」って一体何?その意味は?

Billboard

ビルボードとは、アメリカのビルボード誌に掲載されているCDチャートのことです。全米チャートとも呼ばれています。ビルボード誌では、アメリカ全土のCD売上・曲のリクエスト・オンエアの回数などをチャート別にランキングをつけて週刊で発行している音楽の業界紙です。日本で言えばオリコンチャートが同じものにあたるのでイメージがしやすいのではないでしょうか。

ビルボードは、主に音楽関係の雑誌やイベント主催などを行ったり、音楽の様々な情報や年間のTOP100や最近ではDVDやインターネットのほうでもランキングをつけており、アメリカで最も権威のある音楽チャートの発表もビルボードを代表するコンテンツの一つでもあります。

ビルボードの歴史は1897年からと古く、シングルチャートHot100の原型は1955年からと、どちらも70年、100年…と歴史があるものなのですね。

ビルボードは世界に大きな影響を与えている

mic

アメリカのヒット曲チャートといえば「ビルボード」と言われ、ビルボードチャートは世界で最も権威をもち、アメリカ国内だけでなく世界中の音楽界、アーティストたちに大きな影響を与えるチャートでもあります。

2017年には韓国の「防弾少年団」というグループがアジア人としてビルボードアルバムチャート1位獲得というニュースで流れたときは何気なくニュースを見ていましたが、ビルボードチャート1位というタイトルは、アメリカ、いわゆる全世界にも音楽が認められたというとてもすごいことだったんですね。

日本でビルボードチャートでランキングに入った人は?

坂本九

ところで韓国のアーティストがビルボードにランクインはされましたが、日本人アーティストが「ビルボード獲得」とはニュースで聞くことがあまりないですよね。

残念ながら日本の曲はビルボード自体にあまり掲載されたことがありません。

日本人がビルボードチャートに初めて登場したのが、1963年に発売された坂本九さんの「上を向いて歩こう」です。アメリカでは「Skiyaki」という曲名を変えて発表したシングルが全米で1位を獲得しました。日本人の曲では過去最高です。

[坂本九 ー上を向いて歩こう]


少し前に流行したピコ太郎の「PPAP」も、アメリカのトランプ大統領の孫娘が話題にしたことでも世界中のアーティストが真似したり、とても流行したように思いますがビルボードで見ると77位までしか順位が伸びませんでした。

あまり日本の曲がビルボードに登場しない原因として考えられているのは、アジア人の英語がアメリカの人たちに聞き取りづらいというものがあります。音楽として聞くのに違和感を感じるのかもしれませんね。

まとめ

世界でも権威があるビルボードチャートで1位を獲得、または上位を獲得した、というアーティストは相当すごいことであり名誉なことです。ビルボードに掲載され世界各国に広まることでアーティストと音楽の評価がされるようになるとは、すごいことですね。

Writer / NACCHAN