ヒップホップラッパー"Rich The Kid" が東京「1 OAK TOKYO」にてゲストライブ!

2018.12.12

わずか26歳にして、人格、スタイル、リリックのメッセージ性、ビジネスセンス、全てにおいて神がかった才能を持ちあわせるRich The Kid(リッチ・ザ・キッド)。今話題沸騰中の彼のゲストライブが、ついに本日12月12日、東京の「1 OAK TOKYO」にて行われる。世界ツアーを終え、今年の3月に発表した待望のデビューアルバム『The World Is Yours』はChris BrownKendrick LamarLil Wayne、Khalid、Rick Ross、Migosと豪華客人を招いた最高傑作と称され、US Billboard 200で2位の快挙。そんな彼のアルバムからシングルリリースもされた「Plug Walk」のMVは、Youtubeでなんと2億弱もの再生回数を記録しており、そのMVでは"Beats by Dr.Dre"をつけている彼が映し出されている。本日のイベントは"Beats by Dr.Dre"が仕掛けているようだが、きっかけはこのMVからなのだろうか、、

ラッパー:Rich The Kidとは?

1992年、アメリカ、ニューヨークのクイーンズで産まれ育った彼は、両親がハイチ出身ということもあり、ハイチの母国語であるクレオール語もペラペラで、ハイチ音楽をよく演奏していたという。幼い頃から音楽が大好きだったと語る彼は、クイーンズにいた頃、よくNasJay-Z2PacNotorious B.I.G、50 Centを聞いていたという。両親の離婚でアトランタに移ってからはT.I.や Young Jeezyを聞き、スケートに熱中していたころはSublime、Green Day、System of a Downを聞いていたそうだ。始めて買ったCDは50Centの『Get Rich or Die Tryin’』で、影響を受けたラッパーはNas、Andre3000、T.I.と、彼の現在のスタイルが読み取れるアーティストたちだ。また、自身のレーベル”Rich Forever Music”のCEOを務める彼は、自身のレーベルが現在の音楽業界にどう影響を与えているのか常に考え、かなりの仕事人として有名である。”Hiphop界随一の勤勉なラッパー”と言えよう。

”起きて大麻を吸うのが最高の1日?”

ビジネスセンス、ファッションセンス等、カリスマ性が見られる彼は、どこかデビュー当時のWiz Khalifaを連想させるが、やはり2年前にフューチャリングを行っていた。


"最高の1日とは?"という記者の問いに、"起きてハッパを吸い、スタジオに行って、仲間とレコーディングしながらハッパを吸い、ライブをやって、ハッパを吸う。そしてMigosと一緒にパーティーに行って、またそこでハッパを吸い、最後は家に帰って、ゲームやって、ハッパを吸って寝る。俺にとっての最高の1日とはまさにこれだ。"と答えている彼は、さぞかしWizと気が合うのであろう、、これまで数多のアーティストとコラボしている彼だが、世界的DJのSteve Aokiともコラボしているのは驚きだ。こちらも是非チェックして頂きたい。

”今夜ワン・オークに行く前に”

そんな彼が来年、2019年1月18日にセカンドアルバム『The World Is Yours 2』をリリースするとTwitterで公言した。

前作とはまた違った形でくるのではないかと、とても楽しみである。セカンドアルバムにも収録されているであろう、ちょうど1か月前にリリースしたYGとのコラボ「Mo Paper」、そして1週間前に音源のみ発表された「Splashine」あたりは今夜のライブで披露するのではないだろうか?今夜中に予習を終わらせ、是非彼と一緒にぶちあがってきてもらいたい。


Writer / g.g

we are one. peace.