2018年12月28日 MY HOOD 〜IKI-BA&Mess Crib Tokyo〜 @渋谷CIRCUS TOKYO

2019/05/15

"渋谷 CIRCUS TOKYO"

2018年12月28日、メッセンジャーの”Mess Crib Tokyo"と南青山の屋台村"IKI-BA"による大忘年会「MY HOOD」が渋谷Circus Tokyoにて行われた。

ストリートカルチャーとコミュニティ・スペースが生み出したピースフルで暖かい空間は、平成最後の金曜日にふさわしい夜であった。

”Lounge”

ラウンジスペースには、早い時間から多くの人が集まり、DJの流す心地良い音楽に耳を傾けつつも、久々の再会や、近況を語り合う光景が散見された。

フードにはPon's curryが参加。

暖かいご飯とスパイスの効いたソウルフードは大盛況、一晩遊び明かすエネルギーを会場に提供していた。

1階と地下を結ぶ踊り場では、物販に福井県で今話題のストリートブランド「LOCO HAUNT HOUSE」が入り、スタイリッシュかつ独特なデザインで経由点を彩った。

”Floor”

地下の空間でまず目に飛び込んできたのは、イベントの空気感を象徴するライブアート。

ラウンジとは一転し、クラブで堪能できる重低音に体を揺らし

ゲストライブや、仲間の出演を今か今かと待ち詫びる。


”Party”

再度1階に上がると、人で溢れかえっており、至る所で乾杯の声が。

時計の針が0時を指すころには、各々の遊びスイッチをONに切り替え、

平成最後の大忘年会のボルテージは上がっていく。


ディスコが会場に響き渡り、それぞれのコミュニティの境界線がゆがみ始める。

ほどよい酔いも合わさり、新しい繋がりが次から次へと増えていく。

それぞれのグルーヴが共鳴し合う様子は、まるで1つの大きな波となり、会場全体を包み込んでいた。

”Live”


様々なジャンルのパフォーマーが次々に登場し、それぞれ独自のスタイルで観客を盛り上げる。

そこで共通していたのは、それぞれの仲間がステージの最前列で見守る姿。

まさに”My Hood"を感じさせる仲間意識がしっかりと見受けられた。

パフォーマー自身も全力で楽しんでいる様子が伝わり、地元や仲間へのリスペクトを強くぶつける気迫がCircus全体に伝播していく。

その力は次のステージを飾るアーティストにも影響を与え、最高のバイブスを届ける好循環が生まれていく。

民族音楽やビートボックスなど普段あまり目にしないパフォーマンスは、まるで子供のように見入らせた。

”HOOD”

今回、肌で感じた事は、それぞれの仲間で遊びに来た様々な集団が、お酒、音楽、カルチャーを通して次第に繋がり合い、1つの大きなコミュニティを形成していった事である。

それは本来のコミュニティの在り方でもありながら、今の時代には、逆に新鮮に感じ取れた。

”Last”

外も明るくなり始めた頃、未だ会場には、氷が解けたグラスと余韻に酔いしれ、その場を離れられずにいる人々がちらほらと見かけられた。

今回 盛り上げの立役者となったのは、小さな巨人"クライナー"。

人々の指の隙間から密かに覗いては、その場を盛り上げ、至る所で存在感を示していた。

それぞれのコミュニティが1つとなり、

全く新しい一夜限りの大きなコミュニティを築きあげた「MY HOOD」。

そしてまた、いつものHOODで街に消えていく。

Photo by Yuta Sasaki (HIDDEN CHAMPION)



「Mess Crib Tokyo(メスクリブ トーキョー)」

メッセンジャー達のコミュニティーは、世界中に彼ら独自のネットワークを持つ“離れた部族”のようなマインドを持つ。
この Mess Crib Tokyo も、そのネットワークを相互的に発信する情報基地となるべく、2015年春に Courier オフィス内でメッセンジャー達自身が運営する小さな隠れ家的ギャラリーとしてスタート。

「IKI-BA(粋場)」

南青山にある、ひときわユニークな屋台村・COMMUNE 2nd。面白い人やカルチャーが集まるこの食の空間に、その思想そのままに営業するお店「IKI-BA イキバ」はある。元は原宿の路地裏で知る人ぞ知る”粋”な場所だったこのお店が、大通りに面した今見せる新たな魅力。
行き場のない若者が一息つける、粋な場所 イキバ


「professor calm」

今回「MY HOOD」のロゴデザインを提供してくれたのは、福岡を拠点に自身の感性を点画で魅せるアーティスト professor calm。

「物質を構成しているものは粒子であり、そこからインスピレーションを受けている。」

という彼の作品は、温かみの中に卓越したセンスを感じ取れ、一度目にしたら忘れられない存在感を世界に放つ。

https://myhood.jp/zen-la-rock-1/ https://myhood.jp/kyo-sakurai/ https://myhood.jp/ninjas/ https://myhood.jp/mgf-my-hood/
Share
シェアする
Writer
g.g
We are One.,Peace.
Ranking

  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • 音楽チャート占領魔人Drake、様々なリスナーに愛されるラッパーが人気の理由は?
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA恵比寿店
  • SOUL SISTERS @恵比寿
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • B-boy/Breaking
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 不倫の歌?意外と知らない名曲の背景 Nelly 『Dilemma』リリックの意味。
  • おすすめの音楽アプリSound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いを解説!
  • よく耳にする音楽用語"BPM"とは?リズムの変化で感情にも影響が?