チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲

2018.11.27

「Bird」の愛称で知られるCharlie Parker(チャーリー・パーカー)はジャズシーンにおける伝説的存在の一人。同時代に活躍したDizzy Gillespie(ディジー・ガレスピー)と共にビバップ・スタイルをジャズのメインステージに押し上げた第一人者。ジャズのミュージシャンはその演奏への期待値の高さがプレッシャーとなり、酒やドラッグに溺れるケースが多かったのだが、Charlie Parkerも同様、晩年は麻薬と病気、アルコール依存症に犯されていた。今回はその晩年の名作『Now's the time』をご紹介。

ジャズ不朽の名作『Now's the time』


アルバム『Now' the time』の表題曲。『Now's the time』は1957年リリース。この時には既にビバップの旬と言える時期は過ぎていたが、自身の絶頂期を越えてその先に生まれたオリジナル曲は後世に残る名曲が収録されている。 50年代に入ってからのパーカーはアルコールの飲み過ぎでステージを滅茶苦茶にしてしまうことも当たり前のようにやらかしていたらしく、その素行はすこぶる評判が悪かったそうな。しかし一度ハマったときは逆にとんでもなく神がかったプレイをすることでその人気は伝説的なものとなり、あまりにもやんちゃが過ぎる天才はその即興力においては誰しもから尊敬されていた「Now's the Time」はパーカーが作曲した中でも特に有名なブルース調の1曲。レコーディングの依頼を受けたその場で書ききったというこの曲にはビバップ的、チャーリーパーカー的と言えるようなフレーズが連続していて、この時代最高の演奏との呼び声も高く、まさに集大成というような作品になっている。

パーカーが牽引した音楽ジャンル:ビバップとは?

当局MY HOODとしては今まで全くジャズに興味のなかった人に新しい趣味としてジャズを知ってもらいたい、という思いが実は多分にある。これまでもヒップホップを中心に展開しているので、ここではライトに、「ビバップ」自体がそもそも何なのかを紹介。

Bebop1

 40年代に現れたビバップのスタイルは簡単に言えば、新しいジャズを求めたミュージシャン達がアドリブを楽器ごとに代わる代わる演奏するスタイルといったところ。これ以前のジャズはデューク・エリントン楽団やカウント・ベイシー楽団に代表される大人数構成のビッグバンド・ジャズが主流だった。そんなジャズに飽きてきた若手達が自身の腕を競い合うようにして、セッションの中から生まれたのが、音数も多く、演奏の動きが早い「ビバップ」。この流れには41年以降の徴兵によって、ビッグバンドの人員不足が発生し、経費の面からも自然とジャズバンドシーン全体が少人数編成に移っていった、という背景も大きく関与している。そのビバップの代表的な存在がCharlie ParkerとDizzy Gillespie。彼らは盟友とも言える関係であり、多くのミュージシャンが彼らとセッションするためにニューヨークの52番街に集まったんだとか。そこでパーカーやガレスピーの弟子的存在として腕を上げたMiles Davis(マイルス・デイヴィス)がその後のジャズの歴史を大きく紡いでいく。

MilesDavis1


Writer / NACCHAN