音楽チャート占領魔人Drake、様々なリスナーに愛されるラッパーが人気の理由は?

2018.11.29

近年その人気が止まることを知らないDrake(ドレイク)。トップチャートからその名前が消えることはなく、グラミー賞、MTVのVMA賞、BETアワード賞など数々の栄誉を獲得してきた。ヒップホップシーンというよりは、洋楽全体のメインストリームど真ん中にいるDrakeにはその存在感が故に数々の批判が付き纏う。しかし世界で最も聴かれてるアーティストの一人であることは間違いなく、人気者の宿命といったところだろうか。

ヒップホップの音楽シーンを席巻するレジェンドラッパーとのコラボ

元々俳優志望であったDrakeはアーティストとしての活動以前にカナダで人気のあった学園ドラマ「Degrassi: The Next Generation」に主演していたことで既に一定の知名度を得ていた。その後自主制作で始めた音楽活動からトントン拍子にそのキャリアは進んでいく。最初の決定的なポイントは公式にアルバムデビューした2010年前後。00年代を席巻した”Rap God”Eminemや多大な影響受けた師と仰ぐLil Wayne、今や音楽業界だけでなくデザイン業、建築業などとんでもない影響力を持つ存在となったKanye Westという超豪華メンバーとの共演作「Forever」を発表した。


このヒップホップのカリスマ達との共演に加えて、レブロン・ジェームスのドキュメンタリー「More Than A Game」のサウンドトラックとして作られたこの曲は話題性抜群。デビューアルバム『Thank Me Later』も初週から45万枚も売れるなど大成功。当アルバム中の1曲「Fire Works」にはR&Bの女性トップシンガーの一人アリシア・キーズを客演として迎えるなど、成功要因だらけのアルバムだった。Drake自身、抜群にラップのスキルがあるわけではないが、男性らしいセクシーな声とR&Bらしい歌い上げができるセンスの良さがレーベルの頭でもあったLil Wayneを惚れ込ませた。大御所達からの熱烈なバックアップを受けたDrakeはプロデュース面から考えても、売れるべくして売れたアーティストであった。

ドレイクが描く人気ラッパーとしての理想とは

Drake3

俳優としてデビュー済みであったことや、黒人ラッパーながらギャング色がないことから「本物じゃない」と揶揄されることも多いDrakeだが、それは本人の意向としては対した問題ではないのかもしれない。Drakeは自身が黒人でラップをしていることからヒップホップのアーティストとして一括りにされていることに対して懐疑的。グラミー賞の受賞に関してもラップカテゴリーでのノミネートに不服な様子を見せている。彼自身としてあくまでPOPソングのスターでありたいという気持ちが強いようで、マイケル・ジャクソンのようになりたいのだと語る。実は自身がヒップホップ、ラッパーのあり方としてどう見られるか、にはそこまで強いこだわりを持っていない。

ドレイクが人気の理由って?

2014年、アメリカの人気トーク番組「JIMMY Kinmel LIVE!」で街頭で変装し、自分自身について自分でインタビューを行う企画「I Witness News」に参加した時の一幕。


面と向かって、俳優上がりで本当のラッパーではないと言われ、気落ちする様子こそ見せるものの、後から笑い飛ばして見せたり、世間の自分のへの評価を大らかに受け止めている。黒人ながらにインテリジェンスを感じさせ、従来のギャングスタ的なステレオタイプとは違うやり方を選んだからこそ、普段ヒップホップを聴かないリスナーに対して広くリーチ出来ていることがその人気の一つの理由なのだろう。

Writer / Taneda

平成初頭生まれ会社員。 趣味のブレイクダンスをきっかけにブラックミュージックに没頭。 なんやかんやあってjazzに現在傾倒中。