70年代にフュージョンを切り拓いたブラジルからの刺客 ”deodato” ~前編~

2019/09/19

ブラジルからたどり着いた青年と起こす新しいジャズ革命。

今回の主人公でもあるデオダートとクリードテイラーはご存知だろうか?

1967年に出会う彼らはジャズ界に新たな旋風を巻起こすことになる。

そもそも、フュージョン、CTIとは?

フュージョンとは、1970年代に生まれたジャズの派生である。

マイルスデイビスやキャノンボールアダレイらのモードジャズ全盛期時代のアメリカンジャズだった1960年代

1950年代のモダンジャズ全盛期から活躍するマイルスデイビスは、1969年 発売の「In Silent Way」にて、ジャズにエレクトリックピアノの導入。

これが後のフュージョンと呼ばれる演奏形態に大きな影響を及ぼす。

しかしながら彼のアプローチは、普段からジャズを聞き慣れていない人たちからすれば、まだコテコテのジャズからは抜け出せていないという印象だったようだ。

元々リオ・デ・ジャネイロ出身のデオダートは、当時ブラジルの大学でエンジニアとしての勉強に励むかたわら、夜はナイトクラブでピアノ伴奏、ブラジルのポップシンガーの編曲など精力的に活動をしていた。

しかし、自国にある音楽理論の書籍や当時のブラジルのボサノヴァ中心のシーン、当時のブラジル国政による圧迫感などから、懲り懲りしたデオダートはアメリカの門を叩く事になった。

そして、このラテンやソウルのノリに目をつけたのがプロデューサーがCTI Records(Creed Taylor Incorporated)の”クリード・テイラー”である。

デオダートとクリードテイラーの出会いは1967年。

当時、CTIで製作していた”ウェス・モンゴメリー”作品でのセッションを通して以来知り合う事となる。

以降、デオダートはCTIを中心とした作品のアレンジャーとしてその才を発揮していく。

これぞ”フュージョン”!世界に初期衝動を起こしたCTI渾身の曲。

まるで、彼らの出会いへの祝砲のように全世界に旋風を巻き起こす新たな福音となったこの一曲

CTIをフュージョンジャズレーベル代表格にまで押し上げた1972年のアルバム「prelude」の一曲目「Also sprach Zarathustra」。

リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲したクラシック音楽でもある『ツァラトゥストラはかく語りき』の序奏部分をベースに、ソウル、ロック、ジャズなどのジャンルの垣根を越えて見事にアレンジ。

ボサノバやラテンと呼ばれる自然賛歌のナチュラルでユニークな音楽性が上手くマッチ.している。

音楽に対する演奏を行う上でのしがらみを取り払い、今では名プレイヤーとして語られるベーシストのロン・カーターやギターのジョン・トロペアの自由なパートソロも必聴だ。

この曲は全米第二位の異例のセールスを記録するなど、ジャズというジャンルを大衆化させた皮切りの作品となった。

後にCTIは、前回にも紹介したピアニストBob Jamesやギタリストの”ジョージ・ベンソン”らを最高峰のプレイヤーに育て上げ、70年代のジャズ界の潮流を駆け昇っていく事になる。

また、その序奏部分をループさせ、各奏者がソロパートを演奏するというのは、サンプリングを元にして作曲する現代のヒップホップと近い感覚だろう。

フュージョン版とクラシック盤を聴き比べる事で、このデオダート・アレンジの魅力を感じ取ることができるでは無いだろうか。

Share
シェアする
Writer
EZ
サンプル元を調べるのが大好きなEZです:走る男性:走る男性:
- Related -

ラッパー2pacもサンプリングしたJoe Sampleの名曲"In All My Wildest dreams"知ってますか?

皆さんこんにちは。素敵な音楽と毎日暮らしていらっしゃいますか?仕事やプライベートで大忙しのみなさんかと思いますが、時にはゆったりと音楽を聴いて過ごす時間も作ってみてはいかがでしょうか。今回はジャズピアニストJoe Sampleの名曲をご紹介します。

ジャズ音楽の巨匠 ピアニスト Joe Sampleとは?

すごい名前ですよね。Joe Sampleさん。サンプルさんと言うだけあって、後に2pacにサンプリングされることになる偶然。まずはジャズピアニスト・Joe Sampleを深堀りしていきましょう。

Joe Sample(ジョーサンプル)は1939年生まれヒューストン出身のピアニスト。ジャズフュージョン界で活躍しました。5歳でピアノを始め、1952年に高校の仲間とバンドを結成。1972年に「クルセイダース」とバンド名を改め、よりポップな路線で作成したアルバム「Street Life」が大ヒットとなりました。

多くを語らないミニマルなピアノのサウンド、シンプルな進行の曲が効き心地が良く、2014年9月に亡くなるまで、精力的に活動を続けジャズファンだけでなく、多くのアーティストにも影響を与えました。

多くのラッパーにサンプリングされた1曲

過去の楽曲の一部を切り取り、ループ再生して新たな楽曲を作り上げる「サンプリング」という手法で、Joe Sampleの楽曲が取り上げられます。

元となったJoe Sampleの人気曲、In All My Wildest Dreams。

この曲をサンプリングして作られたのが、あの有名なヒップホップアーティスト2pacのDear Mamaです。

また、Anthony HamiltonのI Will Goでもサンプリングされました。

その他にも多くのアーティストが楽曲のなかで、Joe Sampleをサンプリングしています。Joe Sampleの聴き心地の良いミニマルなジャズと、2pacやAnthony Hamiltonの心に染みるボーカル。なんて贅沢な組み合わせなんでしょうか。

いかがでしたか?

ジャズ・フュージョン界だけでなく、他ジャンルのアーティストが聴き惚れたJoe Sample。本当にいいものは、音楽をやっている方からすると、ジャンルを超えても良いものなのでしょうか。In all my wildest dreamsだけでなく他の楽曲もぜひ聴いてみてくださいね。

- Related -

ジャズ音楽の帝王「マイルス・デイヴィス」 皆さんご存知ですか?彼の定番の名曲と共に生い立ちをご紹介。

音楽好きなみなさんこんばんは。今夜もジャズを聴いていますか?その日の気分に合った時代・ジャンルのジャズでゆったり過ごすのも良いですよね。今回はモダンジャズを語るのに欠かせない、マイルス・デイヴィスについてご紹介します。

モダンジャズとは?

マイルスデイヴィスを語るのに欠かせないのが、モダンジャズの存在。JAZZは短い期間に急速かつ多様に発展しました。その中でもモダンジャズは1940年代~1960年代のジャズの総称です。ジャズの種類で言うとビバップからエレクトリック・ジャズの直前までのジャズを指します。

1940年代までのジャズは大衆音楽・娯楽音楽の面が強いとされていました。決まった曲を上手に演奏することが良しとされていたのです。いわゆる「マンネリ化」したジャズに飽きたジャズプレイヤー達が、お店の閉店後に自由なジャムセッションを行っていたものが発展し、即興演奏、「アドリブ」を取り入れたスタイルが生まれました。モダンジャズのはじまり、「ビバップ」の登場です。大衆音楽だとされていた黒人音楽が「芸術音楽」の側面を持ったきっかけでした。

クールを追い続けたマイルス・デイヴィスの

1926年生まれのジャズ史上最大のイノベーター、マイルス・デイヴィスは「ジャズの帝王」と呼ばれるトランぺッターです。ジャズを聴かない人でも、その名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。彼無しではビバップ以降のジャズの発展はもっとゆっくりだったでしょう。

モダンジャズの発達に貢献した偉大なジャズプレイヤーの一人ですが、ジャズファンの中ではその評価が二極化します。約50年の音楽活動の中で、マイルス・デイヴィスのプレイスタイルが「変化し続けた」ためです。後述しますが音楽性の変化が「激し過ぎた」ジャズプレイヤーの一人と言えます。

多くのジャズファンは「アコースティック時代のマイルスは好きだけど、エレクトリック以降のマイルスは好きじゃない」と言います。クール・ジャズ、モード・ジャズ、エレクトリック・ジャズ、クロスオーバー、ヒップホップ・ジャズなど、時代に応じて、時には自分が「良い」と感じたジャズを追い求めました。

変わりゆく音楽性とジャズへの影響

1944年に音楽活動をはじめ、1967年まではアコースティックなジャズバンドとして活動していました。

クールジャズに大きな影響を与えた1957年「Birth Of The Cool / クールの誕生」では、アコースティックなジャズが全面に押し出されています。

ジャズファンにとっても聴き心地の良いジャズですが、1968年にリリースされたアルバム「Miles In The Sky」では、エレクトリックを導入します。

さらにその半年後「In A Silent Way」では3台ものエレクトリックピアノを導入し、本格的なエレクトリック化を進めます。

この3枚のアルバムを聴き比べるとその変容ぶりが分かりますね。In A Silent Wayまで来ると、元のアコースティックなジャズの姿はありませんね。「マイルス・デイヴィスはジャズを捨てた」とまで言うファンの気持ちも分かります。

1969年にはアルバム「Bitches Brew」をリリースします。

完全にフュージョンの方向へと進んだマイルス・デイヴィス。もちろんですが古くからのマイルス・デイヴィスファンの多くは、音楽性の変化についていけず離れていくことになります。

ロックの要素をいち早く取り入れたマイルスの歴史

マイルスが急激なエレクトリック化を進めた1960年代、マイルス・デイヴィスのジャズは当時大流行していた「ロック」の影響を強く受けていると言われています。ロックらしいリズムや、電子楽器を積極的に取り入れました。面白いのが当時のロックは黒人音楽である「リズム&ブルース」の影響を受けています。マイルスは黒人音楽の影響を受けていた白人音楽ともいえるロックを、自信の黒人音楽へ再び取り入れようとしたのです。貪欲なまでの音楽性の追求でした。

マイルスは1975年に体調を崩し、1981年から音楽シーンでの活動を再開しました。驚くことにマイルスの晩年の試みは、ポップスへの挑戦でした。より広いリスナー層へのアピールを狙ったとも言えます。マイルスは晩年、ジャズが本来持っていた「大衆音楽」の要素を取り戻そうとしたのかもしれません。

「いい音」を追求したジャズミュージシャン

当時黒人から非難の対象であって白人ジャズプレイヤーをバンドメンバーに迎えたり、日本人アーティストを起用したりするなど、「良い音のためなら肌の色は問わない」とする意志の表れも見て取れます。1991年、当時65歳のマイルスはその生涯を終えました。生涯に渡って新たな音楽表現を追い求めたマイルス。モダン・ジャズ発展に寄与した1人のジャズプレイヤーのDNAは今もなお受け継がれています。

- Related -

70年代にフュージョンを切り拓いたブラジルからの刺客 ”deodato” ~前編~

ブラジルからたどり着いた青年と起こす新しいジャズ革命。

今回の主人公でもあるデオダートとクリードテイラーはご存知だろうか?

1967年に出会う彼らはジャズ界に新たな旋風を巻起こすことになる。

そもそも、フュージョン、CTIとは?

フュージョンとは、1970年代に生まれたジャズの派生である。

マイルスデイビスやキャノンボールアダレイらのモードジャズ全盛期時代のアメリカンジャズだった1960年代

1950年代のモダンジャズ全盛期から活躍するマイルスデイビスは、1969年 発売の「In Silent Way」にて、ジャズにエレクトリックピアノの導入。

これが後のフュージョンと呼ばれる演奏形態に大きな影響を及ぼす。

しかしながら彼のアプローチは、普段からジャズを聞き慣れていない人たちからすれば、まだコテコテのジャズからは抜け出せていないという印象だったようだ。

元々リオ・デ・ジャネイロ出身のデオダートは、当時ブラジルの大学でエンジニアとしての勉強に励むかたわら、夜はナイトクラブでピアノ伴奏、ブラジルのポップシンガーの編曲など精力的に活動をしていた。

しかし、自国にある音楽理論の書籍や当時のブラジルのボサノヴァ中心のシーン、当時のブラジル国政による圧迫感などから、懲り懲りしたデオダートはアメリカの門を叩く事になった。

そして、このラテンやソウルのノリに目をつけたのがプロデューサーがCTI Records(Creed Taylor Incorporated)の”クリード・テイラー”である。

デオダートとクリードテイラーの出会いは1967年。

当時、CTIで製作していた”ウェス・モンゴメリー”作品でのセッションを通して以来知り合う事となる。

以降、デオダートはCTIを中心とした作品のアレンジャーとしてその才を発揮していく。

これぞ”フュージョン”!世界に初期衝動を起こしたCTI渾身の曲。

まるで、彼らの出会いへの祝砲のように全世界に旋風を巻き起こす新たな福音となったこの一曲

CTIをフュージョンジャズレーベル代表格にまで押し上げた1972年のアルバム「prelude」の一曲目「Also sprach Zarathustra」。

リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲したクラシック音楽でもある『ツァラトゥストラはかく語りき』の序奏部分をベースに、ソウル、ロック、ジャズなどのジャンルの垣根を越えて見事にアレンジ。

ボサノバやラテンと呼ばれる自然賛歌のナチュラルでユニークな音楽性が上手くマッチ.している。

音楽に対する演奏を行う上でのしがらみを取り払い、今では名プレイヤーとして語られるベーシストのロン・カーターやギターのジョン・トロペアの自由なパートソロも必聴だ。

この曲は全米第二位の異例のセールスを記録するなど、ジャズというジャンルを大衆化させた皮切りの作品となった。

後にCTIは、前回にも紹介したピアニストBob Jamesやギタリストの”ジョージ・ベンソン”らを最高峰のプレイヤーに育て上げ、70年代のジャズ界の潮流を駆け昇っていく事になる。

また、その序奏部分をループさせ、各奏者がソロパートを演奏するというのは、サンプリングを元にして作曲する現代のヒップホップと近い感覚だろう。

フュージョン版とクラシック盤を聴き比べる事で、このデオダート・アレンジの魅力を感じ取ることができるでは無いだろうか。

Ranking
  • Carbon@渋谷
  • DUG@新宿
  • VAGABOND@新宿
  • Bar ROTA@恵比寿
  • チャーリー・パーカー「Now's the time」ジャズ音楽の概念を変えたアーティストの名曲
  • J Dilla "音楽史を塗り替える夭逝の天才ビートメイカー" がもたらした音楽シーンへの影響を探る。
  • Anderson Paakの傑作曲『Tints』から"現代社会の意味"を読み解く。隠し事はダメな事?
  • 狂気じみた努力を経て。シアトルの若手ラッパーDave B。
  • Gangsta Rap
  • Motown Soul
  • Bebop
  • Worksong/Spirituals
  • CM「そうだ、京都 行こう。」で流れている曲、実はあの有名なジャズ音楽?
  • 音楽がもたらす脳への影響とその効果とは?
  • 【意外と知らない名曲の背景】不倫の歌? Nelly 『Dilemma』リリックの意味とは。
  • 【徹底比較】Sound Cloud(サウンドクラウド)とMix Cloud(ミックスクラウド)の違いは?
About us
SNS