レッドブルミュージックアカデミーってなに?音楽のあり方を変えるエナジードリンク会社。

2018.11.17

最近では知らない人はいないでしょう。翼をさずけるエナジードリンクRed Bull。球技や格闘技が中心だったスポーツ界で、積極的にストリートスポーツやエクストリームスポーツのスポンサーをスタートさせ、アスリートから支持を受けながら急成長を遂げたドリンクメーカーです。近年ではF1への出資や、スポーツとしてのゲーム、eSportsや音楽イベントの開催など活動の幅を広げています。今回ご紹介するのは、「Red Bull Music Academy」。Red Bullの音楽の学校?早速どんなものか見ていきましょう。

音楽のあり方を変えていく、プラットフォーム

red bull music academy

RedBull Music Academyは実際に音楽学校が建てられているわけではありません。世界中をめぐる音楽ワークショップやフェスを主催しています。参加者は世界各地から選ばれたプロデューサーやボーカル、DJ、演奏家など主体的に音楽活動を行っている30名です。

毎年違う都市にて行われる2週間の音楽学校に参加し、その街で世界レベルのクラブ・コンサート・パフォーマンスが開催されます。RedBullいわく「それは、科学研究室とバビロンの空中庭園とKraftwerkのプライベート・スタジオを足して3つで割ったような場所」だそうです。さすがRed Bull、分かりにくい。

レッドブルミュージックアカデミー4つの構成要素とは?

red bull

1998年からスタートしたRed Bull Music Academyは毎回場所を変え、ベルリン、バルセロナ、ロンドン、ニューヨーク、東京など世界中で開催されてきました。音楽家たちの交差点ともなるRed Bull Music Academyは異なる4つの要素から構成されています。

・オンラインマガジン

・イベント

・レクチャー

・ストリーミング放送

オンラインマガジンをはじめ、レクチャーやライブ音源・DJmixはすべてオンライン上で配信されているため、私たちが興味があるものを見て聴くことができます。世界最高峰のアーティスト・音楽家がともに過ごすことによって生まれるものを、世界中に配信しています。私たちが世界トップレベルの音楽を覗き見ることができるんですね。

世界のコアな音楽が聴き放題レッドブルラジオ。

red bull music radio

音楽好きな方には堪らないのが、Red Bull Radio。DJMixやライブ音源などをストリーミングで聴くことができるのですが、注目すべきはそのディープさ!Red Bullが主導ということもあり、世界中のコアな音源がぎっしり詰まっています。RedBullによるフェス音源はもちろん、世界のどこかのDJが小さなクラブでプレイしている音源や、JAZZFunkHIPHOPのmixも。

ビルボードや流行りだけに左右されない、芯のある音楽が詰め込まれています。音源に「どこの国のどの街か」と記載されているのがワクワクしますね。「Tokyo Underground House」なんてものもありました。渋い。

音楽ファンなら興味あり。レッドブルはレクチャーも深いジャンルを攻めている。

red bull music academy

RedBull Music AcademyのLecturesのページには、世界の音楽家たちよる講義・インタビューが収められています。約1時間半にわたって世界屈指のミュージシャン、演出家、技術者が専門分野について語ります。細野晴臣やErykah Baduの貴重な映像も。コアな音楽ファンにたまらない内容です。

レッドブルはまだまだ攻める。レッドブルのフェスも進化中。


RedBull Music Academyだけでなく、Red Bull Music Festivalも近年では盛り上げりを見せています。2018年には街全体をフェス会場として約1か月に渡って様々なイベントが開催されました。カラオケ店から新進気鋭のアーティストがライブ配信をしたり、通常ダイヤの山手線をフェス開場にしちゃったりと、今年も話題となりました。革命を起こし続ける異端児Red Bull。今後も音楽関連のプロモーションから目が離せなさそうです。

レッドブルミュージックアカデミーサイト

Writer / NACCHAN