安室奈美恵が最も影響を受けたアーティスト"Janet Jackson"の最高傑作「Alright」

2018.11.22

女性の憧れの存在であり続け、Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)を含むJackson5を実兄に持つ、ジャクソン一家の末っ子、Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)。引退宣言で日本に衝撃を及ぼしたあの安室奈美恵も、最も影響を受けたアーティストと公言している。"Janetのダンスを見て、歌と踊りに興味を持ち、Janetがバラードを歌うのを知り、バラードを取り入れるようになった"と、Janetへの愛は計り知れない。

安室奈美恵も影響を受けたジャネットジャクソンの人気曲

世界中の女性を虜にしてしまう、そんな彼女の最高傑作と言えば、やはり1990年にシングルリリースされた「Alright」と言えよう。


30~50年代のミュージカルを再現した彼女のみが表現できる最高のパフォーマンス。翌年の1991年にはBest Female R&B Vocal Performance 、Best R&B Songの2つの部門でグラミー賞を受賞している。ミュージックビデオには、当時の年代を彩った数々のアーティストが出演、

・40年代に活躍したアメリカの歌手・女優のCyd Charisse。

・"フラッシュ・ダンシング"で知られる、30年代に活躍したダンス界のレジェンドNicholas Brothers。

・ニューヨークのCotton Clubの創設者でもあり、ジャズ界の父親Cab Calloway、、、

パフォーマンス"というものの基盤を作った先輩たちとの共演は、ジャネット本人、夢のようだったと語っている。

サンプリング元の音楽はソウルとファンク

トラックのサンプリングネタは70年代にJames Brownと共に仕事をしていたソウルシンガーLyn Collynsの代表曲「Think(About It)」(1972)。


そして、歌の最後のフック部分は70年代にブームを起こしたアメリカのファンク・ディスコグループB.T. Expressの「Do You Like it」(1974)。


また、「Alright」は後に活躍する多くのアーティストにも大きな影響を与えた。

2011年にはChris Brownがリリースした「Yeah 3X」で、同様のミュージカル形式のMVが発表され、話題を呼んだ。


世界中に"ジャネット・イズム"を巻き起こした彼女だが、昨年、50歳にして待望の第一子を授った。歌・踊り・私生活とバリバリ現役の彼女の今後の活躍はとても楽しみである。最後に、なぜか「Alright」と同年に再リリースされた Heavy Dのラップが入ったバージョンも是非見ていただきたい。クラシックそのものを感じるはずだ。


Writer / g.g

we are one. peace.