Jay-Zに認められフィラデルフィアから世界に旅立ったラッパー。

2018.11.20

ラッパー名の由来は有名な麻薬密売人!?

 2007年の今日11月20日はFreeway(フリーウェイ)のアルバム『Free at Last』がリリースされた日です。Freewayはノースフィラデルフィア出身のラッパーで、この名前は有名な麻薬密売人のFreeway Rick Rossから取ったものだそうです。MCを始めたきっかけは高校で流行っていたラップのフリースタイルバトルで、才能のあったFreewayはすぐに地元のクラブでフリースタイルの強いラッパーとしてよく知られるようになりました。地元でのバトルを中心に地名度を上げた彼は、ビヨンセの夫としてもよく知られるJay-Zが設立したレーベルから、共演作をリリースし、アメリカ全土でその存在感を強めていきます。

『Free at Last』は彼の二枚目のソロアルバムとして、2007年にリリースされ、このアルバムにもJay-Z、50centなど豪華なゲストを客演として迎えています。今回ご紹介するのは後にシングルカットもされた「Roc-A-Fella Billionaires」この曲もJay-Zとの共演作で、Roc-A-Fella Recordとしてヒップホップシーンを引っ張っていき成り上がった自分たち自身をエッジの効いたビートに乗せてレペゼンしています。


Writer / hook

I love hip-hop and surrouded musics