ギャングスタラッパーに惚れた "お騒がせセレブアーティスト"

2018.12.13

ブリトニー・スピアーズのデビューアルバムとこれまでの功績

日本での愛称ブリちゃんこと、アメリカのPOP歌手Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ)。16歳でリリースしたデビューシングル「...Baby One More Time」(1998)は全世界で915万をも売り上げ、世界19カ国でプラチナ・ディスクを受賞。また、同名のデビューアルバムは、全世界で3000万枚のセールスを記録し、こちらも35ヶ国でプラチナ・ディスクを獲得。過去5回のグラミー賞を受賞し、若かれし頃から成功に成功を重ねた、キャリア抜群のアメリカを代表するトップ・シンガーである。

Britney Spears

ママでありながらセレブリティ溢れる生活でゴシップも

現在2児の母である彼女だが、度々、男関係でのスキャンダルで世間を騒がす”お騒がせセレブ”としても超有名である。そこで今回は、数多ある彼女の"お騒がせ"の中から、2011年にリリースしたMV「Criminal」を紹介したい。過激すぎる描写が多いMVとして、今も尚人々の記憶に残る「Criminal」。その理由は、MV中の過激な性描写。当時交際中であった新しい彼氏の登場に加え、その彼との全裸でのSEXシーンの描写が賛否両論はあったが、ひとまずこちらの作品をご覧頂きたい、、


悪い男に惚れてしまう?リリックから暴き出すブリトニー・スピアーズの性格

愛のある私生活のベッドシーンが見受けられただろうか?しかしこの作品、確かに過激ではあるものの、ストーリーとしてはとても面白く、彼女のリリックがうまく再現されているように思う。まるで1本の短編映画を見終わった感覚だ。"犯罪者の彼に恋をしてしまい、自分も犯罪者になっていく"という内容は、あの60年代後半のアメリカ映画「俺たちに明日はない」を思い出させる。

Britney Spears


原題「Bonnie and Clyde」のこの映画は、30年代にアメリカで実際に存在したBonnieとClydeという男女2人組の強盗の話をモチーフにした有名な映画である。"悪い男に恋をしてしまったが、恋をしてしまったのだから、、"そんな想いを綴った彼女の歌詞(和訳)は、こちらから↓


当時、本物のギャングスタだったSnoopDoggのファンでもある彼女。ところで、今回紹介した「Criminal」にSnoop、Mann、lyazがフューチャリングした「Criminal(S.I.R.Remix)」はご存知だろうか。クールなギャングスタ・ラップに彼女のセクシーボイスが上手く調和したこの一曲も是非チェックして頂きたい。


Writer / g.g

we are one. peace.