アメリカで大麻が大好きなラッパーと言えば?

2018.12.13

大麻大好きなラッパー二人組の歌う音楽

2011年12月13日はWiz khalifa(ウィズ・カリファ)とSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)のアルバム『Mac & Devin Go to High School』がリリースされた日です。このアルバムは同じ題名の映画のサウンドトラックでもあり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。内容としては、Snoop演じるマックと言う少年が、Wizの演じるデヴィンに大麻を教えて化学実験を行うという何とも言えない映画です。ニューオーリンズのラッパーMystikalも声優として出演しているので、お時間ある方は週末にでもご覧になってはいかがだろうか。このアルバムの有名な曲と言えば「Young, Wild and Free」で間違い無いです。


サビの部分で"So what we get drunk?So what we smoke weed?We’re just having fun.We don’t care who sees."他人の事は気にせずに、楽しむことだけを意識したラップをしています。60年代や70年代のヒッピー達のマインドを彷彿とさせるような歌詞ですが、このマインドは映画の撮影中に問題を引き起こします。許可を取り、カリフォルニアの大学で撮影を行っていたのですが、開始2日で撮影関係者のキャンパス内での大麻喫煙が発覚し、撮影は一時停止になります。幸いにも、弁償する事で事無きを得ましたが、彼らのマインドが大っぴらになり過ぎていたと言う事でしょうか。今日はそのアルバムから全くタイプの異なる「French Inhale」を紹介しています。ダウンテンポなこの曲ですが、イントロと女性のコーラスがマッチしており、まさに"チルな1曲"だと思います。PVでも彼らは大麻を吸っていますね。日本では違法なのでタバコを吸いながら、聴いてみてはいかがでしょうか。至福の1本が吸えるかもしれませんよ。



Writer / hook

I love hip-hop and surrouded musics