グラミー賞を持つ、スペインのDJ/プロデューサー"COOKIN'SOUL"

2019.03.01

たった40年という短い期間で今や世界的カルチャーと言えるまでに成長したヒップホップ。ブロンクスの小さなアパートの一室から事は始まったこのカルチャーはニューヨークからアメリカ全土、そして海を渡って世界へと広まっていった。そこで今回はヨーロッパの初期のシーンにフォーカスを当て、そのヨーロッパ、ヒップホップシーンにおいて最初に頭角を現し、ハーレムからコンプトン、そして海外において最も早く認知されたヨーロッパのプロデューサー・デュオ”Cookin'soul(クッキン・ソウル)”を紹介したい。


スペインのヴァレンシアを拠点とするCookin'soulはBig Size、Zockの2人組プロデューサー、DJで構成されており、その数々の業績とキャリアから彼らはグラミー賞を受賞している。以前とりあげたアムステルダムのフィメール・ラッパーMC Melodeeのプロデューサーでもあり、彼女の記事をTwitterに投稿したところ、本人から”いいね”を頂き、当方テンションがあがったのを覚えている。


私がヒップホップにハマり出した頃から彼らはヨーロッパにおけるレジェンド・プロデューサーの座を確立しており、彼らのフレッシュなビートや、原曲を超えてしまうほどのRemixには毎度心を打たれ、今回この場で彼らの魅力を伝えれる事は大変喜ばしい。彼らの事を調べていけばいくほど、”この人たちヒップホップだな~”と、つい声が漏れてしまう程のヒップホップ・マインドを持つ彼ら。ヨーロッパはもちろん、本場アメリカや南米、日本、中国等のアジア圏と長年幅広く支持されている彼らは、グローバル化で1つにまとまりつつある現在のヒップホップ・シーンを今後追っていく上では欠かせないアーティストの1組のように感じた。


" OJAYZIS "

2005年からキャリアをスタートした彼ら。30年以上もの歴史を誇る世界最大のDJ大会、DMCのスペインチャンピオンであった兄を持つBig Sizeとその近所に住んでいたZockは、その刺激的な環境からヒップホップでの成功を目指し、数多のMash UpやRemixを制作。彼らが全世界から注目を浴びるきっかけとなったのは3年後の2008年の事。UKの有名ビッグ・フェス”グラストンベリー・フェスティバル”にて、当時全盛期であったJAY-Zのヘッドライナー出演を、90年代に隆盛を誇ったイギリスのロックバンドOASIS(オアシス)のメンバーの1人ノエル・ギャラガーが「JAY-Zはヘッドライナーにふさわしくない」と宣戦布告をし、話題となった。

そこにチャンスの匂いを嗅ぎつけたCookin'Soulは、その騒動がでた日の内にJAY-ZとOASIS、話題の2組をミックスしたミックス・テープを作り上げ、『OJAZIS』として世に出した所、公開から24 時間で10 万ダウンロード以上を記録し、US、UKのMTVニュースにとりあげられ、たったの数十時間で自身たちの名を世界に知らしめた。嗅覚を研ぎ澄まし、チャンスを者にした彼らのヒップホップ・マインドは、続くマイケル・ジャクソンの追悼の際も働き、ビッグ・ニュースがある度に、彼らのRemixを全世界が待ちわびるというムーブメントが起きたのだ。



こちらはJAY-Zの長年のプロデューサーで、右腕として知られているYoung Guruがスペインに訪れた際にCookin'soulの2人とレコードを通して交友している貴重なドキュメンタリー映像である。ベテランプロデューサーが語るレコード秘話など、ディガーにはオススメの作品だ。


また、USを中心に様々なアーティストから絶大な支持を受け、楽曲提供を幅広い世代から依頼されてきた彼らだが、これまでにプロデュースを手掛けたアーティストはNicki MinajWiz Khalifa、Mac Miller、Joey Bada$$、Pusha T、 The Game、 YG、Curren$y、G-Eazy、Redman、Higher Brothers、、、、とビッグネームが連なる。


"POLO"

Cookin'soulのリミックスやグラフィック・デザイン、アニメ要素など、彼らの作品には多くの日本要素が取り入れられている。調べてみると、メンバー皆かなりの日本好きであり、これまでに何度も来日しているそうだ。今は脱退してしまったが、メンバーの1人であったMiltonは大のアニメ好きであり、その影響で日本の文化を知っていったそうだ。



また、彼らと交流が深いと思われる日本人アーティストでは、広島を代表するクラシック・ラッパー”CK”が彼らをイベントのゲストで招いたりケアを行っているらしい。CKと言えば、90sファッション愛好家の為の1曲「POLO RALPH LAUREN」でお馴染みだと思うが、同曲はCookin'soulがプロデュースを手掛けている。


クラシックを愛してやまないCookin'soulの人気Full Tape『POLO BEATS』は、Lo-FiサウンドとBoom Bapがしっかりと効いた、90sヒップホップ好きに刺さるドープなビートテープとなっている。

"原曲超えRemix"

プロデューサーとしての凄腕キャリアは上記でとりあげたが、彼らと言えば、時には原曲よりも人気を出してしまうRemixこそCookin'soulを語る上では外せない要素だろう。ここで、今回初めて彼らを知ったという方の為に、”Cookin'soulってイケてる!”と思っていただけるRemix特集を一挙に紹介しよう。ここにあるもので今月のヒップホップ・サウンドは事足りてしまうのではないだろうか。噛めば噛むほど味がでるクールRemixを是非。


"最後に"

”決して色褪せないクラシック”を軸に、頑固なヒップホップ・マインドで新鮮なグッド・ヒップホップ・フレイバーを長年私たちに届けてくれるレジェンド・プロデューサー”Cookin'soul”。

つい最近では、北野武演じる任侠フィルムとBiggieを掛け合わしたMVがYoutubeアカウントにアップロードされており、またもや彼らのセンスを魅せつけられてしまった。

来日情報や彼らの新着を今日もまたチェックしながら、数時間前から頭の中でループし続ける”Cookin'Soul~~”のジングルをつい口ずさむ。"



こちらもCheck!
SOUL SISTERS @恵比寿
Carbon@渋谷

Writer / g.g

we are one. peace.