CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?

2018.11.30

そうだ、京都 行こう。見たことありますか?

「そうだ 京都、行こう。」は東海旅客鉄道、いわゆるJR東海が1993年から実施しているキャンペーンです。首都圏や中京圏から京都への観光客誘致を目的としています。美しい京都の風景と映像にマッチした音楽。もはや映像作品とも言えます。

JRの人気CM曲、素敵じゃないですか?

「そうだ 京都、行こう。」のテレビCMも1993年から季節ごとに制作され、約100本のテレビCMが撮影・制作されました。BGMに使われているのは邦題「私のお気に入り」という曲です。京都=お気に入りと意味を持たせているのでしょうか。この曲、素敵じゃないですか?CMの雰囲気に合わせてアレンジが加えられており、京都の四季の表情にあわせて曲調も変えられています。

実はジャズ音楽のスタンダートナンバー

「そうだ 京都、行こう。」のCM曲「私のお気に入り」の原題は”My Favorite Things”です。ミュージカル、『サウンド・オブ・ミュージック』の劇中歌として作曲されました。


雷を怖がる子どもたちをマリア先生が落ち着かせ、楽しませるシーン。1965年の映画ですが未だに色褪せませんね。この曲をカバーしたのがモダンジャズ サックスプレイヤーのJohn William Coltrane[ジョン・ウィリアム・コルトレーン]でした。


1961年にジョン・コルトレーンがリリースしたアルバムが『マイ・フェイバリット・シングル』でした。タイトル曲でもある『マイ・フェイバリット・シングス』は1曲目に収録されています。このタイトル曲がコルトレーン最初のヒット曲になりました。ジョン・コルトレーンはソプラノ・サックスで演奏しており、この曲に表れている「3拍子+マイナーメロディ+ソプラノサックス」の組み合わせが、以降のコルトレーンの定番スタイルとなりました。

ジョン・コルトレーン以外にも多数のカバー音楽が

My Favorite Thingsはジョン・コルトレーンによる大ヒット以降、様々なアーティスト人気のよってカバーされてきました。

Diana VickersやMary J. Bligeなどによってカバーされたほか、CM曲に使用されたり、映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』にも登場していたりもします。


One DirectionのフレグランスのCM曲としても使用されました。

いかがでしたか?

「そうだ 京都、行こう。」のCM曲「私のお気に入り/My Favorite Things」についてご紹介しました。アレンジによっては3拍子から4拍子になっていたり、ジャズカバーがされていたりと雰囲気も違って聴こえますよね。愛されるCM曲には、それなりの歴史があるものですね。

Writer / NACCHAN